2015/1/13

第33回オール埼玉コンテスト  CW 国内
第33回オール埼玉コンテスト
開催日時:2015年1月12日(祝) 09:00 〜 15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/saitama/contest/rule/33ST.html

 12日朝、09:35頃から運用を開始する。まず、7MHzに出る。全国に開けている全般的に信号が弱くバンドが静かに感じる。
 埼玉県内局も多数聞えるので順次呼んでゆく。強力な2・3の局以外はそれほど呼び合いにならず、局数が伸びる。
 一通りQSOして、10:00少し過ぎからハイバンドに出る。
 14MHzノイズが多いが、何局かの県内局が聞えるので順次呼んでゆく。
 21MHz2・3聞えるが、こちらの電波が届かない。何とか2局とQSOできる。
 その後は7MHzに戻り、時々ハイバンドを覗きに行く。
 正午合計45QSO。QSOできたマルチ7MHz1317・1310・130089・1309・1332・134404・130087・1318・1308・1330・1321・134407・1341・130062・134406・1314・1311・1303・1336・1322・1302・1331・134408・1339・134402・1319
 14MHz1309・134405・1319・1322・130089・1333・134404・13440821MHz134404・1333

 午後12:45から運用を再開する。ハイバンドはほとんど信号が聞えないので、7MHzをメインにして時々ハイバンドを覗きに行く。
 聞えるのはQSOした局県外局のCQがほとんどで、新しい局はなかなか見つからない。それに、新しい局が出るとパイルアップ状態となり、なかなか応答が得られない。
 14:30から3.5MHzに出る。2・3信号が聞えるが、こちらの電波が届かない
 次第に信号が強くなってくるが、JA1あたりの局が呼んでおり、歯が立たない。
 コンテスト終了間際に何とかJA1YYE/1とQSOできる。
 合計55QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチは、3.5MHz1300897MHz130026・134401・1325・134403

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 シングルオペ、HFバンド (X-SHF)
110 Pts x 41 市区町村 = 4510
Clamed Score: 4,510 Point

得点: 電信 ←→ 電信 ・・・・・・ 2点
     電話 ←→ 電話(電信) ・・ 1点
          ただし次の場合は得点とならない。
            県外局どうしの交信
            同一バンドにおける重複交信(同一局との2回以上の交信)
            同一バンドではモードが異なっても任意の1交信のみ有効
マルチプライヤー: 県内局・・ 完全な交信をおこなった異なる都府県支庁数,および埼玉県内の市区町村数
             県外局・・ 完全な交信をおこなった異なる埼玉県内の市区町村数
0

2015/1/13

2015年 オール熊本コンテスト  CW 国内
2015年 オール熊本コンテスト
開催日時:2015年1月11日(日) 09:00 〜 18:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/kmtest/

 11日朝、09:40から運用を開始する。同時に「UBA PSK63 Prefix Contest」が開催されているが、午前中はQSOできる見込みがほとんど無いので「オール熊本コンテスト」に専念する。
 まず、7MHzに出る。何局か熊本県内局が聞えるので順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてからハイバンドを覗きに行く。
 14MHz県内局が何局が聞えるので順次呼んでゆく。全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 21MHzは最初はJR6IKDCQしか聞えなかったが、11:00を過ぎると2・3聞こえ出す。28MHzJA6GCEとQSOできただけ。
 正午合計17QSO。QSOできたマルチ7MHz43002・430105・43010・4300714MHz4303・43002・43010・43003・43001・430821MHz430104・43010・4302・4300128MHz43010

 午後13:00から運用を再開する。21MHzDXが聞こえ出したので、「UBA PSK63 Prefix Contest」掛け持ちをし、PSKバンド国内コンテストバンドを行き来する。
 QSOした局が多くなり、新しい局はなかなか見つからない。
 16:30頃から3.5MHzに出る。何局か熊本県内局が聞こえるが、呼び合いとなってなかなか応答が得られない。
 その内にコンテスト終了の18:00となる。合計29QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz43003・43001・43002・4302・430107MHz43001・4300314MHz4306・430221MHz43002

 ハイバンドのコンディションが良かったので、昨年の1位に近いスコアとなった。他局もこれ以上にやっているだろうから、上位に食い込むのは無理だろう。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信 個人局 マルチバンド (GCM)
29 Pts x 25 市郡区 = 725
Clamed Score: 725 Point

得点: アマチュア局=各バンドごとに異なる局との交信1点
       SWL局=各バンドごとに異なる局の受信1点
           但し同一バンドで同一局でも電話と電信での交信はそれぞれ有効とする
マルチプライヤー: 県内局=熊本県以外の異なる都府県支庁及び熊本県内の市郡
              県外局=熊本県内の市郡
0

2015/1/13

UBA PSK63 Prefix Contest  PSK
UBA PSK63 Prefix Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jan 10 to 1200Z, Jan 11 (10 Jan 21:00 - 11 Jan 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.uba.be/en/hf/contest-rules/uba-psk63-prefix-contest-rules

 10日夜、1200 UTC から運用を開始する。しかし、各バンドとも全く信号は聞えてこない。すぐに今夜の運用を終わる

 11日午前中は、09:00から始まった「オール熊本コンテスト」に専念する。

 午後0400 UTC から運用を開始する。引き続き「オール熊本コンテスト」に主力を置いて、時々PSKバンドを覗きに来る。
 0500 を過ぎると21MHzでヨーロッパ方面が聞こえ出すが、QSOできる局は少ない。
 夕食時合計11QSO。QSOできたマルチ21MHzRA0・UN7・JF3・YC2・YD4・UT6・EM2・UA6・R3・RA4

 夕食後1000 から運用を再開するが、こちらの電波が届かないので、すぐに運用を終わる。結局、合計11QSOコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Single Band 15m (SO15)
11 Pts x 11 Prefix = 121
Clamed Score: 121 Point

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Each Prefix once on each band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ