2014/11/30

2014年11月 CONTEST MENU  
2014年11月 CONTEST MENU


第37回オール旭川コンテストの結果発表 (1824)
  平成26年6月14日 21:00 〜 15日 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1714.html

第38回オホーツクコンテストの結果発表 (1825)
  2014年7月19日 18:00 〜 20日 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1739.html

Ukrainian DX Contest (1826)
  1200Z, Nov 1 to 1200Z, Nov 2

○DARC 10-Meter Digital Contest.
  1100Z to 1700Z, Nov 2

第20回オール大阪コンテスト (1827)
  11月2日 06:00 〜 18:00
        06:00 〜 11:30 電信部門
        12:00 〜 18:00 電話部門
        06:00 〜 18:00 デジタル部門(RTTY/SSTV)

○JA9コンテストHF 2014 電話
  11月2日 21:00 〜 3日 12:00

Russian DX Contest 2014 の結果発表 (1828)
  2014, 1200Z, Mar 15 to 1200Z, Mar 16
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1637.html

The 58th CQ-M International DX Contest の暫定結果発表 (1829)
  2014, 1200Z, May 10 to 1159Z, May 11
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1683.html

DRCG WW RTTY Contest 2014 の結果発表 (1830)
  2014, 0000Z to 0759Z, Jun 14
     1600Z to 2359Z, Jun 14
     0800Z to 1559Z, Jun 15
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1711.html

Ukrainian DX DIGI Contest 2014 の結果発表 (1831)
  2014, 1200Z, Jun 28 to 1200Z, Jun 29
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1720.html

DL-DX RTTY Contest 2014 の結果発表 (1832)
  2014, 1100Z, Jul 5 to 1059Z, Jul 6
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1731.html

WAE DX Contest, RTTY (1833)
  0000Z, Nov 08 to 2359Z, Nov 09

○JIDX Phone Contest
  0700Z, Nov 08 to 1300Z, Nov 09

OK-OM DX Contest, CW (1834)
  1200Z, Nov 08 to 1200Z, Nov 09

第15回全日本CW王座決定戦 (1835)
  11月9日 12:00 〜 16:00

第26回 ALL JA1 コンテストの結果発表 (1836)
  2014年6月1日 09:00 〜 12:00 (14/21/28/50MHz)
            16:00 〜 20:00 (1.9/3.5/7MHz)
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1699.html

ARRL Field Day 2014 の結果発表 (1837)
  2014, 1800Z, Jun 28 to 2100Z, Jun 29
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1721.html

Hawaii QSO Party 2014 の結果発表 (1838)
  2014, 0400Z, Aug 23 to 0400Z, Aug 25
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1772.html

YO DX HF Contest 2014 の結果発表 (1839)
  2014, 1200Z, Aug 30 to 1159Z, Aug 31
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1775.html

第28回オール秋田コンテストの結果発表 (1840)
  2014年9月13日 21:00 〜 23:00
14日 06:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1787.html

Russian WW MultiMode Contest 2014 (1841)
  1200Z, Nov 15 to 1159Z, Nov 16

JA9コンテストHF 2014 電信 (1842)
  11月15日 21:00 〜 16日 12:00

第44回 6m AND DOWN コンテストの結果発表 (1843)
  2014年7月5日 21:00 〜 6日 15:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1732.html

CQ WW WPX Contest, CW 2014 の結果発表 (1844)
  2014, 0000Z, May 24 to 2359Z, May 25
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1695.html

LZ DX Contest (1845)
  1200Z, Nov 22 to 1200Z, Nov 23

第35回オール九州コンテスト (1846)
  11月22日 21:00 〜 23日 15:00

CQ Worldwide DX Contest, CW (1847)
  0000Z, Nov 29 to 2359Z, Nov 30


0

2014/11/24

第35回オール九州コンテスト  CW 国内
第35回オール九州コンテスト
開催日時:2014年11月22日(土)21:00 〜 23日(日)15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/fukuoka/2014%2035th%20ALL%20KYUSHU%20CONTEST%20KIYAKU.pdf
          http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1411.htm#1122kyushu

 22日夜、21:00、同時に「LZ DX Contest」がスタートしたので、まずこのコンテストに出る。ところがコンディションが悪く、ほとんどQSOできないので諦めて、以後は「オール九州コンテスト」に専念する。
 まず、7MHzを覗くが全く信号は聞えてこない。すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzは賑やかでJA6も何局か聞える。しかし、全国から呼ばれているので全く歯が立たない。コンテストバンド上の方で何とか局数を伸ばす。
 23:00で今夜の運用を終わる合計14QSO。QSOできたマルチ3.5MHz4616・4007・4201・4205・400103・4712・41003・400106・402106・4404・4036・43010・4504

 23日朝06:00から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るがあまり信号は聞えてこない。1局とQSOしただけで7MHzに変わる。
 まず、ヨーロッパ方面に開けるのを期待して「LZ DX Contest」に出るが、あまり信号は聞えてこない。4局とQSOできただけで諦めて、以後は「オール九州コンテスト」に専念する。
 国内局はあまり聞えない。聞えても信号が弱い。06:20を過ぎてJA6GCEのCQが聞こえ出す。
 06:40を過ぎて何局かのJA6の「CQ TEST」が聞こえ出すが信号はまだ弱い。
 07:00を過ぎると信号も強力となり、賑やかになってくる。
 07:4514MHzを覗くと信号は弱いが2・3JA6が聞える。何回か呼んで何とかQSOできる。
 08:00で朝食のため一休みする。合計34QSO。その後QSOできたマルチ7MHz43010・4712・4504・4201・4626・4616・4024・4306・4601・4404・4105・4415・4020・40010614MHz400106・4626

 朝食後は、09:50から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来する。7MHzは次第に聞えるのはQSOした局のCQばかり、の状態となる。
 10:20頃、28MHzを覗くとJK6SEWのCQが聞える。呼ぶとすぐに応答がある。しばらくワッチしていると聞えなくなったので21MHzに変わると、同じくJK6SEWのCQが聞える。呼ぶとすぐにQSOできる。同様に14MHzでもQSOできる。
 その後は14MHzでワッチを続けるが信号はあまり聞えてこない。ノイズが多く、コピーができないこともあるが、こちらの電波が届かないことも多い。
 正午合計48QSO。その後増えたマルチ7MHz4032・40005・4501・4001414MHz4712・4211・4616・43010・4202・4600521MHz4616・4301028MHz4616

 午後13:30から運用を再開する。7MHzQSOした局と管外局のCQばかり。14MHzをメインにしてワッチを続ける。
 14:00を過ぎると21MHzや28MHzDX局が聞こえ出したので「LZ DX Contest」に主力を置いて、時々国内コンテストバンドを覗きにくる。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計55QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ14MHz4201・4302・4701・40005、だけ。

   結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 電信部門 シングルオペレーター マルチバンド (XCSM)
55 Pts x 46 市郡区 = 2530
Clamed Score: 2,530 Point

得点: 完全な交信  1点 (同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波形式が異なっても得点としない。)
マルチプライヤー: 管内局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区及び、管外の都府県支庁の数
             管外局=完全な交信をした局で、管内の異なる市郡区の数 
0

2014/11/24

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 22 to 1200Z, Nov 23 (22 Nov 21:00 - 23 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 22日夜、1200 UTC から運用を開始する。21MHzは何も聞えない。14MHzも2・3信号は聞えるがこちらの電波が届かない。
 何とかR1TU(29)1局QSOできたが、諦めてその後は同時にスタートした「オール九州コンテスト」に専念する。

 23日朝 2100 から運用を開始する。7MHzに出るがあまり信号は聞えてこない。何とかLZ2HQ(PK)を含めて4局とQSOできる。
 その後、午前中「オール九州コンテスト」専念する。

 午後「オール九州コンテスト」でほとんど局数が伸びなくなったので、 0450 頃から運用を開始する。21MHzUA9/0が主であるが「CQ LZ TEST」が聞えるので順次呼んでゆく。
 0500 を過ぎると28MHzでも信号が聞こえ出したので、21MHzと28MHzを行き来する。また、時々国内コンテストバンドを覗きに行く。
 0600「オール九州コンテスト」が終わったので以後はこのコンテストに専念する。また、28MHzが好調となる。
 夕食時合計51QSO。QSOできたマルチ7MHz29・PK・2814MHz2921MHz32・31・30・33・RZ・29・28・4528MHz30・31・29・20・28・SS・18・18・27・PD・PK

 夕食後1000 から運用を再開する。21・28MHzは全く信号は聞えてこない。14MHzもほとんど信号は聞えない。
 何とかRW0AJ(32)とQSOできるが、他はこちらの電波が届かない。諦めて 1030 コンテストを終わる合計52QSO
 
  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B - Single Operator/Multi Bands/CW
151 Pts x ( 19 Zone + 5 District ) = 3624
Clamed Score: 3,624 Point

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
       3 points per QSO with different continent
       1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band regardless of the mode
0

2014/11/20

CQ WW WPX Contest, CW 2014 の結果発表  CW DX
CQ WW WPX Contest, CW 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 0000Z, May 24 to 2359Z, May 25 (May 24 09:00 - May 26 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.cqwpx.com/rules.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1695.html

 「 CQ WW WPX Contest, CW 2014 」の結果が CQ Amateur Radio のサイトで発表されている。
 参加した「 Single-Op All-Band Low-Power 」部門・JA3 2/17 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.cq-amateur-radio.com/cq_contests/cq_ww_wpx_contest/cq_ww_wpx_cw_contest/2014_cq_ww_wpx_cw_contest/2014_cq_ww_wpx_cw_complete_line_scores_3.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single-Op All-Band Low-Power
1032 Pts x 279 Prefix = 287928
Clamed Score: 287,928 Point

POINTS: 6 points per 160/80/40m QSO with different continent
       3 points per 20/15/10m QSO with different continent
       2 points per 160/80/40m QSO with same continent different country
       1 point per 20/15/10m QSO with same continent different country
       1 point per QSO with same country
       Exception: QSO points double for NA-NA QSOs with different country
MULTIPLIERS: Prefixes once
0

2014/11/18

第44回 6m AND DOWN コンテストの結果発表  CW 国内
第44回 6m AND DOWN コンテストの結果発表
開催日時: 2014年7月5日 21:00 〜 6日 15:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/6m_rule.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1732.html

 「 第44回 6m AND DOWN コンテスト 」の結果が JARL コンテスト のサイトで発表されている。
 参加した「 電信部門 シングルオペ オールバンド (CA) 」部門・関西 6/12 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/6m/2014/index.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信部門 シングルオペ オールバンド (CA)
117 Pts x 38 都府県地域 = 4446
Clamed Score: 4,446 Point

得 点:  50MHz帯〜1200MHz帯・・・・・・・・・・・・1点
       2400MHz帯以上・・・・・・・・・・・・・・・・・2点
マルチプライヤー: 50MHz帯〜1200MHz帯: 運用場所を示す異なる都府県地域
              2400MHz帯以上:運用場所を示す異なる市、郡または区
0

2014/11/17

JA9コンテストHF 2014 電信  CW 国内
JA9コンテストHF 2014 電信
開催日時:2014年11月15日(土)21:00 〜 16日(日)12:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1411.htm#1102hokuriku

 15日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzを覗くが何も聞えてこないので、すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzではJA9が何局か聞えるが、その数少ないJA9全国の局が呼ぶので、全く歯が立たない。30分ほどがんばったが1局もQSOできないので、しばらくは同時に開催されている「Russian WW MultiMode Contest」に出る。
 少しはパイルも収まったかと、22:00から3・5MHzに出る。コンテストバンドの下の方はまだパイルアップ状態であるが、何回か呼べば何とかQSOできる。
 23:15で今夜の運用を終わる合計10QSO。QSOできたマルチ3.5MHz2807・2808・3001・2905・2809・2802・29003・2910・29010。

 16日朝06:30から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るが、聞えるのは昨夜QSOした局ばかり。新しい局とは1局とQSOできただけ。
 06:45頃から7MHzに変わる。JA9が何局か聞えるが、やはり全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 07:30一休みする合計23QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz29027MHz2802・3010・2905・29010・2804・2808・2807・2801・29003・2901

 09:40から運用を再開する。7MHzをメインにして時々14MHzを覗きに行く。
 10:00を過ぎると14MHz何局かJA9が聞えるが、ノイズが多くうまくコピーできない。それのこちらの電波が届かないことが多く、ほとんど局数は伸びない
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計32QSO。その後QSOできたマルチ7MHz28003・2904・300114MHz2905・3001・3012

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: JA9エリア外局 シングルオペレーター マルチバンド
32 Pts x 26 市郡 = 832
Clamed Score: 832 Point

得点: 完全な交信で  1点
マルチプライヤー: 9エリアの局   9エリアの市郡,都府県道振興局の和(バンドごと)
              その他の局   9エリアの市郡の和(バンドごと)
0

2014/11/17

Russian WW MultiMode Contest 2014  Digi/CW DX
Russian WW MultiMode Contest 2014
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 15 to 1159Z, Nov 16 (15 Nov 21:00 - 16 Nov 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.rdrclub.ru/russian-ww-multimode-contest/159-rus-ww-multimode-contest

 15日夜、1200 UTC から運用を開始する。まず21MHzを覗くがほとんど信号が聞えないので、14MHzに出る。
 14MHzもあまり信号は聞えない。QSOできたのは3局だけ30分ほどで、同時に開催されている「JA9コンテストHF 2014 電信」に変わり、今夜の運用を終わる
 QSOできたマルチ14MHzXU・VK・UA(LP、だけ。

 16日朝2130 から運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けるのを期待して7MHzに出るが、少し遅かったのでQSOできたのはCWでHG7Tだけ。
 その後は「JA9コンテストHF 2014 電信」に主力を置き、時々DXバンドを覗きに来る。
 正午合計17QSORTTYPSK63に出るがほとんどがUA0。QSOできたマルチ14MHz・RTTYUA9(HK)・PK・SL、PSKでKK・HK・JA・PK21MHz・RTTYUA9(BU)・KT28MHzCWCX、RTTY9M6

 午後0500 少し過ぎから運用を再開する。21MHzと28MHzを行き来する。両バンドヨーロッパ方面も聞えるが、コンディションが悪いのか、参加局が少ないのか、あまり信号は聞えてこない。
 兎に角、聞える局を順次呼んでゆく。ほとんどがすぐに応答がある。
 夕食時合計47QSO。その後QSOできたマルチ14MHz・RTTYT8・KK21MHz・RTTYUA(MA)・UN・BO・KS・KR・MO・HA・OM・SP・KEPSKHK・KT・VK・SL・KO・MO28MHz・RTTY9A・I・UA(MO)・RO・ER・BO・KR・UD

 夕食後1020 頃から運用を再開する。21MHzに出るが信号はあまり聞えてこない。ヨーロッパ方面には開けているので、やはり参加局が少ないのか。
 1100 を過ぎると21MHzではほとんど信号は聞えてこない。14MHzに変わるがこちらも同様なので 1120コンテストを終わる合計58QSO
 その後QSOできたマルチ14MHz・RTTYNN21MHz・RTTYCB・OH・T8・YU・SV・ERPSKCB・BR

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB - BPSK63-CW-RTTY
239 Pts x ( 28 Cntry + 31 Oblast ) = 14101
Clamed Score: 14,101 Point

POINTS: 1 point per QSO inside the country on 20, 15 and 10 m;
       2 points per QSO inside the country on 160, 80 and 40 m;
       3 points per QSO with other country on 20, 15 and 10 m;
       6 points per QSO with other country on 160, 80 and 40 m;
       5 points per QSO with other continents on 20, 15 and 10 m;
       10 points per QSO with other continents on 160, 80 and 40 m.
MULTIPLIERS: Each DXCC country on each mode and each band.
           Each oblast on each mode and each band.
0

2014/11/16

第28回オール秋田コンテストの結果発表  CW 国内
第28回オール秋田コンテストの結果発表
開催日時:2014年9月13日(土) 21:00 〜 23:00
               14日(日) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarlakita.com/modules/pico/index.php?content_id=94
        http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1409.htm#0913akita
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1787.html

 「 第28回オール秋田コンテスト 」の結果が JARL秋田県支部 からメールで送られてくる。。
 参加した「 県外 電信電話 SOP HFマルチバンド (GSMC) 」 19/40 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarlakita.com/modules/pico/index.php?content_id=103 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 電信電話 SOP HFマルチバンド (GSMC)
18 Pts x 16 市町村 = 288
Clamed Score: 288 Point

得点: 完全な1交信につき電信・電話とも各1点。
        ※同一バンドで電信・電話モードが違えば、電信・電話各々得点計上可
        ※同一バンド・モードでの重複交信は不可。
マルチプライヤー: 県内局:秋田県内の異なる市町村及び都府県支庁
             県外局:秋田県内の異なる市町村
              ※モードが違っても同一バンドでは1回のみの計上とする。
1

2014/11/13

YO DX HF Contest 2014 の結果発表  CW DX
YO DX HF Contest 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS: 1200Z, Aug 30 to 1159Z, Aug 31 (30 Aug 21:00 - 31 Aug 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.yodx.ro/en/english
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1775.html

 「 YO DX HF Contest 2014 」の結果が YODX のサイトで発表されている。
 参加した「 A. SO-AB-CW-LP 」部門で 286/308 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.yodx.ro/en/2014-results/by-entry )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: A. SO-AB-CW-LP
132 Pts x ( 19 Cntry + 5 YO-district ) = 3168
Clamed Score: ,168 Point

POINTS: 8 points per QSO with YO station
       4 points per QSO with non-YO station on different continent
       2 points per QSO with non-YO station in different country, same continent
       1 point per QSO with non-YO station in same country
MULTIPLIERS: Each DXCC country (not YO) once per band
          Each YO district once per band
0

2014/11/13

Hawaii QSO Party 2014 の結果発表  Digi/CW DX
Hawaii QSO Party 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 0400Z, Aug 23 to 0400Z, Aug 25 (23 Aug 13:00 - 25 Aug 13:00 JST)
RULES: URL:http://www.hawaiiqsoparty.org/Rules/HQP/HQPRules.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1772.html

 「 Hawaii QSO Party 2014 」の結果が HQP のサイトで発表されている。
 「 CL - CW Only, Low Power 」部門・ASIA 1/3 、とのこと。
  1位 、に入賞している。

 「 L: Single-op low-power mixed mode 」にエントリーしたつもりであるが、どうしたことか「 CL - CW Only, Low Power 」となっている。CWだけの得点でも 1位 となるので、このままとしておく。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.hawaiiqsoparty.org/Results/2014/Summary.html )で。

 賞状同サイトからダウンロードできる。

クリックすると元のサイズで表示します



 11月27日に本物の賞状が郵送されてくる。


 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: L: Single-op low-power mixed mode
55 Pts x 12 QTH ID = 660
Clamed Score: 660 Point

POINTS:

Band SSB   CW   RTTY/PSK Band SSB    CW    RTTY/PSK
10m 3 Points 6 Points 15 Points  40m 2 Points 4 Points 10 Points
15m 2 Points 4 Points 10 Points  80m 3 Points 6 Points 15 Points
20m 1 Points 2 Points 5 Points  160m 6 Points 12 Points 30 Points

MULTIPLIERS:non-HI Each HI QTH ID once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ