2015/10/20

JARTS WW RTTY CONTEST 2015  RTTY
JARTS WW RTTY CONTEST 2015
CONTEST PERIODS: 0000Z, Oct 17 to 2359Z, Oct 18 (17 Oct 09:00 to 19 Oct 08:59 JST)
RULES: URL:http://jarts.jp/rules2015.html
規約: URL:http://jarts.jp/rulesj2015.html

 17日朝、0010 UTC から運用を開始する。まず、21MHzに出る。米国全土に開けているようであるが、QSOできるのは米国西海岸方面だけ。
 時々14MHzや28MHzを覗きに行く。14MHzは同様に米国西海岸方面とQSOできる。28MHzはほとんど信号は聞えてこない。
 同時に「JAG QSO パーティ & コンテスト」が開催されているので、時々国内コンテストバンドも覗きに行く。
 正午合計39QSO。QSOできたマルチ14MHzVE7・K7・JA4・K6・JA3・HL・JA821MHzK5・K7・VE7・K6・VK4・JA6・KL・K9・YB・UA9・BY28MHzK7・KH6

 午後0430 頃から運用を再開する。同様に14MHzと21MHzを行き来し、時々28MHz国内コンテストバンドを覗きに行く。
 0600 を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 夕食時合計65QSO。その後QSOできたマルチ14MHzKL・UA9・KH621MHzJA1・DU・ZL・UA・SV・UR・ES・VR・JA3・ER・YO28MHzKH2・VR

 夕食後1020 頃から運用を再開する。7MHzが賑やかになってきたので7MHzに出る。ほとんどがJAであるが、時々DXの近場とQSOできる。
 時々3・5MHzを覗きに行くが信号はあまり聞えてこない。少しだけJAのマルチをいただく。
 1200 で今夜の運用を終わる合計87QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHzJA1・JA2・JA67MHzHL・JA8・YB・UA9・JA5・DU・K7

 18日朝は 2130 頃から運用を開始する。まず、14MHzに出る。すぐにLW9ETQとQSOできるが他にはほとんど信号は聞えてこないので、すぐに21MHzに変わる。
 21MHz米国全土に開けているようであるが、QSOできるのはW5あたりまで。その後は14・21・28MHzを行き来する。
 2310 で朝食のため一休みする合計103QSO。その後QSOできたマルチ14MHzLU・DU・JA6・YB21MHzK0・VE5・K428MHzK5

 朝食後は 0025 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。
 024414MHzXX9TUDとQSOできるが連続ナンバーを送っているようである。
 正午合計123QSO。その後QSOできたマルチ14MHzVR・K0・JA1・XX928MHzVK4

 午後12:00( 0300 UTC )から「オール千葉コンテスト」が始まったのでしばらくはそちらに専念する。
 0600 から運用を再開する。21MHzヨーロッパ方面とQSOできるので21MHzをメインにして時々14MHzと28MHzを覗きに行く。
 0725 頃から「オール千葉コンテスト」の終了時刻が迫ったので終了まで「オール千葉コンテスト」に専念する。
 0900 から運用を再開する。7MHzに出るがQSOできるのはJAだけ。まもなく夕食の時刻となる。合計144QSO。その後増えたマルチ7MHzJA4・JA2・JA3・JA114MHzER・UA21MHzSM・UN・I・VK628MHzYB

 夕食後1030 から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。
 1300 で今夜の運用を終わる合計168QSO。その後増えたマルチ7MHz9M6・JA7・K6・K9、だけ。

 19日朝2100 少し前に目が覚めたので7MHzに出る。ヨーロッパ方面が何局か聞えるが、QSOできたのはビッグガンのUW1M・ES5Q・YO9HP・SX3B、の4局だけ。
 すぐに信号が弱くなり、こちらの電波が届かなくなる。14・21・28MHzを覗いてみるが14MHzでKL7SBとQSOできただけ。 2130 から二度寝をする。
 その後は運用できずコンテスト終了の 2400 となる。結局合計174QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチは前記の7MHzUR・ES・YO・SV、だけ。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op, All Band, Low Power
441 Pts x ( 41 Cntry + 39 CallArea ) = 35280
Clamed Score: 35,280 Point

POINTS: Two(2), QSO points for contact within your own continent.
       Three(3), QSO points for contacts outside your own continent
MULTIPLIERS: Each DXCC entity except JA/W/VE/VK(mainland).
          Each call area of JA/W/VE/VK(mainland). (once per band)
0

2015/10/13

オール鳥取コンテスト  CW 国内
オール鳥取コンテスト
開催日時:2015年10月12日(祝) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1510.htm#1012tottori

 12日朝、09:40頃から7MHz運用を開始する。鳥取県内局が2・3聞えるが、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 一通りQSOすると、後はなかなか新しい局が見つからない。時々14MHz等ハイバンドを覗きに行くが信号は聞えてこない。
 兎に角ワッチを続け新しい局を見つけて呼んでゆく。遅くなると、全国から呼ばれるので歯が立たなくなる。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計8QSOコンテストを終わる。QSOできたマルチ7MHz34004・3401・3403・34006・34005

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 個人局 電信マルチ
8 Pts x 5 市郡 = 40
Clamed Score: 40 Point

得点: 完全な交信を1点
        (同一バンド内での重複交信は電波型式が異なっても得点にならない )
マルチプライヤー: 県内局:鳥取県内の異なる市郡数+鳥取県外の異なる都道府県数
             県外局:鳥取県内の異なる市郡数
0

2015/10/13

第36回全市全郡コンテスト  CW 国内
第36回全市全郡コンテスト
開催日時:2015年10月10日 21:00 〜 11日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

 10日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzに出る。JA7/8あたりが強力に聞えるが、全国から呼ばれているので全く歯が立たない3.5MHzを覗くが、こちらも同様なのでしばらくはV・UHFに出る。
 22:00頃から3.5MHzに出るが、まだ呼び合いになっており、なかなか応答が得られない。すぐにまたVHFに戻る
 23:30で今夜の運用を終わる合計40QSOほとんどがマルチにもなる

 11日朝06:30から運用を開始する。7MHzに出るがJA6/7あたりと近場だけで信号はあまり聞えてこない。
 07:00を過ぎると全国的に開けだし、次第に賑やかになってくる。
 09:00で朝食のため一休みする合計104QSO

 朝食後10:00少し前から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。
 11:00少し前からハイバンドとVHFを行き来する。14MHzJA8あたりが強力に聞えるが、他はノイズが多くうまくコピーできない21MHzと28MHzはほとんど信号は聞えてこない
 正午合計151QSO

 午後13:30から運用を再開する。ハイバンドとVHFを覗く。14MHzJA1・JA2・JS6とQSOできるが、他はあまり信号は聞えてこない。
 14:00から7MHzに出る。やはり一番効率がよい
 15:00一休みする合計179QSO
 16:20から運用を再開する。「Oceania DX Contest」終了時刻が迫ってきたので時々DXバンドを覗きに行く。
 17:50頃から3.5MHzに変わる。全国的に開けており、呼べばすぐに応答がある。夕食時合計211QSO

 夕食後19:40から運用を再開する。引き続き3.5MHzに出る。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計250QSOコンテストを終わる

 50MHz37005・310101・3508・39001144MHz3902・3508、とQSOできる。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ オールバンド (CAM)
250 Pts x 222 市郡区 = 55500
Clamed Score: 55,500 Point

得点: 完全に行なわれた交信を1点とする
       (同一バンドにおける重複交信は、電波型式が異なっても得点としない)
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数
0

2015/10/13

Oceania DX Contest CW  CW DX
Oceania DX Contest CW
CONTEST PERIODS: 0800Z, Oct 10 to 0800Z, Oct 11 (10 Oct 1700 JST to 11 Oct 1700 JST)
RULES: URL:http://www.oceaniadxcontest.com/rules.pdf

 10日夕方、0800「Makrothen RTTY Contest」の第1ピリオッドが終わったのですぐに設定を変更して運用を開始する。
 14MHzと21MHzを行き来するがコンディションが今ひとつで、信号はあまり聞えてこない。
 夕食時合計9QSO。QSOできたマルチ14MHzZL3・VK3・YB8・VK221MHz9M6・YC1・DU1

 夕食後7MHzと14MHzを行き来する。
 1100 を過ぎると7MHzが好調となる。
 1200 から「全市全郡コンテスト」が始まったのでそちらに主力をおき、時々DXバンドを覗きにくる。
 1430 で今夜の運用を終わる合計24QSO。その後QSOできたマルチ7MHzVK4・VK2・WH6・ZM2・ZL2・YB2・VK614MHzZM2・VK4

 11日コンテスト終了1時間前まで「全市全郡コンテスト」に専念し、0700 から運用を開始する。14MHzと21MHzを行き来するがコンディションは今ひとつ
 コンテスト終了間際になって14MHzのコンディションが少し良くなるが、すぐにコンテスト終了の 0800 となる。結局、合計29QSOコンテストを終わる。その度増えたマルチ14MHzV73・3D2・Vk721MHzYD4
 
  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
83 Pts x 20 Prefix = 1660
Clamed Score: 1,660 Point

POINTS: 20 points per 160m QSO
       10 points per 80m QSO
       5 points per 40m QSO
       1 point per 20m QSO
       2 points per 15m QSO
       3 points per 10m QSO
MULTIPLIERS: Each prefix once per band
0

2015/10/13

Makrothen RTTY Contest  RTTY
Makrothen RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 0800Z, Oct 10 and 1600Z to 2400Z, Oct 10 and 0800Z to 1600Z, Oct 11
          (10 Oct 09:00 to 17:00 and 11 Oct 01:00 to 09:00 and 11 Oct 17:00 to 12 Oct 01:00 JST)
RULES: URL:http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/TMC_Rules.html

 10日朝、0020 UTC から運用を開始する。14MHzと21MHzをワッチするが信号は聞えてこない。しばらくワッチしていると21MHzVK4UCが聞こえ出す。
 その後は14MHzと21MHzを行き来する。どちらも近場が時々聞えるだけ。
 正午合計13QSOこのコンテストはマルチが無く相手局との距離が得点となるので局数を増やす以外に手はない。

 午後0400 から運用を再開する。コンディションが悪く、ほとんど信号は聞えてこない。
 0630 を過ぎると時々ヨーロッパ方面の局が浮き上がってくるが、こちらの電波が届かない
 その内に第1ピリオッド終了の 0800 となる。合計15QSO

 第2ピリオッド夜中の 1600 からスタートするので、翌日の朝、2200 頃から同時に開催されている「全市全郡コンテスト」の合間にちょっとだけワッチする。コンディションが悪く、聞えるのは14MHzでW7RNだけ。
 結局、W7RN1局とだけQSOできるが、Dupeなので得点にはならない。

 第3ピリオッド0800 からスタートするが、1200 までは「全市全郡コンテスト」に専念する。その後は草臥れたので参加を見送り、結局1局もQSOできずに、合計15QSOでコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Class 1: Single, All Band, Low Power
Clamed Score: 67,178 Point

POINTS: 1 point per km distance between stations for each QSO
       Multiply QSO points by 1.5 for 40m QSOs or 2.0 for 80m QSOs
       100 points per QSO between stations in same grid square (no other points or multiplier)
MULTIPLIERS: None
0

2015/10/9

第9回オール青森コンテストの賞状受領  CW 国内
第9回オール青森コンテストの賞状受領
開催日時: 平成27年7月11日 15:00 〜 12日 15:00
規約: URL:http://ja702.sakura.ne.jp/sblo_files/jarlaomori/image/E99D92E6A3AEE79C8CE694AFE983A8E382B3E383B3E38386E382B9E38388E8A68FE7B484EFBC88E7ACACEFBC99E59B9EE382AAE383BCE383ABE99D92E6A3AEE382B3E383B3E38386E382B9E38388EFBC89.pdf
       http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1507.htm#0711aomori
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2023.html
         http://sun.ap.teacup.com/contest/2049.html

 「 第9回オール青森コンテスト 」賞状 JARL青森県支部 から郵送されてくる。
 参加した「 県外 電信 個人局 HFマルチバンド (WMH) 」部門で 1位 、に入賞している。

クリックすると元のサイズで表示します

 結果等関連ページをご覧ください。
0

2015/10/7

Hawaii QSO Party 2015 の結果発表  CW DX
Hawaii QSO Party 2015 の結果発表
CONTEST PERIODS:2015, 0400Z, Aug 22 to 0400Z, Aug 24 (22 Aug 13:00 〜 24 Aug 13:00 JST)
RULES: URL:http://www.hiqsoparty.org/Rules/HQP/HQPRules.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2060.html

 「 Hawaii QSO Party 2015 」の結果が Hawaii QSO Party のサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「 CL - CW Only Low Power 」部門 ASIA 1/1 、とのこと。参加局が1局ながら 1位 、に入賞している。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://hawaiiqsoparty.org/Results/2015/Summary-10-06-2015.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: CL - CW Only Low Power
12 Pts x 4 QTH ID = 48
Clamed Score: 48 Point

POINTS:

 Band SSB   CW   RTTY/PSK Band SSB    CW    RTTY/PSK
 10m 3 Points 6 Points 15 Points  40m 2 Points 4 Points 10 Points
 15m 2 Points 4 Points 10 Points  80m 3 Points 6 Points 15 Points
 20m 1 Points 2 Points 5 Points  160m 6 Points 12 Points 30 Points

MULTIPLIERS:non-HI Each HI QTH ID once per band
0

2015/10/6

RSGB IOTA Contest 2015 の暫定結果発表  CW DX
RSGB IOTA Contest 2015 の暫定結果発表
CONTEST PERIODS:2015, 1200Z, Jul 25 to 1200Z, Jul 26(Jul 25 21:00 〜 Jul 26 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.rsgbcc.org/hf/rules/2015/riota.shtml
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2032.html

 「 RSGB IOTA Contest 2015 」の暫定結果が IOTA Contest のサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「 Single Op 12 hrs Island CW Low Power 」部門で 24/69 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.iotacontest.com/contest/iota/2015/finalScore.php )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op 12 hrs Island CW Low Power
744 Pts x 36 IOTA = 26784
Clamed Score: 26,784 Point

POINTS: 3 points per QSO with non-island station
      15 points per QSO with IOTA-island station
MULTIPLIERS: Each IOTA reference once per band per mode
0

2015/10/5

第18回オール岐阜コンテストの結果発表  CW 国内
第18回オール岐阜コンテストの結果発表
開催日時: 2015年6月13日 19:00 〜 22:00
               14日 07:00 〜 10:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1506.htm#0613gifu
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/1999.html

 「 第18回オール岐阜コンテスト 」の結果が JARL岐阜県支部 のサイトで発表されている。
 参加した「 県外局 シングルOP 電信 オールバンド (X-SCA) 」部門で 10/29 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://jarl-gifu.up.seesaa.net/image/2015gfE7B590E69E9C.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 シングルOP 電信 オールバンド (X-SCA)
22 Pts x 17 市郡 = 374
Clamed Score: 374 Point

得 点: コンテストナンバーを完全に送受できた交信を1点
         同一バンドにおいて同一局とは、電信・電話それぞれ1交信ずつ有効
マルチプライヤー: 県内局…バンド毎の異なる岐阜県の市郡数および岐阜県を除く都府県支庁数
             県外局…バンド毎の異なる岐阜県の市郡数
0

2015/10/5

JLRS 第44回パーティーコンテスト 電信  CW 国内
JLRS 第44回パーティーコンテスト 電信
開催日時:2015年10月3日(土) 12:00 〜 10月4日(日) 12:00
規約: URL:http://www.jarl.com/jlrs/test/44yl.pdf
         http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/club-info.htm#sep

 3日正午から7MHz運用を開始する。2・3YL局が聞えるが全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。何とかJA5GSGとQSOできるが、すぐに昼食のため一休みする
 午後12:50頃から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。少しは落ち着いたようで、2・3回呼べば応答がある。しかし、日頃あまりCWに出ていない局が多く、QSOに時間がかかる
 一通りQSOすると新しい局がなかなか見つからないので14:00からしばらく休憩する

 16:00から運用を再開する。引き続き7MHzに出るが新しい局はなかなか見つからない。時々14MHzを覗くが信号は全く聞えてこない
 17:30頃から3.5MHzに出る。信号は2・3聞えるが、電波が届かないのか呼んでも全く反応が無い。何とかJA7EXNとQSOできる。
 夕食時合計15QSOほとんどがマルチにもなる

 夕食後20:30頃から3.5MHz運用を再開する。何局か信号は聞えるが、こちらの電波が届かない。何とかJG5CIPとJI8KXCの2局とQSOできる。
 21:00で今夜の運用を終わる合計17QSO

 4日朝09:30頃から運用を開始する。7MHzをメインに、時々14MHzを覗きに行くが新しい局はほとんど聞えてこない
 10:10頃からは「Russian WW Digital Contest」に主力を置いて、時々国内コンテストバンドを覗きに来る。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計19QSOコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: OM 電信
67 Pts x 18 プリフィックス = 1206
Clamed Score: 1,206 Point

得点: OM局=YL局1点、メンバー局5点 
     YL局=OM局1点、YL局5点
マルチプライヤー: 各バンドで交信した局の異なるプリフィックスの総数
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ