2015/7/13

第9回オール青森コンテスト  CW 国内
第9回オール青森コンテスト
開催日時: 平成27年7月11日 15:00 〜 12日 15:00
規約: URL:http://ja702.sakura.ne.jp/sblo_files/jarlaomori/image/E99D92E6A3AEE79C8CE694AFE983A8E382B3E383B3E38386E382B9E38388E8A68FE7B484EFBC88E7ACACEFBC99E59B9EE382AAE383BCE383ABE99D92E6A3AEE382B3E383B3E38386E382B9E38388EFBC89.pdf
         http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1507.htm#0711aomori

 11日午後、15:10頃から運用を開始する。21MHz28MHz2・3信号が聞えるので、両バンドを行き来する。
 コンディションは不安定QSBがあるが、ピークの時に呼べば何とかQSOできる。一通りQSOすると、その後は新しい局は聞えてこない。
 その後も7MHzから50MHzまで、各バンドのワッチを続けるが新しい局は聞えてこない。
 夕食時合計6QSO。QSOできたマルチ21MHz0201・021828MHz0202・0201・0218

 夕食後19:00から運用を再開する。3.5MHzと7MHzを中心に、各バンドをワッチするが「CQ AM TEST」は全く聞えてこない。
 21:00から「IARU HF World Championship」が始まったので、そちらに主力を置いて、時々国内コンテストバンドを覗きに行く。
 3・5MHzと7MHzコンディションが悪いこともあるが、「CQ AM TEST」全く聞えてこない

 12日「IARU HF World Championship」サーチのついでに国内コンテストバンドを覗くがほとんど「CQ AM TEST」は聞えてこない。
 正午までに3局とQSOできて合計9QSOとなる。その後QSOできたマルチ14MHz0218・020221MHz0202

 午後「IARU HF World Championship」の合間に国内コンテストバンドを覗くが、新しい局は聞えてこない。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。その後は全くQSOできず、結局、合計9QSOでコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 電信 個人局 HFマルチバンド (WMH)
9 Pts x 8 市町村 = 72
Clamed Score: 72 Point

得 点: 完全な交信1点
          *同一バンド同一交信局でもモードが違えば電信電話おのおの得点計上可

マルチプライヤー: 県内局=完全な交信をおこなった相手局の運用地点である県内の市町村及び県外の都府県地域
             県外局=完全な交信をおこなった青森県内の異なる市町村
0

2015/7/13

IARU HF World Championship  CW DX
IARU HF World Championship
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 11 to 1200Z, Jul 12 (Jul 11 21:00 〜 Jul 12 2100 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/iaru-hf-championship

 11日夜、1200 UTC から運用を開始する。まず、21MHzに出る。ヨーロッパ方面に開けているが、信号はあまり強くない。聞える局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてから14MHzに変わる。近場のほかに南米ヨーロッパの局2・3聞えるがコンディションは今ひとつ
 1330 頃から7MHzに出る。7MHz近場の他に北米西海岸方面に開けている。
 1400 で今夜の運用を終わる合計55QSO。QSOできたマルチ7MHz06・45・CRAC・44・34・02・61・JARL・IARU14MHz61・54・14(CE3CT)・44・29・RCA・34・JARL・23・PARA・CRAC・06・07・31・4521MHz21・31・49・28・30・42(BD0AAI)・44・32

 12日朝1945 頃から運用を開始する。ヨーロッパ方面を期待して7MHzに出るが、少し遅かったようで、全般的に信号が弱くこちらの電波が届かない。何とかR3ZZとQSOできるが、すぐに諦めて14MHzに変わる。
 14MHzヨーロッパ方面に開けており賑やかである。聞える局を順次呼んでゆく。合間に3・5MHzに出てJARLのマルチをいただく。他にJAが出ていないかしばらくワッチするが何も聞えてこない。すぐに14MHzに戻る。
 次第にこちらの電波が届かなくなったので 2100一休みする合計71QSO。QSOできたマルチ3.5MHzJARL7MHz2914MHz28・SRS・ZRS・MRASZ・OVSV

 朝食後0020 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。各バンドとも聞えるのは近場ばかり。
 正午合計128QSO。QSOできたマルチ14MHzRAST・49・3021MHz45・CARC・CARS・54・JARL・34・RAST・59・64・3328MHzRAST・49・32・44・34・59

 午後0500 少し過ぎから運用を再開する。14MHzヨーロッパ方面に開けている。信号は強くないが呼べばすぐに応答がある。
 0700 を過ぎると21MHzでもヨーロッパ方面が好調となる。
 0800 を回ると14MHzでは北米西海岸方面が聞こえ出す。
 夕食時合計188QSO。その後QSOできたマルチ7MHzARRL14MHzUARL・SARL・DARC・EDR・LRMD・USKA・UBA・ARABH・01・27・RSGB・CRC・63(E51RAT)21MHzSRS・FRR・61・BFRA・HRS・CRC・55・43・OVSV・PZK・RSM

 夕食後1015 から運用を再開する。7・14・21MHzを行き来する。7MHz北米西海岸方面14MHz近場だけ、21MHzヨーロッパ方面。いずれも信号はあまり強くないが、呼べば応答がある。参加局が少ないのかあまり呼び合いにならないようである。
 その内にコンテスト終了1200 となる。合計234QSO。その後増えたマルチ7MHz07・5414MHzLABRE・42・CTARL・3221MHzUARL・ZRS・REF・27・18・SRR・USKA・LRAL・UBA・37(EA6URA)

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op CW Low Power
760 Pts x ( 54 Zone + 46 HQ ) = 76000
Clamed Score: 76,000 Point

POINTS: 1 point per QSO with same zone or with HQ stations
       3 points per QSO with different zone on same continent
       5 points per QSO with different zone on different continent

MULTIPLIERS: Each ITU zone once per band
          Each IARU HQ and each IARU official once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ