2015/5/6

第25回静岡コンテスト  CW 国内
第25回静岡コンテスト
開催日時: 平成27年5月4日(祝)12:00 〜 20:00
           運用時間はバンド毎に、HFローバンド:17:00 〜 20:00
                      (ただし7MHzは14:00 〜 20:00)
                      VHF/UHF/SHF:14:00 〜 17:00
                      HFハイバンド:12:00 〜 15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/shizuoka/25kiyaku.pdf
URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1505.htm#0504shizuoka

 4日午後、13:00から運用を開始する。この時間帯で運用できるのはHFハイバンドだけなので14・21・28MHzを行き来する。
 しかし、信号は一向に聞えてこない。その後もワッチを続けるが信号は聞えてこない。
 14:00となり7MHzで運用できるようになったので7MHzに変わる。さすがに賑やかである。聞える局を順次呼んでゆくが、呼び合いになりなかなか応答が得られないことが多い。
 14:55頃、14MHzを覗くと2・3信号が聞えるノイズが多くQSBもあるのでなかなかコピーできない。それに呼んでもこちらの電波が届かない。何とか2局とQSOできる。
 しかし、すぐにハイバンドで運用できる時間が終了する折角コンディションが良くなったのに残念である。7MHzに戻るが新しい局がなかなか見つからない。
 17:00を過ぎてローバンドで運用できるようになる。3.5MHzに変わるがあまり信号は聞えてこない。その後もワッチを続け、時々7MHzを覗きに行く。
 夕食時合計35QSO。QSOできたマルチ3.5MHzMR・FJ・AO・FM・IZ・AT7MHzFE・OY・FJ・MI・SG・AT・KS・NK・HK・SM・IZ・YZ・NH・MH・AO・FR・SI14MHzSG・IZ
 
 夕食後19:30頃から運用を再開する。引き続き3.5MHzに出る。新しい局はあまり聞えてこない。その内にコンテスト終了の20:00となる。
 合計40QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ3・5MHzNK・KS、だけ。
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 電信 シングルオペ オールバンド (CMX)
40 Pts x 27 市区町 = 1080
Clamed Score: 1,080 Point

得 点: 完全な1交信につき、1.9MHz〜430MHz:1点、1200Mz:3点、2400MHz:5点、
                  5600MHz:10点、10GHz以上:20点。
        430MHz以下のバンドでQRP局と交信した場合、その交信の得点を2倍(2点)にする。
        QRP局は430MHz以下のバンドでの交信の得点を2倍(2点、QRP局同士は4点)にする。
                  同一局と同一バンドでの交信は、電信と電話それぞれ1交信ずつ有効とする。
マルチプライヤー: 県内局:静岡県内の異なる市区町の数+都府県支庁の数
              県外局:静岡県内の異なる市区町の数
0

2015/5/4

第37回東京コンテスト  CW 国内
第37回東京コンテスト
開催日時: 2015年5月3日 (祝) 09:00 〜 15:00
規約: URL:http://www.jarl-tokyo.com/kiyaku_tokyo.html

 3日朝、09:15頃から運用を開始する。同時に「ARI International DX Contest」「7th Call Area QSO Party」が開催されているが、しばらくはこのコンテストに主力を置く。
 まず、21MHzJA8FET(01)が強力に聞え、呼ぶとすぐに応答がある。この調子でQSOできるかとワッチを続けるが一向に信号は聞えてこない。
 11:00を過ぎると2・3JA1あたりが聞こえ出すが、ノイズが多くなかなかコピーできない。それに呼んでもこちらの電波が届かない
 正午合計5QSO。QSOできたマルチ21MHz01・25・13・12144MHz24

 午後13:00少し前から運用を再開する。21MHz28MHz2・3信号が聞えるが、こちらの電波が届かない
 信号のピークとうまくタイミングが合えば何とかQSOできる。楽にQSOできたのは21MHzでのJG8NQJ/JD1(307)だけ。
 14:00を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出したので、「ARI International DX Contest」に主力をおき、コンテストを終わる
 合計10QSO。その後QSOできたマルチ21MHz101・19・307・2728MHz13

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 都外電信 マルチバンド
12 Pts x 10 市区町村島・道府県 = 120
Clamed Score: 120 Point

得 点: 完全な交信で相手局が都内局の場合は2点、都外局は1点
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都内の市区町村島と道府県数
0

2015/5/4

7th Call Area QSO Party  CW DX
7th Call Area QSO Party
CONTEST PERIODS: 1300Z, May 2 to 0700Z, May 3 (May 2 22:00 - May 3 16:00 JST)
RULES: URL:http://ws7n.net/7QP/new/Page.asp?content=rules

 2日夜、1300 から同時に開催されている「ARI International DX Contest」を中断して、このコンテストに主力を置く。
 まず、7MHzに出る。何局かの「CQ 7QP」が聞えるので順次呼んでゆく。30分ほどすると新しい局が聞えてこなくなり、信号も弱くなったので14MHzに変わる。
 14MHz北米方面に開けるのを期待したが、信号は全く聞えてこない。諦めて 1415 で今夜の運用を終わる合計9QSO。QSOできたマルチ7MHzAZYVP・ORCUR/DOU・NVSTO・ORWSH・ORDES・WAKNG

 3日朝2040 頃から「ARI International DX Contest」と掛け持ちをして運用を開始する。
 21MHzで2・3「CQ 7QP」が聞えるので順次呼んでゆく。時々14MHzや28MHzを覗きに行くがQSOできたのは14MHzN7KE(WAKNG)だけ。
 2330 で朝食のため一休みする合計15QSO。その後QSOできたマルチ14MHzWAKNG21MHzWASPO・WASKG・WACLL・WACLR・ORDES・WASKM
 
 朝食後、09:00から「東京コンテスト」が始まったので、その後は「東京コンテスト」の合間にDXバンドを覗きに行く。しかし、その後は「CQ 7QP」全く聞えず、結局、合計15QSOでコンテストを終わる


 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op CW Low Power
45 Pts x 14 Counties = 630
Clamed Score: 630 Point

POINTS: 2 points per SSB QSO
       3 points per CW/Digital QSO
MULTIPLIERS: 7th area stations multiply QSO points by states (50)
                           provinces (13)
                           DXCC entities (maximum 10).
       Non-7th-area stations multiply QSO points by 7th area counties worked (259)
0

2015/5/4

ARI International DX Contest  Digi/CW DX
ARI International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 2 to 1159Z, May 3 (May 2 21:00 - May 3 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.ari.it/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=250&Itemid=270&lang=en

 2日夜、1200 UTC から運用を開始する。各バンドをチェックすると21MHzでヨーロッパ方面に開けているので、21MHzに出る。
 21MHzCWよりもRTTYの方が賑やかなので、まず、RTTYに出る。主催のイタリアの局も何局か聞えるので順次呼んでゆく。
 30分ほどしてCWに変わる。こちらも賑やかになってイタリアの局ともQSOできる。
 1300 から「7th Call Area QSO Party」が始まったので、しばらくは「7th Call Area QSO Party」に主力を置く。
 1415 ごろに今夜の運用を終わる合計16QSO。QSOできたマルチ14MHzUA921MHzTN・VR・DL・TV・GE・UR・UA9・FI・VE・MI・CN・UN・CT・JT・OH

 3日朝2030 から運用を開始する。14MHzでヨーロッパ方面に開けているので聞える局を順次呼んでゆく。しかし、すぐにこちらの電波が届かなくなったので、その後は「7th Call Area QSO Party」に主力を置く。2110 頃から一休みする
 2230 から運用を再開する。局数は少ないが2・3信号が聞える。呼ぶと何とかQSOできる。「7th Call Area QSO Party」を狙って時々21MHzと28MHzを覗きに行く。
 2330 で朝食のため一休みする合計24QSO。その後QSOできたマルチ14MHzVE・RN・4X・BM・CN・JA・LA21MHzYB

 朝食後0015 頃から運用を再開する。09:00から「東京コンテスト」が始まったので「東京コンテスト」に主力をおき、時々DXバンドを覗きに来る。
 正午合計27QSO。その後増えたマルチ14MHzYB・JT、だけ。

 午後は同様に「東京コンテスト」に主力を置いて時々DXバンドを覗きに来る。
 0600「東京コンテスト」が終わったので、その後はこのコンテストに専念する。
 0700 を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が好調となる。聞える局を順次呼んでゆく。
 夕食時合計55QSO。その後QSOできたマルチ21MHzS5・UA・YO・HA・LI・YL・SP・OK・ES・PR・UD・VI・OZ

 夕食後1025 頃から運用を再開する。まず、14MHzに出るが信号があまり聞えてこないので、すぐに21MHzに変わる。
 21MHzRTTYが好調イタリアの局ともかなりQSOできる。その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計73QSO。その後QSOできたマルチ14MHzES・K・9M621MHzPG・CS・AN・GW・BG・BE・FE・VO・F。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator - MIXED - LOW POWER
392 Pts x ( 28 Cntry + 23 Prov ) = 19992
Clamed Score: 19,992 Point

POINTS: 0 points per QSO with same country (but is good for the multipliers credit)
       1 point per QSO with different country same continent
       3 points per QSO with different continent
       10 points per QSO with I/IS0 stations
MULTIPLIERS: Each Italian province(110) once per band
          Each DXCC country(except I & IS0) once per band
0

2015/5/2

BARTG RTTY HF Contest 2014 の結果発表  RTTY
BARTG RTTY HF Contest 2014 の結果発表
CONTEST PERIODS:2014, 0200Z, Mar 15 to 0200Z, Mar 17 (15 Mar 11:00 - 17 Mar 11:00 JST)
RULES: URL:http://s3.spanglefish.com/s/7850/documents/contests/hf/rules/bartg-hf-rtty-contest-rules.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1636.html

 「 BARTG RTTY HF Contest 2014 」の結果が BARTG のサイトで発表されている。
 参加した「 Single Operator All Band 」部門で 304/474 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://bartg.rsgbcc.org/cgi-bin/hfresults.pl?Contest=BARTG%20HF%20Contest&year=2014 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator All Band
127 Pts x ( 56 Ctry + 29 CallArea ) x 4 Conti = 43180
Clamed Score: 43,180 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once per band (including JA, W, VE and VK)
          JA, W, VE and VK areas once per band
          Continents once regardless of band
0

2015/5/1

ARI International DX Contest 2014 の賞状受領  CW DX
ARI International DX Contest 2014 の賞状受領
CONTEST PERIODS:2014, 1200Z, May 3 to 1159Z, May 4 (May 3 21:00 - May 4 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.ari.it/images/stories/ContestHF/ARI_International_DX_Contest_2014_Rules.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1676.html
          http://sun.ap.teacup.com/contest/1867.html

 「 ARI International DX Contest 2014 」の賞状の .pdf ファイルが ARI からメールで送られてくる。
 参加した「 Single Operator CW LOW POWER 」部門・JA 4位 、とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

 結果等関連ページをご覧ください。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ