2014/11/13

ARRL Field Day 2014 の結果発表  CW DX
ARRL Field Day 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 1800Z, Jun 28 to 2100Z, Jun 29 (Jun 29 03:00 - Jun 30 06:00 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/files/file/Field-Day/2014/2014%20Rules.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1721.html

 「 ARRL Field Day 2014 」の結果が ARRL Results-Database のサイトで発表されている。
 「 non US 」 152/159 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.arrl.org/results-database?event_id=58360 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: D: Home DX
12 Pts = 12
Clamed Score: 12 Point

POINTS: 1 point per phone QSO
       2 points per CW/digital QSO
       Bonus Points: see rules
MULTIPLIERS: None
0

2014/11/13

第26回 ALL JA1 コンテストの結果発表  CW 国内
第26回 ALL JA1 コンテストの結果発表
開催日時: 2014年6月1日 09:00 〜 12:00 (14/21/28/50MHz)
                   16:00 〜 20:00 (1.9/3.5/7MHz)
規約: URL:http://ja1zlo.u-tokyo.org/allja1/26rule.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1699.html

 「 第26回 ALL JA1 コンテスト 」の結果が JA1ZLO のサイトで発表されている。
 参加した「 HIGHバンド部門 B.マルチバンド 」部門で 10/15 「 LOWバンド部門 D.マルチバンド 」部門で 10/15 、とのこと。
 また、「 総合 」部門で 9/10 、となっている。


ハイバンド

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: HIGHバンド部門 B.マルチバンド
28 Pts x 27 市郡区 = 756
Clamed Score: 756 Point


ローバンド

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: LOWバンド部門 D.マルチバンド
34 Pts x 31 市郡区 = 1054
Clamed Score: 1,054 Point


総 合

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://ja1zlo.u-tokyo.org/allja1/26res.html )で。

得 点: 完全な交信を1点(同一バンド内での同一局との交信は電信と電話それぞれ一回づつ得点1点)
マルチプライヤー: 1エリア内=各バンドで交信した1エリア外の異なる府県支庁の数及び1エリア内の異なる市郡区の数
             1エリア外=各バンドで交信した1エリア内の異なる市郡区の数
0

2014/11/11

第15回全日本CW王座決定戦  CW 国内
第15回全日本CW王座決定戦
開催日時:平成26年11月9日(日)12:00 〜 16:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/jo1zrw/contest.html

 9日午後、12:40頃から運用を開始する。「WAE DX Contest, RTTY」「OK-OM DX Contest」同時に開催されているが、開催時間が短いので、このコンテストに専念する
 通信速度が遅くなり、草臥れるが、得点が高くなるので「ストレートキー」を使用する。
 呼びに回ったり、CQを出したり。コンディションは今ひとつでノイズに埋まってコピーできない信号もある。
 15:00で一休みする。合計75QSO

 15:30頃から運用を再開する。次第にQSOした局が多くなり局数が伸びない。
 その内にコンテスト終了の16:00となる。合計86QSO

 QSOできたマルチは;
   ・ ・ ・ 53 54 ・ 56 ・ 58 59
   ・ 61 62 63 64 ・ 66 ・ 68 69
   70 71 72 73 74 75 76 77 78 ・
   ・ 81 82 83 ・ 85 86 ・ 88 89
   90 91 ・ 93 ・ 95 96 ・ ・ 99
   ・ 01 ・ 03 ・ ・ 06 07 ・ 09
   ・ ・ 12 13 14

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 7MHzシングルバンド
149 Pts x 42 免許取得年 x 13 = 81354
Clamed Score: 81,354 Point

得点: 交信相手がストレートキー使用者(S)の場合・・・2点
            それ以外の使用者(X)の場合・・・・・1点
        得点係数 : ストレートキーでの参加者は ×13
               ストレートキー以外での参加者は ×10
マルチプライヤー: CW運用可能となった従事者免許の取得年(西暦)の下二桁   例1989年⇒89  例1960年⇒60 
0

2014/11/11

OK-OM DX Contest, CW  CW DX
OK-OM DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 08 to 1200Z, Nov 09 (08 Nov 21:00 - 09 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://okomdx.crk.cz/index.php?page=english

 8日夜 1200 UTC から同時に開催されている「WAE DX Contest, RTTY」を中断して運用を開始する。14MHzに出るがコンディションが落ちており、OM3RM(DST)・OK1VD(FHK)2局とQSOできただけ。
 1300 で今夜の運用を終わる

 9日朝2100 少し前から7MHz運用を開始する。コンディションは今ひとつ4局とQSOできただけ。

 9日午後は、「全日本CW王座決定戦」が終わった 0700 から運用を開始する。まず、28MHzをワッチするとOK/OM何局か強力に聞える。聞える局を順次呼んでゆく。ほとんどがすぐに応答がある。
 一通りQSOしてから21MHzと28MHzを行き来する。21MHzも同様なコンディションOK/OMが強力に聞える。
 最初はほとんどが一発で応答があったが、ヨーロッパの局が起き出して運用を始めたのか、次第に応答がすぐに得られなくなる。
 夕食時合計39QSOほとんどがマルチにもなる

 夕食後1000 から運用を再開する。21・28MHzは何も聞えてこなくなったので14MHzに出る。「WAE DX Contest, RTTY」も気になるのでRTTYバンドも時々覗きに行く。
 ヨーロッパの局も呼んでいるのでなかなか応答が得られないことが多いが、何とか局数が伸びる。
 その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計52QSOコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single operator low power - all band (SOAB LP)
156 Pts x 51 OK/OL/OM-District = 7956
Clamed Score: 7,956 Point

POINTS: OK/OL/OM-Station: 1 point per QSO with EU station
       OK/OL/OM-Station: 3 points per QSO with DX station
       EU-Station: 1 point per QSO with OK/OL/OM station
       DX-Station: 3 points per QSO with OK/OL/OM station
MULTIPLIERS: OK/OL/OM-Station: each prefix once per band
          non-OK/OL/OM-Station: each OK/OL/OM district once per band
0

2014/11/11

>WAE DX Contest, RTTY  RTTY
WAE DX Contest, RTTY
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 08 to 2359Z, Nov 09 (08 Nov 09:00 - 10 Nov 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.darc.de/referate/dx/contest/waedc/en/rules/

 8日朝、0020 UTC から運用を開始する。まず、28MHzに出る。米国西海岸方面に開けているが聞える信号は少ない。すぐに21MHzに変わる。
 21MHz同様なコンディションであるが、28MHzより賑やかである。聞える局を順次呼んでゆく。
 0230 頃から14MHzに出るがあまり信号は聞えてこない。
 正午合計35QSO。QSOできたマルチ14MHzVE(VE7)・K(K2)・K5・T821MHzK(K7)・KH6・K6・VK(VK3)・KL・YB・K2・K4・JA(JA4)・VE(VE7)・UA9(UA0)・VR・PY(PY5)・LU・BY・K5・BV・ZL(ZL228MHzK(K7)・K5・BV・K6
 VA7KO(2/10)からQTCを受ける

 午後 0415 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。
 0600 を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が好調となる。
 0700 を過ぎると28MHzでもヨーロッパ方面が聞こえ出したので、21MHzと28MHzを行き来する。
 夕食時合計68QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9(UA0)・KL・DL・UA9・PY(PY2)・JA(JA5)・JA721MHzUA9・UR・LZ・ER・OK・YO・OH0・LX・OE・PY2・DU・PY1・DL・UA28MHzDL・UR・YB・LZ・OH0
 EM0I(24/10)・UW3U(24/10)からQTCを受けYB2ECG(1/10)QTCを送る

 夕食後1000 から運用を再開する。21MHzでは信号があまり聞えてこないので、すぐに14MHzに変わる。こちらもコンディションは今ひとつ
 1200 から「OK-OM DX Contest」が始まったのでしばらくはこちらに主力を置く。
 1300 で今夜の運用を終わる合計74QSO。その後QSOできたマルチ14MHzVK(VK4)・UR・UA・OK21MHzSP

 9日朝0030 頃から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。どのバンドもコンディションは今ひとつ近場米国西海岸方面、それに南米がチラホラ聞えるだけ。
 正午合計95QSO。QSOできたマルチ14MHzK6・OH・JA1・K7・K9・JA0・DU28MHzJA(JA3)・PY(PY5)・ZL(ZL2)・VK(VK4)・LU・VE(VE7
 K6HGF(47/10)・OH8A(54/10)からQTCを受ける

 午後正午から「全日本CW王座決定戦」が始まったので、終了の 0700 までこのコンテストに専念する
 0700 から運用を再開するが、28MHzOK/OMが強力に聞えるので、しばらくは「OK-OM DX Contest」に主力を置く。
 夕食間際運用を再開するが、28MHz2・3QSOできただけ。
 夕食時合計98QSO。増えたマルチ28MHzLXだけ。LX7I(77/10)からQTCを受ける

 夕食後1000 から運用を再開するが、1200 までは「OK-OM DX Contest」主力を置く
 その後は7MHzと14MHzを行き来するが、局数は伸びない。
 1300 で今夜の運用を終わる合計106QSO。その後QSOできたマルチ7MHzBY・HL14MHz9A・I・OH0・SP
 SP9KR(27/10)からQTCを受ける

 10日朝2300 少し前から運用を開始する。21MHzと28MHzを行き来する。米国中央部あたりまで何とかQSOできる。
 その内にコンテスト終了の 2400 となる。合計116QSO。その後QSOできたマルチは、21MHzK328MHzPY2・K0・UA9(UA0
 K6MMM(7/10)からQTCを受ける

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op Low
( 116 QSO-Pts + 90 QTC-Pts ) x ( 2x3 + (18+27+15)x2 ) Cntry + (14+15+11)x2 CallArea ) = 42436
Clamed Score: 42,436 Point

POINTS: 1 point per QSO
       1 point per QTC
MULTIPLIERS: DXCC entity (+4U1V, GM/s, IT, JW/b, TA1, YU8 ) (1 point on each band)
          ten call areas count as multipliers: W, VE, VK, ZL, ZS, JA, PY and RA8/RA9 and RAO
          weighted" by band. Multiply the number of countries worked;
                 on 3.5 MHz by four
                 on 7 MHz by three
                 on 14/21/28 MHz by two
1

2014/11/5

DL-DX RTTY Contest 2014 の結果発表  RTTY
DL-DX RTTY Contest 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 1100Z, Jul 5 to 1059Z, Jul 6 (Jul 05 20:00 〜 Jul 06 19:59 JST)
RULES: URL:http://www.drcg.de/index.php/en/dl-dx-rtty-contest/82-dl-dx-rtty-rules
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1731.html

 「 DL-DX RTTY Contest 2014 」の結果が DRCG のサイトで発表されている。
 参加した「 D: Single Op Multi-Band Dipole 6 Hrs Single Radio 」部門で 43/64 、とのこと。
 JA 2位 、に入賞している。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.drcg.de/dldx/dldx2014/dldx-rtty-contest-result-2014.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: D: Single Op Multi-Band Dipole 6 Hrs Single Radio
545 Pts x ( 21 cntry + 14 CallArea ) = 19075
Clamed Score: 19,075 Point

POINTS: 5 points per QSO with same country
       10 points per QSO with different country same continent
       15 points per QSO with different continent
       EU Stations: Add 3 QSO points for QSO with DL station
       non-EU Stations: Add 5 QSO points for QSO with DL station
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band (including first contact with VK, VE, JA and W)
           Each VK, VE, JA and W call area once per band
0

2014/11/5

Ukrainian DX DIGI Contest 2014 の結果発表  Digi
Ukrainian DX DIGI Contest 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 1200Z, Jun 28 to 1200Z, Jun 29 (Jun 28 21:00 - Jun 29 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.izmail-dx.com/
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1720.html

 「 Ukrainian DX DIGI Contest 2014 」の結果が IZMAIL-DX のサイトで発表されている。
 参加した「 2) SINGLE-OP ALL LOW 」部門で 157/200 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.izmail-dx.com/index.php?page=world&year=2014 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB LP
168 Pts x ( 22 cntry + 10 Oblt ) = 5376
Clamed Score: 5,376 Point

POINTS: Points for non-UR: QSO with own continent 1 point
                   QSO with other continents 3 points
                   QSO with Ukraine for EU stations 5 points
                   QSO with Ukraine for non-EU stations 10 points
                   QSO on 80 meters multiply by 2(two)
                   QSO with any /MM station counts as 5 points and be not a multiplier
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band per mode
           Each oblast ( max. 27 ) once per band per mode
0

2014/11/5

DRCG WW RTTY Contest 2014 の結果発表  RTTY
DRCG WW RTTY Contest 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 0000Z to 0759Z, Jun 14 (Jun 14 09:00 〜 16:59 JST)
            1600Z to 2359Z, Jun 14 (Jun 15 01:00 〜 08:59 JST)
            0800Z to 1559Z, Jun 15 (Jun 15 17:00 〜 Jun 16 00:59 JST)
RULES: URL:http://drcg.de/index.php/en/drcg-ww-rtty-contest/81-sonstiges/94-drcg-ww-rtty-rules
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1711.html

 「 DRCG WW RTTY Contest 2014 」の結果が DRCG のサイトで発表されている。
 参加した「 A1 - SINGLE-OP (SOAB) 」部門で 160/215 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://drcg.de/drcgww/DRCG_WW_RESULT_2014.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: A1 - SINGLE-OP (SOAB)
542 Pts x ( 18 Cntry + 16 CallArea ) = 18428
Clamed Score: 18,428 Point

POINTS: For each completed QSO use the "Exchange Points Table" to obtain the QSO
         QSO-points on 40m multiply by 2
         QSO-points on 80m multiply by 3
Point Table(in Zone:25) http://drcg.de/index2.php?option=com_docman&task=doc_view&gid=76&Itemid=61
MULTIPLIERS: Each VK, VE, JA and W call area once per band
          Each DXCC country (other than VK,VE,JA,W) once per band
0

2014/11/5

The 58th CQ-M International DX Contest の暫定結果発表  CW DX
The 58th CQ-M International DX Contest の暫定結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 1200Z, May 10 to 1159Z, May 11 (May 10 21:00 - May 11 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.cq-m.ru/en/rules.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1683.html

 「 The 58th CQ-M International DX Contest 」の暫定結果が CQ−M のサイトで発表されている。
 参加した「 B6: SOAB LP CW 」部門で 277/314 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.cq-m.ru/en/results/134-preliminary-results-cq-m-2014.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B6: SOAB LP CW
188 Pts x 28 Cntry = 5264
Clamed Score: 5,264 Point

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
       Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
       Same country - 1 point
       Different Country, Same Continent - 2 points
       Different Continent - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band
0

2014/11/5

Russian DX Contest 2014 の結果発表  CW DX
Russian DX Contest 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS: 2014, 1200Z, Mar 15 to 1200Z, Mar 16 (15 Mar 21:00 - 16 Mar 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.rdxc.org/asp/pages/rulesg.asp
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1637.html

 「 Russian DX Contest 2014 」の結果が RDXC のサイトで発表されている。
 参加した「 Single Operator All Band CW Low Power (SOAB - CW-LP) 」部門で 192/422 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.rdxc.org/results/2014/results.asp )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator All Band CW Low Power (SOAB - CW-LP)
2003 Pts x ( 88 Ctry + 76 Oblst ) = 328492
Clamed Score: 328,492 Points

POINTS: Russian stations:
               QSO with your own country (Russia on your continent) - 2 points,
               QSO with Russia on another continent - 5 points,
               QSO with a different country on your continent - 3 points,
               QSO with another continent - 5 points.
       Non-Russian stations:
               QSO with Russian station - 10 points,
               QSO with your own country - 2 points,
               QSO with a different country on your continent - 3 points,
               QSO with another continent - 5 points.
       5 points per QSO with /MM
MULTIPLIERS: Each oblast once per band
          Each country once per band
              (Kaliningrad (UA2) is a separate DXCC entity and a separate Oblast)

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ