2014/10/6

JLRS 第43回パーティーコンテスト 電信  CW 国内
JLRS 第43回パーティーコンテスト 電信
開催日時:2014年10月4日(土) 12:00 〜 10月5日(日) 12:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/jlrs/contest/43kiyaku.pdf

 4日、12:00から7MHz運用を開始する。何局かYL局の「CQ TEST」が聞えるので順次呼んでゆく。しかし、全国から呼ばれているのでパイルアップ状態でなかなか応答が得られない。
 20分ほどで昼食のため一休みする合計4QSO。QSOできたマルチJS2・JM8・JA5・JF1

 午後13:00少し過ぎから運用を再開する。引き続き7MHzに出る。少し落ち着いたようで、ほとんどの局が呼べばすぐに応答がある。
 時々ハイバンドを覗きに行くが、コンディションが今ひとつQSOできたのは2局だけ。
 15:00一休みする合計17QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJE1・JA2・JG5・JI2・JQ2・7K3・JK1・JI8・JA6・JQ114MHzJI8・7K3

 16:00少し前から運用を再開する。7MHzで聞えるのはほとんどがQSOした局なので、少し早いが3.5MHzを覗く。やはり早いようでQSOできたのは1局だけ。
 その後も新しい局がほとんど聞えてこないので各バンドを行き来する
 夕食時合計25QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHzJF1・JA9・JM8・JA77MHzJA8・JA7・JR614MHzJF5

 夕食後19:30頃から運用を再開する。新しい局はほとんど聞えてこない。
 21:00から「Russian WW Digital Contest」が始まったのでそちらに専念するため今夜の運用を終わる合計26QSO。結局、その後QSOできたのは3.5MHzで1局だけ。増えたマルチJG5だけ。

 5日朝06:30から運用を開始する。7MHzが賑やかなので7MHzに出るが、やはり聞えるのはQSOした局がほとんど。2局とQSOして、その後は「Russian WW Digital Contest」に専念する。

 コンテスト終了の12:00が迫ってきたので11:20頃から運用を再開する。7MHz14MHzを行き来するがQSOできたのは2局だけ。合計30QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ14MHzJR6だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: OM部門 電信 B
114 Pts x 27 プリフィックス = 3078
Clamed Score: 3,078 Point

得点: OM局=YL局1点、メンバー局5点 
     YL局=OM局1点、YL局5点
マルチプライヤー: 各バンドで交信した局の異なるプリフィックスの総数

0

2014/10/6

Russian WW Digital Contest  Digi
Russian WW Digital Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Oct 04 to 1159Z, Oct 05 (04 Oct 21:00 to 05 Oct 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.rdrclub.ru/rdrc-news/russian-ww-digital-contest/51-rus-ww-digi-rules

 4日夜、同時に開催されている「JLRS パーティーコンテスト 電信」を中断して 1200 UTC から14MHz運用を開始する。
 時々ゾーン16あたりが聞えるがほとんどがUA9/0である。このコンテスト同一局でもRTTYとPSKの両方でQSOできるので両モードを行き来する
 信号が弱くなり、こちらの電波が届かなくなったので、1330 で今夜の運用を終わる合計13QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9(KT)・KK・SV・UA(LP)・TO・VR・UR・HA・KE・JT・UN

 5日朝は 2130 頃から運用を開始する。まず、ヨーロッパ方面を期待して7MHzに出るが、遅かったのか何も聞えてこない。すぐに14MHzに変わる。
 14MHzではUA0が2・3聞えるので、聞える局を順次呼んでゆく。
 2230 で朝食のため一休みする合計18QSO。QSOできたマルチ14MHzHK・PK・JA

 朝食後は 0045 少し前から運用を再開する。時々同時に開催されている「JLRS パーティーコンテスト 電信」を覗きに行くが、14MHz21MHzを行き来する。局数は少ないがUA9/0UNあたりとQSOできる。
 正午合計30QSO。その後QSOできたマルチ21MHzUA9(KT)・HK・KK・UN・YB・BY

 午後0410 頃から運用を再開する。21MHzUA3あたりが聞えるので21MHzをメインにして時々14MHz28MHzを覗きに行く。
 0650 頃から28MHzが好調になってきたので28MHzをメインにする。
 夕食時合計72QSO。その後QSOできたマルチ21MHzUA(MO)・MS・KI・TO・JT・VR・KE・TL・LZ・MA・UR・SP28MHzUA9(KK)・UA(VR)・KR・UN・MO・BO・UR・BY・LZ・KE・TV・SP・BR・TL

 夕食後1100 から運用を再開する。21・28MHzはほとんど信号は聞えない。14MHzに出るがこちらもあまり信号が聞えないので 1130コンテストを終わる
 合計75QSO。その後増えたマルチ14MHzBRだけ。 

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SINGLE-OP ALL HIGH
287 Pts x ( 22 Cntry + 31 Oblt ) = 15211
Clamed Score: 15,211 Point

POINTS: 1 point per QSO inside the country on 20, 15 and 10 m;
       2 points per QSO inside the country on 160, 80 and 40 m;
       3 points per QSO with other country on 20, 15 and 10 m;
       5 points per QSO with other continents and per QSO with QRP-station on 20, 15 and 10 m;
       6 points per QSO with other country on 160, 80 and 40 m;
       10 points per QSO with other continents and per QSO with QRP-station on 160, 80 and 40 m.
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band
          Each oblast once per band

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ