2014/10/13

オール鳥取コンテスト  CW 国内
オール鳥取コンテスト
開催日時:2014年10月13日(祝) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1310.htm#1013tottori

 13日朝、06:20頃から運用を開始する。まず、3.5MHzに出る。2局とはすぐQSOできるが、もう1局は何回呼んでも全く反応が無い。諦めて7MHzに変わる。
 7MHzでは何局か鳥取県内局が聞えるが、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 09:33JO4BOW(34004)QSOしたとき、14MHzへのQSYの依頼があり、何とかQSOできる。他には信号は聞えないのですぐに7MHzに戻る。
 その後もワッチを続けるが、聞えるのはQSOした局のCQばかり。新しい局が出てくるとパイルアップ状態になり、なかなか応答が得られない。それにQSOできてもほとんどが3401で、マルチは増えない
 10:30で諦めてコンテストを終わる合計10QSO。QSOできたマルチ3.5MHz34004・34017MHz3403・3401・3400414MHz34004

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 個人局 電信 マルチ
10 Pts x 6 市郡 = 60
Clamed Score: 60 Point

得点: 完全な交信を1点(同一バンド内での重複交信は電波型式が異なっても得点にならない )
マルチプライヤー: 県内局:鳥取県内の異なる市郡数+鳥取県外の異なる都道府県数
             県外局:鳥取県内の異なる市郡数

0

2014/10/13

第35回全市全郡コンテスト  CW 国内
第35回全市全郡コンテスト
開催日時:2014年10月11日 21:00 〜 12日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

 11日夜、21:00から、同時に開催されている「Oceania DX Contest CW」を中断して運用を開始する。まず、7MHzに出る。全国的に開けており、信号も強力である。聞える局を順次呼んでゆく。
 コンテストバンドの下の方はほとんどがパイルアップ状態なので、比較的に空いているバンドの高い方に出る。
 一通りQSOしてから3.5MHzに変わる。こちらも同様で全国的に開けている。
 22:50から144MHzに出る。CQを出すと数局連続して呼ばれる。一通りQSOしてから7MHzに戻る。
 23:30で今夜の運用を終わる合計82QSO。ほとんどがマルチにもなる。

 12日朝06:00少し過ぎから運用を開始する。JA8あたりが強力に聞える。数局とQSOしてから3.5MHzに出る。あまり信号が聞えてこないので、14MHzに変わる。JA7/8の他にJA1あたりも時々聞えてくる。
 07:45頃、21MHzを覗いてみるとこちらでもJA8あたりが聞える。
 08:30で朝食のため一休みする合計112QSO

 朝食後09:30から運用を再開する。引き続き14MHzに出る。全国的に開けてきてJA1/2あたりともQSOできる。
 10:10頃から21MHzや28MHz、それにVHFを覗きに行く。近場以外はあまりQSOできないので1時間ほどで14MHzに戻る。
 正午合計155QSO

 午後13:15頃から7MHz運用を再開する。QSOした局が多くなるが、丹念にサーチすると結構新しい局が見つかる。
 14:00少し過ぎから14MHzに出る。さらにコンディションが良くなり、ほとんど全国的にQSOできる。
 15:00一休みする合計213QSO
 15:45から運用を再開する。21MHzでもJA1あたりとQSOできるが次第にこちらの電波が届かなくなる
 17:30から7MHzに出る。聞えるのはほとんどがQSOした局のCQで、全く局数が延びないので、すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzは全国的に開けているので聞える局を順次呼んでゆく。夕食時合計238QSO

 夕食後19:30少し前から運用を再開する。引き続き3.5MHzに出る。
 20:00を過ぎるとQSOした局が多くなり、なかなか新しい局は見つからない。その内にコンテスト終了の21:00となる。合計274QSOコンテストを終わる
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信シングルオペ オールバンド (CAM)
274 Pts x 251 市郡区 = 68774
Clamed Score: 68,774 Point

得点: 完全に行なわれた交信を1点とする(同一バンドにおける重複交信は、電波型式が異なっても得点としない)
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数

0

2014/10/13

Oceania DX Contest CW  CW DX
Oceania DX Contest CW
CONTEST PERIODS: 0800Z, Oct 11 to 0800Z, Oct 12 (11 Oct 1700 JST to 12 Oct 1700 JST)
RULES: URL:http://www.oceaniadxcontest.com/rules.pdf

 11日夕方、0800 UTC から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。VK/ZLが何局か聞えるが聞える局は少ない。
 0850 頃から7MHzに出る。
 夕食時合計13QSO。QSOできたマルチ7MHzWH7・ZL2・ZM114MHzVK421MHzZL2・VK2・VK3・VK428MHzVK4・ZL1・ZM1

 夕食後1015 から運用を再開する。7MHzをメインにして時々ハイバンドを覗きに行く。
 1200 から「全市全郡コンテスト」が始まったので、そちらに専念するため、今夜の運用を終わる合計20QSO。その後QSOできたマルチ7MHzVK2・ZM90・YJ0

 12日「全市全郡コンテスト」に主力をおき、その合間にDXバンドを覗きにくる。
 正午合計24QSO。その後QSOできたマルチ21MHzZM128MHzYD1・WH7・ZL2

 午後「全市全郡コンテスト」に専念する。結局、コンテスト終了の 0800 までには1局もQSOできず合計24QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single, All Band, Low Power
81 Pts x 18 Prefix = 1458
Clamed Score: 1,458 Point

POINTS: 20 points per 160m QSO
       10 points per 80m QSO
       5 points per 40m QSO
       1 point per 20m QSO
       2 points per 15m QSO
       3 points per 10m QSO
MULTIPLIERS: Each prefix once per band

0

2014/10/13

Makrothen RTTY Contest  RTTY
Makrothen RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 0759Z, Oct 11 and 1600Z to 2359Z, Oct 11 and 0800Z to 1559Z, Oct 12
              (11 Oct 09:00 to 16:59 and 12 Oct 01:00 to 08:59 and 12 Oct 17:00 to 13 Oct 00:59 JST)
RULES: URL:http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/TMC_Rules.html

 11日朝、0050 UTC 頃から運用を開始する。14・21・28MHzをワッチするが、信号が聞えるのは21MHzだけなので、21MHzに出る。
 近場米国西海岸方面の信号が聞えるので順次呼んでゆく。
 0130 を過ぎると信号が聞えてこなくなったので14MHzに変わる。米国西海岸方面に開けているようであるが、聞える信号は少ない。
 正午合計20QSOこのコンテストはマルチが無く、相手局との距離が得点となるので、できるだけ遠くの局をできるだけ多くQSOする以外に方法は無い。

 午後0400 頃から運用を再開する。引き続き21MHzをメインにして時々14MHzと28MHzを覗きに行く。21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 0730 頃、28MHzを覗くとヨーロッパ方面の局が2・3、聞える。しかし、QSOできるのは僅か。
 その内に第1ピリオッド終了の 0800 となる。合計42QSO

 第2ピリオッドは夜中の 1600 から始まっているが、12日朝、2200 少し過ぎから運用を開始する。まず、7MHzと14MHzをワッチするが何も聞えない。
 21MHzでは米国中央部28MHzでは米国西海岸方面に開けているようなので、21MHzと28MHzを行き来する。
 その内に第2ピリオッド終了の 2400 となる。合計56QSO

 第3ピリオッド夕方 0800 から始まる。開始と同時に運用を開始する。21MHzヨーロッパ方面2・3聞えるがあまりQSOできないので、同時に開催されている「全市全郡コンテスト」に主力を置く。
 夕食時合計60QSO

 夕食後「全市全郡コンテスト」に主力を置く。
 1200「全市全郡コンテスト」が終わったが、草臥れたのでその後は運用せずにコンテストを終わる。結局合計60QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single, All Band, Low Power
Clamed Score: 436,338 Point

POINTS: 1 point per km distance between stations for each QSO
       Multiply QSO points by 1.5 for 40m QSOs or 2.0 for 80m QSOs
       100 points per QSO between stations in same grid square (no other points or multiplier)
MULTIPLIERS: None

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ