2015/5/11

関西VHFコンテスト  CW 国内
関西VHFコンテスト
開催日時: 2015年5月9日(土)21:00 〜 10日(日)12:00
規約: URL:http://www.tcn.zaq.ne.jp/akaal304/15kanVkiyaku.pdf

 9日夜、21:00から運用を開始する。同時に「CQ-M International DX Contest」・「VOLTA RTTY DX CONTEST」・「オール山口コンテスト」が開催されているが、しばらくはこのコンテストに専念する。
 28・50・144MHzを行き来する。ほとんどが管内局であるが、聞える局を順次呼んでゆく。時々CQを出すがあまり呼ばれない。
 23:00で今夜の運用を終わる合計44QSO。ほとんどがマルチにもなる。QSOできた管外局50MHz36・37144MHz37、だけ。

 10日朝06:00頃から運用を開始する。このコンテストに主力を置いて、時々「CQ-M International DX Contest」・「VOLTA RTTY DX CONTEST」・「オール山口コンテスト」のために7MHzDXバンドを覗きに行く。
 08:15で朝食のため一休みする合計72QSO

 朝食後09:10頃から運用を再開する。同様に28・50・144・430MHzを行き来し、時々7MHzDXバンドを覗きに行く。
 11:30も過ぎてこのコンテストの終了時刻が迫ったので、しばらくはこのコンテストに専念する。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計98QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管内局 電信部門 シングルオペマルチバンド (KCM)
98 Pts x 91 市郡区・都県支庁 = 8918
Clamed Score: 8,918 Point

得 点: 1交信1点。
          ただし、同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
マルチプライヤー: 管内局:管内の異なる市郡区および管外の都県支庁
             管外局:管内の異なる市郡区
0

2015/5/11

第14回オール山口コンテスト(HF部門)  CW 国内
第14回オール山口コンテスト(HF部門)
開催日時: 2015年5月9日(土)18:00 〜 24:00
             10日(日)06:00 〜 15:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1505.htm#0509yamaguchi
         http://jarl33yamaguchi.jimdo.com/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC/%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%97%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AE%E8%A1%8C%E4%BA%8B/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%9B%9E%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E8%A6%8F%E7%B4%84/

 9日夜、18:50頃から運用を開始する。まず、7MHzに出る。全国的に開けており、JA4方面も何局か聞える。
 聞える局を順次呼んでゆくが、全国から呼ばれており、呼び合いになってなかなか応答が得られないことも多い。
 一通りQSOして、19:10頃から3.5MHzに出る。「CQ YG TEST」はあまり聞えてこないので、以後は3.5MHzと7MHzを行き来する。
 21:00から「CQ-M International DX Contest」・「VOLTA RTTY DX CONTEST」・「関西VHFコンテスト」スタートしたのでこれらのコンテストと掛け持ちをする。
 23:00で今夜の運用を終わる合計28QSO。ほとんどがマルチにもなる

 10日朝06:00頃から運用を開始する。しかし、聞えるのはQSOした局ばかりなので、以後は「CQ-M International DX Contest」・「VOLTA RTTY DX CONTEST」・「関西VHFコンテスト」主力を置く
 10:15頃、14MHzを覗くとJA4方面弱いながらも何局か聞えるので、順次呼んでゆく。21MHz・28MHzでもかすかに聞えるがこちらの電波が届かない
 正午合計35QSO

 午後コンテストの終了時刻が迫ってきたので14:30頃から7MHzに出る。新しい局も2・3聞えるので順次呼んでゆくが、パイルアップ状態でなかなか応答が得られない。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計38QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: エリア外局 電信 HF (GHC)
55 Pts x 35 山口県市町・中国地方市郡区 = 1925
Clamed Score: 1,925 Point

得 点: 各バンドごとの完全な一交信につき1点。
      山口県内局との交信は一交信につき2点。
             同一種目、同一バンド内での重複交信は認めない
             社団局の場合は、電信と電話の重複交信を認める
マルチプライヤー: 各バンドで得た都府支庁県数
                       中国地方市郡区数
                       山口県内の市町数
0

2015/5/11

49th ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST  RTTY
49th ALESSANDRO VOLTA RTTY DX CONTEST
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 9 to 1200Z, May 10 (May 9 21:00 - May 10 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.contestvolta.com/Volta49ww.pdf

 9日夜から「CQ-M International DX Contest」・「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」が同時に開催されている。このうち、「オール山口コンテスト」「関西VHFコンテスト」主力を置いて、合間にDXバンドを覗きに来る。
 10日朝、2250 UTC 頃、21MHzを覗いてみると北米方面が2・3聞えるので聞える局を順次呼んでゆく。他にはあまり聞えてこないので、その後は「オール山口コンテスト」「関西VHFコンテスト」主力を置く

 10日午後になり、「関西VHFコンテスト」が終わり、「オール山口コンテスト」も新しい局があまり聞えてこなくなったので、「CQ-M International DX Contest」このコンテストに主力を置く
 0500 を過ぎると21MHz28MHzヨーロッパ方面が時々浮き上がってくるがあまりQSOできない。
 夕食時合計18QSO

 夕食後1030 頃から運用を再開するが、信号はあまり聞えてこない。諦めて以後は「CQ-M International DX Contest」主力をおき、コンテストを終わる
 合計18QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SINGLE-OP ALL
367 Pts x ( 10 Cntry + 5 CallArea ) x 18 QSO = 99090
Clamed Score: 99,090 Point

POINTS: Contacts between stations within the same country(call area) will not be valid.
       Contacts made outside one's own continent on 3.5 or 28 MHz are worth double points.
MULTIPLIERS: Each country(DO NOT COUNT JA-VE-VK-W-ZL) plus each call-area in JA-VE-VK-W-ZL, once per band
          Each country on a different continent worked on at least 4 bands once (extra mult)
0

2015/5/11

CQ-M International DX Contest  CW DX
CQ-M International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 9 to 1159Z, May 10 (May 9 21:00 - May 10 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.cq-m.ru/en/rules/140-58th-cq-m9.html

 10日朝、2100 UTC から運用を開始する。まず、14MHzに出る。ヨーロッパ方面が2・3聞えるので聞える局を呼ぶ。他にはあまり聞えてこないので、その後は「オール山口コンテスト」「関西VHFコンテスト」に主力を置く。
 9日夜から「VOLTA RTTY DX CONTEST」・「オール山口コンテスト」・「関西VHFコンテスト」が同時に開催されている。このうち、「オール山口コンテスト」「関西VHFコンテスト」に主力を置いて、合間にDXバンドを覗きに来る。

 10日午後になり、「関西VHFコンテスト」が終わり「オール山口コンテスト」新しい局があまり聞えてこなくなったので、「VOLTA RTTY DX CONTEST」このコンテストに主力を置く。
 0400 を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。28MHzでもヨーロッパ方面が時々浮き上がってくる。
 夕食時合計54QSO

 夕食後1030 頃から運用を再開する。依然ヨーロッパ方面に開けているが、次第にこちらの電波が届かなくなる。
 1050 頃から14MHzに出る。北米方面に開けているようであるがノイズが多く、あまり信号は聞えてこない。諦めて 1100 コンテストを終わる
 合計60QSO
 
 いつもスコアの計算が大幅に異なるので、コンテスト終了後得点やマルチを洗いなおしてみる。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB CW LP
139 Pts x 35 Cntry = 4865
Clamed Score: 4,865 Point

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
       Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
       Same country - 1 point
       Different Country, Same Continent - 2 points
       Different Continent - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ