2013/10/22

第28回オール千葉コンテスト  CW 国内
第28回オール千葉コンテスト
開催日時:2013年10月20日 12:00 〜 18:00
規約: URL:http://www.jarl-chiba.com/28con/28th-AllChibacontest_rules.pdf
        http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1310.htm#1020chiba

 20日、同時に開催されている「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間を見て、13:00頃から7MHz運用を開始する。
 全国的に開けているようであるが、コンディションは今ひとつ。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 その後は「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間に時々国内コンテストバンドを覗く。
 16:00以後は時々3.5MHzを覗く。飛びが悪いのであまり局数は伸びない。
 その内にコンテスト終了の18:00となる。合計30QSOほとんどがマルチにもなる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:Single Op All Band Low Power
90 pts x 27 市郡区 = 2430
Clamed Score: 2,430 Points

得点: ※ 県内局(自局) ※
          県内局 3点、 県外局 2点 (電信)
          県内局 2点、 県外局 1点 (電話)
     ※ 県外局(自局) ※
          県内局 3点 県外局 0点 (電信)
          県内局 2点 県外局 0点 (電話)
       ※同一バンドで同一局と電信と電話で交信した場合は、それぞれ1回ずつ得点として計上してよい
マルチプライヤー: 県内局:異なる都府県・地域等の数および千葉県内の異なる市郡区の数
              県外局:千葉県内の異なる市郡区の数

0

2013/10/22

2013 JAG QSO パーティ&コンテスト  CW 国内
2013 JAG QSO パーティ&コンテスト
開催日時:2013年10月19日 06:00 〜 20日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/jag/text/2013jagcnt.pdf

 19日朝、同時に開催されている「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間を見て、10:10頃から7MHz運用を開始する。
 早々にJA6BEU・JH2OMMQSOできるが、他にJAGメンバー局は聞こえてこない。
 その後は「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間に時々国内コンテストバンドを覗きにくる。
 正午合計6QSO。その後QSOできた局は7MHzJH2CMH・JI3DST/3・JA4JBZ・JF5FWZ

 午後「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間に時々国内コンテストバンドを覗きにくる。
 夕食時合計9QSO。その後QSOできたメンバー局7N1NXF・JL1VWL・JH1NXU
 夕食後も時々3.5MHzと7MHz国内コンテストバンドを覗きにくるがメンバー局は全く聞こえてこない。

 20日「JARTS WW RTTY CONTEST」の合間に時々国内コンテストバンドを覗きにくる。
 コンテスト終了時の21:00までにQSOできたのは7MHzJP6SPZ・JA7FVAだけ。合計12QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:一般局 マルチバンド電信
12 pts x 10 Prefix = 120
Clamed Score: 120 Points

得点: 完全な交信を1点
          同一局との交信はバンドおよびモードごとに有効.一般局どうしのQSOは無効
マルチプライヤー: 周波数ごとのプリフィックスの数

0

2013/10/22

JARTS WW RTTY CONTEST 20  RTTY
JARTS WW RTTY CONTEST 2013
CONTEST PERIODS: 0000Z, Oct 19 to 2400Z, Oct 20 (19 Oct 09:00 to 21 Oct 09:00 JST)
RULES: URL:http://jarts.jp/rules2013.html
規約: URL:http://jarts.jp/rulesj2013.html

 19日朝、0045 UTC から運用を開始する。ハイバンドのコンディションが良さそうなので21MHzと28MHzを行き来する。両バンドとも米国全土に開けているようであるが、弱小局でQSOできるのは近場と西海岸方面だけ。
 0210 を過ぎると信号があまり聞こえてこなくなったので14MHzに変わる。米国西海岸方面には開けている。国内局も時々強力に聞こえる。国内局も得点になるし、コールエリアはマルチにもなるので有難い。
 正午合計42QSO。QSOできたマルチ14MHzJA3・VE7・UA9・JA1・HL・K7・JA6・JA7・JA4・K4・K621MHzUA9・K7・K6・VE7・KH2・K4・K9・K1・YB・HS・BY・JA428MHzK7・K1・K6・JA3・VE7・DU

 午後0400 少し前から運用を再開する。まず、14MHzに出るがあまり信号が聞こえないので、すぐに21MHzに変わる。
 21MHz近場のほかに時々UA/URあたりが浮き上がってくる。ピークとタイミングが合えば何とかQSOできる。
 0640 頃からは28MHzでもヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 0830 頃、7MHzを覗くがJAが2・3聞こえるがけ。すぐに21MHzに戻る。
 夕食時合計83QSO。QSOできたマルチ7MHzJA214MHzKH6・K1・VK421MHzUN・UR・9M6・UA・KH0・LY・OH・DL・I28MHzUA・OH・UA9・UR・S5・I・PA

 夕食後1010 頃から運用を再開する。21MHzはあまり信号が聞こえないので、国内局を目当てに3.5MHzと7MHzを行き来する。
 1100 少し過ぎから14MHzに変わる。UA/URあたりが聞こえるが、あまりQSOできない。体調が今ひとつなので 1200 で今夜の運用を終わる合計103QSO。QSOできたマルチ3.5MHzJA1・JA37MHzJA7・JA6・JA8・K714MHzYB・KH2・UA・UR21MHzVK6

 20日朝は 2250 から運用を開始する。21MHzと28MHzを行き来する。米国東海岸方面のビッグガンも聞こえるが局数は少ない。
 2340 で朝食のため一休みする合計116QSO。QSOできたマルチ21MHzK028MHzK0・K2・K4・YB

 朝食後0035 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。
 正午合計143QSO。増えたマルチ14MHzJA8・UN・K5・KL21MHzDU・KH628MHzVR・BY・VK4

 午後正午から始まった「オール千葉コンテスト」にしばらく出て、 0445 頃から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。その後も時々国内コンテストバンドを覗きに行く。
 0840 から7MHzに出るが聞こえるのは国内局だけ。 夕食時合計170QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJA4・JA5・JA114MHzJA528MHzZL・UN・YO・SP・OE

 夕食後1025 から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来する。14MHzヨーロッパ方面が良好になる。
 1200 で今夜の運用を終わる合計186QSO。増えたマルチ7MHzBY・DU・HL14MHzSP・OK・HA・LZ・S5

 21日朝2220 から運用を開始する。21MHzと28MHzを行き来する。米国方面W0/W5あたりまで開けているが聞こえる局数は少ない。
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計207QSO。その後増えたマルチ21MHzK5・KL28MHzKL・K5だけ。

 ハイバンドのコンディションが良かったようであるが、弱小局には今ひとつ体調も今ひとつ200QSOを超えるのがやっとであった。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry:Single Op All Band Low Power
546 pts x ( 52 Cntry + 44 CallArea ) = 52416
Clamed Score: 52,416 Points

POINTS: Two(2), QSO points for contact within your own continent.
       Three(3), QSO points for contacts outside your own continent
MULTIPLIERS: Each DXCC entity except JA/W/VE/VK(mainland).
          Each call area of JA/W/VE/VK(mainland).
             (once per band)

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ