2015/8/31

2015年8月 CONTEST MENU  
2015年8月 CONTEST MENU



The Grid Dip psk-rtty Shindig (2041)
  0000Z to 2400Z, Aug 1

○North American QSO Party, CW
  1800Z, Aug 1 to 0600Z, Aug 2

第58回フィールドデーコンテスト (2042)
  8月1日 18:00 〜 2日 12:00

2015 ARRL Inter. DX Contest, CW の結果発表 (2043)
  2015, 0000Z, Feb 21 to 2359Z, Feb 22
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1911.html

DRCG WW RTTY Contest 2015 の結果発表 (2044)
  2015, 1600Z to 2359Z, Jun 13
     0800Z to 1559Z, Jun 14
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1998.html

第38回オール旭川コンテストの結果発表 (2045)
  平成27年6月13日 21:00 〜 14日 15:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2000.html

第27回オール岡山コンテストの賞状受領 (2046)
  2014年9月14日 09:00 〜 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1788.html
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1856.html

WAE DX Contest, CW (2047)
  0000Z, Aug 8 to 2359Z, Aug 9

第41回JARL奈良県支部V/UHFコンテスト (2048)
  8月8日
      28MHz    19:00〜20:00
      50MHz    20:00〜21:00
     144MHz    21:00〜22:00
     430MHz    22:00〜23:00
    1200MHz&UP 23:00〜24:00
  8月9日
    1200MHz&UP 08:00〜09:00
     430MHz    09:00〜10:00
     144MHz    10:00〜11:00
      50MHz    11:00〜12:00
      28MHz    12:00〜13:00

○JA9コンテストVU 2015
  8月8日 21:00 〜 9日 12:00

第9回オール青森コンテストの結果発表 (2049)
  平成27年7月11日 15:00 〜 12日 15:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2023.html

2015年度石狩後志支部コンテストの結果発表 (2050)
  平成27年6月6日 21:00 〜 7日 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1990.html

第10回山梨コンテストの結果発表 (2051)
  2015年6月7日 10:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1994.html

2015 Russian DX Contest の結果発表 (2052)
  2015, 1200Z, Mar 21 to 1159Z, Mar 22
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1932.html

2015年 ALL JA0 21/28MHzコンテストの賞状受領 (2053)
  平成27年6月6日 09:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1987.html
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2019.html

SARTG WW RTTY Contest (2054)
  0000Z to 0800Z, Aug 15
  1600Z to 2400Z, Aug 15
  0800Z to 1600Z, Aug 16

Russian District Award Contest (2055)
  0800Z, Aug 15 to 0800Z, Aug 16

○North American QSO Party, SSB
  1800Z, Aug 15 to 0600Z, Aug 16

第36回KCJコンテスト (2056)
  8月15日 21:00 〜 16日 21:00

第27回 ALL JA1 コンテストの結果発表 (2057)
  2015年6月7日 09:00 〜 20:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1992.html

第38回 オール三重33コンテストの結果発表 (2058)
  2015年5月5日 08:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1961.html

第39回宮崎コンテストの結果発表 (2059)
  平成27年6月6日 18:00 〜 7日 18:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/1989.html

Hawaii QSO Party (2060)
  0400Z, Aug 22 to 0400Z, Aug 24

YO DX HF Contest (2061)
  1200Z, Aug 29 to 1159Z, Aug 30

SCC RTTY Championship (2062)
  1200Z, Aug 29 to 1159Z, Aug 30

第41回オール佐賀コンテスト (2063)
  8月29日 21:00 〜 30日 21:00



0

2015/8/31

第41回オール佐賀コンテスト  CW 国内
第41回オール佐賀コンテスト
開催日時:2015年8月29日 21:00 〜 30日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1508.htm#0829saga

 29日夜、21:00 ( 1200 UTC ) からは「YO DX HF Contest」・「SCC RTTY Championship」・「オール佐賀コンテスト」同時にスタートする。
 21:00 から「SCC RTTY Championship」掛け持ち運用を開始する。CWバンドとRTTYバンドを交互に運用する。
 7MHz佐賀県の局も何局か聞えるが、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。しかし、30分もすると新しい局は聞えてこない
 22:50頃から3.5MHzに変わるが聞えるのはJP6NWR/6(4103)だけ。他には聞えこない。
 23:00からは「YO DX HF Contest」と「SCC RTTY Championship」に出る。
 23:30で今夜の運用を終わる合計6QSO。QSOできたマルチ3.5MHz41037MHz4103・41003G・4109・41003D・4101

 30日朝09:50頃から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。Eスポが発生しているのかJA6/8あたりが入感するが佐賀県の局はあまり聞えてこない。
 正午合計16QSO。QSOできたマルチ14MHz41003G・4101・410421MHz41003G・410528MHz4105・41003G

 午後14:00から運用を再開するが、各バンドとも新しい局は全く聞えてこない
 結局夕食時までに7MHzで2局とQSOできただけ。合計16QSO。増えたマルチ7MHz41008A・4105

 夕食後19:00から運用を再開する。3・5MHzに出るがQSOできたのはJR6CSY/6(41003G)だけ。
 19:30で諦めて、その後は「YO DX HF Contest」と「SCC RTTY Championship」主力を置く。結局、合計17QSOコンテストを終わる
 JR6CSY/6とは3.5MHz 〜 28MHz5バンドでQSOできる。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信部門 シングルオペ・マルチバンド
17 Pts x 16 市町 = 272
Clamed Score: 272 Point

得点: 完全な交信1点。同一局との交信は,異なるバンドごとに得点を認める。同一バンドであってもモードが異なれば得点とする。
マルチプライヤー:県内局:各バンドごとに得た佐賀県を除く都府県支庁および佐賀県内の市町(60+20)
            県外局:各バンドごとに得た佐賀県内市町数(10市10町))
0

2015/8/31

SCC RTTY Championship  RTTY
SCC RTTY Championship
CONTEST PERIODS: 1200Z, Aug 29 to 1159Z, Aug 30 (29 Aug 21:00 〜 30 Aug 20:59 JST)
RULES: URL:http://lea.hamradio.si/scc/rtty/rttyrules.htm

 29日夜、1200 UTC からは「YO DX HF Contest」・「SCC RTTY Championship」・「オール佐賀コンテスト」同時にスタートする。
 1200 から「オール佐賀コンテスト」と掛け持ちで運用を開始する。CWバンドとRTTYバンドを交互に運用する。
 7・14・21MHzを行き来する。21MHzは当初ヨーロッパ方面に開けていたがすぐに聞えなくなる。14MHzヨーロッパ方面に開けているがQSOできる局数は少ない。国内局も時々強力に聞えてくる。国内局は得点は少ないがマルチには有効なのでありがたい。
 7MHzはしばらくは国内局を目当てにCQを出す。
 1300 からは「YO DX HF Contest」と掛けもちをする。
 1430 で今夜の運用を終わる合計26QSO。ほとんどがマルチにもなる

 30日朝2200 頃から運用を開始するが、コンディションが悪くほとんどQSOできない。すぐに朝食のため一休みする
 朝食後0100 から「オール佐賀コンテスト」と掛け持ちで運用を開始する。コンディションが悪く近場しか聞えてこない。
 正午合計35QSO

 午後0500 から「オール佐賀コンテスト」と掛け持ちで運用を再開する。14MHz国内局が強力に聞えるのでしばらくCQを出す。
 夕食時合計50QSODXでなくてもマルチが得られるので、兎に角局数を伸ばすしか手はない。

 夕食後1030 頃から運用を再開する。7MHz国内局で賑やかなので、専らCQを出す
 その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計72QSO

 QSOできたマルチは;

   19-・ ・ ・ ・ 54 ・ ・ 5759
   19-60 ・ 62 63 64 65 66 67 68
   19-70 71 72 73 74 ・ 76 ・ 78 79
   19-80 81 82 83 ・ 85 86 87 ・ ・
   19-・ 91 ・ ・ 94 95 96 ・ 98 ・
   20-・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 08 ・
   20-・ 11 12 ・ 14 15

  1バンドでQSO:黒  2バンドでQSO:青  3バンドでQSO:赤


  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 2) SINGLE-OP ALL LOW
152 Pts x 57 Year = 8664
Clamed Score: 8,664 Point

POINTS: 1 point per QSO with same country
       2 points per QSO with same continent, different country
       2 points per QSO between different W, VE, VK, ZL, ZS, JA and PY call areas, LU provinces and Asiatic Russia UA9/UA0 oblasts
       3 points per QSO with different continent
MULTIPLIERS: different four digits of the year once per band
0

2015/8/31

YO DX HF Contest  CW DX
YO DX HF Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Aug 29 to 1159Z, Aug 30 (29 Aug 21:00 〜 30 Aug 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.yodx.ro/en/english

 29日夜、1200 UTC からは「YO DX HF Contest」・「SCC RTTY Championship」・「オール佐賀コンテスト」が同時にスタートする。
 しばらくはこのコンテストに主力を置いて運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けているがコンディションは今ひとつ。聞える局を順次呼んでゆく。主催国のYOとも何局かQSOできる。
 1430 で今夜の運用を終わる合計13QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9・UR・DB・CV・YU・UK・IS・OH・MM・9M2・I・HA

 30日朝2030 頃から運用を開始する。7MHzでヨーロッパ方面が2・3聞えるがこちらの電波が届かない。諦めてすぐに二度寝をする。
 午前中DXはほとんど聞えないので「オール佐賀コンテスト」に専念する。

 午後0500 から運用を再開する。しかしCWバンド何も聞えてこない「SCC RTTY Championship」「オール佐賀コンテスト」に主力を置いて時々CW・DXバンドを覗きに来る。
 結局夕食時まで1局もQSOできない

 夕食後 1000 から運用を再開する。ヨーロッパ方面が2・3聞えるがQSOできる局は少ない。
 その内にコンテスト終了の 1200 となる。合計21QSOコンテストを終わる。その後QSOできたマルチ14MHz9V・F・DU・BY・UA21MHzUA9

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: A. SO-AB-CW-LP
84 Pts x ( 14 Cntry + 4 YO-district ) = 1512
Clamed Score: 1,512 Point

POINTS: 8 points per QSO with YO station
       4 points per QSO with non-YO station on different continent
       2 points per QSO with non-YO station in different country, same continent
       1 point per QSO with non-YO station in same country
MULTIPLIERS: Each DXCC country (not YO) once per band
          Each YO district once per band
0

2015/8/24

Hawaii QSO Party  CW DX
Hawaii QSO Party
CONTEST PERIODS: 0400Z, Aug 22 to 0400Z, Aug 24 (22 Aug 13:00 〜 24 Aug 13:00 JST)
RULES: URL:http://www.hiqsoparty.org/Rules/HQP/HQPRules.html

 22日午後、0400 UTC から運用を開始する。14MHzと21MHzを行き来するが一向に「CQ HQP」は聞えてこない。
 0430 になって14MHzで弱いながらもKH6J「CQ HQP」が聞こえ出す。米国本土やヨーロッパ方面とQSOしており、ビームが横を向いているようである。
 次第に強くなったきたので何回も呼んで何とかQSOできる。その後もワッチを続けAH6KO・KH6FP・KH6BB・KH6YとQSOできる。
 0730 を過ぎて期待して7MHzをワッチするが一向に聞えてこない
 夕食時合計5QSO。QSOできたマルチ14MHzLHN・HIL・PRL

 夕食後1000 から運用を再開する。7MHzと14MHzのワッチを続けるがKH6は全く聞えてこないので、1100 に諦めて今夜の運用を終わる

 23日午前 0030 頃から運用を開始する。14MHzと21MHzワッチするがKH6は聞えてこない
 諦めてほかの事をしながら、時々DXバンドを覗く。結局正午までには1局もQSOできず

 午後0400 から運用を再開する。14MHzQSOしたKH6Jは弱いながらもずっと聞えているが他にはKH6は聞えてこない
 0430 を過ぎるとWH7Wが聞こえ出す。米国本土やヨーロッパ方面とQSOしており信号も弱いが、何度も呼んでいると、ビームを向けてくれたようで信号が強くなり、「JA3?」と呼んでくる
 その後もワッチを続けるが、夕食時までにQSOできたのはWH7W(HON)の1局だけ合計6QSO

 24日午前も他のことをしながら時々ワッチするがKH6は聞えてこない。結局その後は1局もQSOできずコンテスト終了の 0400 となる。

 コンディションが非常に悪く、参加局も少なかったようで残念。弱小局ではこんなところか。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: CL - CW Only CW only
12 Pts x 4 QTH ID = 48
Clamed Score: 48 Point

POINTS:

 Band SSB   CW   RTTY/PSK Band SSB    CW    RTTY/PSK
 10m 3 Points 6 Points 15 Points  40m 2 Points 4 Points 10 Points
 15m 2 Points 4 Points 10 Points  80m 3 Points 6 Points 15 Points
 20m 1 Points 2 Points 5 Points  160m 6 Points 12 Points 30 Points

MULTIPLIERS:non-HI Each HI QTH ID once per band
0

2015/8/23

第39回宮崎コンテストの結果発表  CW 国内
第39回宮崎コンテストの結果発表
開催日時: 平成27年6月6日 18:00 〜 7日 18:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1506.htm#0606miyazaki
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1989.html

 「 第39回宮崎コンテスト 」の結果が JARL宮崎県支部コンテスト のサイトで発表されている。
 参加した「 県外局 電信 オールバンド 」部門で 4/40 JA3 1位 、に入賞している。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www1.bbiq.jp/jh6ftj/contest/contest2015kekka.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信 オールバンド
17 Pts x 10 市郡 = 170
Clamed Score: 170 Point

得 点: コンテストナンバーの交換が完全におこなわれた交信を1点とする。
          ただし、同一バンドにおける重複交信は、1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
マルチプライヤー: 県内局: 各バンドごとの都府県支庁(宮崎県を除く)、県内の市郡の数、及び大陸(AF.EU.AS.NA.SA.OC)の数。
             県外局: 各バンドごとの宮崎県内市郡の数。(9市6郡)

0

2015/8/23

第38回 オール三重33コンテストの結果発表  CW 国内
第38回 オール三重33コンテストの結果発表
開催日時:2015年5月5日(祝) 08:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.ztv.ne.jp/isoda/33/annual/38/38rule.html
URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1505.htm#0505mie
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1961.html

 「 第38回 オール三重33コンテスト 」の結果が JARL三重県支部 のサイトで発表されている。
 参加した「 県外局 電信部門 シングルオペ マルチバンド (CD1) 」部門で 4/18 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

br> 全結果こちら( http://www.ztv.ne.jp/isoda/33/annual/38/38result.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信部門 シングルオペ マルチバンド (CD1)
61 Pts x 26 年齢の数 = 1586
Clamed Score: 1,586 Point

得点: 県内局またはJL局との交信:1交信3点
       その他の交信:1交信1点  県外局同士の交信は0点
        ※同一バンドではモードが異なっても1回のみの交信が有効
マルチプライヤー: 異なる年齢の数 (バンドが異なれば同じ年齢も有効 00も有効)
0

2015/8/20

第27回 ALL JA1 コンテストの結果発表  CW 国内
第27回 ALL JA1 コンテストの結果発表
開催日時: 2015年6月7日 09:00 〜 20:00
           HIGHバンド部門 09:00 〜 12:00 (14/21/28/50MHz)
           LOWバンド部門  16:00 〜 20:00 (1.9/3.5/7MHz)
規約: URL:http://ja1zlo.u-tokyo.org/allja1/27rule.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1992.html

 「 第27回 ALL JA1 コンテスト 」の結果が JA1ZLO のサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「 HIGHバンド部門 B.マルチバンド 」部門で 2/9 「 LOWバンド部門 D.マルチバンド 」部門で 3/12 、とのこと。
 また、「 総合 」部門で 2/4 、となっている。


ハイバンド

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: HIGHバンド部門 B.マルチバンド
20 Pts x 20 市郡区 = 400
Clamed Score: 400 Point


ローバンド

 結果の一部を紹介する。


クリックすると元のサイズで表示します

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: LOWバンド部門 D.マルチバンド
34 Pts x 32 市郡区 = 1088
Clamed Score: 1,088 Point

得 点: 完全な交信を1点(同一バンド内での同一局との交信は電信と電話それぞれ一回づつ得点1点)
マルチプライヤー: 1エリア内=各バンドで交信した1エリア外の異なる府県支庁の数及び1エリア内の異なる市郡区の数
             1エリア外=各バンドで交信した1エリア内の異なる市郡区の数


総 合

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://ja1zlo.u-tokyo.org/allja1/27res.html )で。
0

2015/8/18

第36回KCJコンテスト  CW 国内
第36回KCJコンテスト
開催日時: 2015年8月15日 21:00 〜 16日 21:00
規約: URL:http://www.kcj-cw.com/contest/15_kcj_contest_rule_j.pdf
         http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/club-info.htm#aug
RULES: URL:http://www.kcj-cw.com/contest/15_kcj_contest_rule_e.pdf

 15日夜、21:00から7MHz運用を開始する。全国的に開けており賑やかである。聞える局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてからCQを出すがあまり呼ばれない。その後は呼びにまわったり、CQをだしたりR0CW・UA0DM・R0CM・JF3PLF/BY5HB等ともQSOできる。
 22:30から3.5MHzに変わる。こちらも賑やかで、聞える局を順次呼んでゆく。
 新しい局が見つからなくなったので、23:10頃から7MHzに変わる。相変わらず全国的に開けているが、新しい局はあまり見つからない。
 23:30K6XXとQSOできたところで今夜の運用を終わる合計101QSO。QSOできたマルチ3.5MHzGF・NI・KA・TG・KN・HG・ST・IB・AC・YM・ME・SI・HS・NR・SN・OY・NN・NS・TK・EH7MHzST・OS・NS・KN・HG・EH・GF・CB・HS・TK・NI・GM・AS・WK・AC・IB・KG・KT・KA・FS・IS・SO・TS・YN・OY・NR・TT・ME・TG・MG・NN・NA

 16日朝06:20から運用を開始する。まず、14MHzをワッチするがJA6が2局できただけ。その後は3・5MHzと7MHzを行き来するがコンディションが今ひとつで信号はあまり聞えてこない。
 07:00で諦めて二度寝をする。合計112QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHzGM7MHzSG・YM14MHzNS・KG

 09:40から運用を再開する。14MHzをワッチするとJA6/8あたりが聞えるので聞える局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてから7MHzに変わるが、コンディションが非常に悪い。信号がほとんど聞えず。聞えても非常に弱い。その後は7MHzハイバンドを行き来する。
 正午合計143QSO。その後QSOできたマルチ7MHzIK・YG・AT・OT・SN14MHzIS・AS・ST・SG・IB21MHzOC(YC1DPM)・NR・AS(VR2/UA3QNS)

 午後12:50から運用を再開する。引き続き7MHzハイバンドを行き来するが、いずれのバンドもコンディションは非常に悪い
 16:00頃からコンテスト終了時刻が迫った「Russian District Award Contest」に出る。
 17:00を過ぎると7MHzコンディションが少し良くなったようで多くの信号が聞こえだす。
 夕食時合計165QSO。その後増えたマルチ7MHzFO・KC14MHzOS・NA(N9NA)・TC

 夕食後19:00少し過ぎから運用を再開する。7MHzに出るが新しい局はあまり聞えてこない。
 19:35から3.5MHzに変わる。新しい局も多いので順次呼んでゆく。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計199QSO目標とした200QSOには僅かに及ばなかった
 その後増えたマルチ3.5MHzTY・IS・OS・TY・FS・KC・KT

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 個人局 マルチバンド
247 Pts x ( 76 都府県振興局 + 6 大陸 ) = 20254
Clamed Score: 20,254 Point

得 点:  国内局…バンドごとに異なる国内局との交信1点・国外局との交信5点
      国外局…バンドごとに異なるJA局との交信1点・それ以外は0点
マルチプライヤー: 国内局:バンドごとに異なる都府県振興局・大陸の数
             国外局:バンドごとに異なる都府県振興局の数
0

2015/8/18

Russian District Award Contest  CW DX
Russian District Award Contest
CONTEST PERIODS: 0800Z, Aug 15 to 0800Z, Aug 16 (Aug 15 17:00 〜 Aug 16 17:00 JST)
RULES: URL:http://rdaward.org/rdac1.htm

 15日午後、0800 UTC 少し過ぎから運用を開始する。14MHzで2・3「CQ RDA TEST」が聞えるので、聞える局を順次呼んでゆく。
 次第に賑やかになってくるがコンディションは今ひとつ
 夕食時合計11QSOほとんどがマルチにもなる。

 夕食後1000 から運用を再開する。14MHzしか信号が聞えないので引き続き14MHzに出る。ほとんどがUA9/0であるが時々UA4あたりとQSOできる。
 1200 から「KCJコンテスト」が始まったので以後「KCJコンテスト」に専念するため、今夜の運用を終わる合計43QSO

 16日午前も引き続き「KCJコンテスト」に専念する。
 午後「KCJコンテスト」合間にDXバンドを覗くが聞えるのは14MHzだけ。信号もあまり聞えてこない。
 その内にコンテスト終了の 0800 となる。合計51QSOコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: A-CW-World-LP (Single Op - CW - Low Power)
510 Pts x 49 RDA district = 24990
Clamed Score: 24,990 Point

POINTS: RU: 1 point per QSO with same country
       RU: 2 points per QSO with same country, different continent
       RU: 3 points per QSO with different country, same continent
       RU: 5 points per QSO with different country, different continent
       RU: 10 points per QSO between Field entrants
       non-RU: 10 points per QSO with RU station
MULTIPLIERS: RU Stations: Each DXCC country and each RDA district once
          non-RU Stations: Each RDA district once
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ