2015/10/13

オール鳥取コンテスト  CW 国内
オール鳥取コンテスト
開催日時:2015年10月12日(祝) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1510.htm#1012tottori

 12日朝、09:40頃から7MHz運用を開始する。鳥取県内局が2・3聞えるが、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 一通りQSOすると、後はなかなか新しい局が見つからない。時々14MHz等ハイバンドを覗きに行くが信号は聞えてこない。
 兎に角ワッチを続け新しい局を見つけて呼んでゆく。遅くなると、全国から呼ばれるので歯が立たなくなる。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計8QSOコンテストを終わる。QSOできたマルチ7MHz34004・3401・3403・34006・34005

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 個人局 電信マルチ
8 Pts x 5 市郡 = 40
Clamed Score: 40 Point

得点: 完全な交信を1点
        (同一バンド内での重複交信は電波型式が異なっても得点にならない )
マルチプライヤー: 県内局:鳥取県内の異なる市郡数+鳥取県外の異なる都道府県数
             県外局:鳥取県内の異なる市郡数
0

2015/10/13

第36回全市全郡コンテスト  CW 国内
第36回全市全郡コンテスト
開催日時:2015年10月10日 21:00 〜 11日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

 10日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzに出る。JA7/8あたりが強力に聞えるが、全国から呼ばれているので全く歯が立たない3.5MHzを覗くが、こちらも同様なのでしばらくはV・UHFに出る。
 22:00頃から3.5MHzに出るが、まだ呼び合いになっており、なかなか応答が得られない。すぐにまたVHFに戻る
 23:30で今夜の運用を終わる合計40QSOほとんどがマルチにもなる

 11日朝06:30から運用を開始する。7MHzに出るがJA6/7あたりと近場だけで信号はあまり聞えてこない。
 07:00を過ぎると全国的に開けだし、次第に賑やかになってくる。
 09:00で朝食のため一休みする合計104QSO

 朝食後10:00少し前から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。
 11:00少し前からハイバンドとVHFを行き来する。14MHzJA8あたりが強力に聞えるが、他はノイズが多くうまくコピーできない21MHzと28MHzはほとんど信号は聞えてこない
 正午合計151QSO

 午後13:30から運用を再開する。ハイバンドとVHFを覗く。14MHzJA1・JA2・JS6とQSOできるが、他はあまり信号は聞えてこない。
 14:00から7MHzに出る。やはり一番効率がよい
 15:00一休みする合計179QSO
 16:20から運用を再開する。「Oceania DX Contest」終了時刻が迫ってきたので時々DXバンドを覗きに行く。
 17:50頃から3.5MHzに変わる。全国的に開けており、呼べばすぐに応答がある。夕食時合計211QSO

 夕食後19:40から運用を再開する。引き続き3.5MHzに出る。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計250QSOコンテストを終わる

 50MHz37005・310101・3508・39001144MHz3902・3508、とQSOできる。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ オールバンド (CAM)
250 Pts x 222 市郡区 = 55500
Clamed Score: 55,500 Point

得点: 完全に行なわれた交信を1点とする
       (同一バンドにおける重複交信は、電波型式が異なっても得点としない)
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる市、郡または区の総数
0

2015/10/13

Oceania DX Contest CW  CW DX
Oceania DX Contest CW
CONTEST PERIODS: 0800Z, Oct 10 to 0800Z, Oct 11 (10 Oct 1700 JST to 11 Oct 1700 JST)
RULES: URL:http://www.oceaniadxcontest.com/rules.pdf

 10日夕方、0800「Makrothen RTTY Contest」の第1ピリオッドが終わったのですぐに設定を変更して運用を開始する。
 14MHzと21MHzを行き来するがコンディションが今ひとつで、信号はあまり聞えてこない。
 夕食時合計9QSO。QSOできたマルチ14MHzZL3・VK3・YB8・VK221MHz9M6・YC1・DU1

 夕食後7MHzと14MHzを行き来する。
 1100 を過ぎると7MHzが好調となる。
 1200 から「全市全郡コンテスト」が始まったのでそちらに主力をおき、時々DXバンドを覗きにくる。
 1430 で今夜の運用を終わる合計24QSO。その後QSOできたマルチ7MHzVK4・VK2・WH6・ZM2・ZL2・YB2・VK614MHzZM2・VK4

 11日コンテスト終了1時間前まで「全市全郡コンテスト」に専念し、0700 から運用を開始する。14MHzと21MHzを行き来するがコンディションは今ひとつ
 コンテスト終了間際になって14MHzのコンディションが少し良くなるが、すぐにコンテスト終了の 0800 となる。結局、合計29QSOコンテストを終わる。その度増えたマルチ14MHzV73・3D2・Vk721MHzYD4
 
  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
83 Pts x 20 Prefix = 1660
Clamed Score: 1,660 Point

POINTS: 20 points per 160m QSO
       10 points per 80m QSO
       5 points per 40m QSO
       1 point per 20m QSO
       2 points per 15m QSO
       3 points per 10m QSO
MULTIPLIERS: Each prefix once per band
0

2015/10/13

Makrothen RTTY Contest  RTTY
Makrothen RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 0800Z, Oct 10 and 1600Z to 2400Z, Oct 10 and 0800Z to 1600Z, Oct 11
          (10 Oct 09:00 to 17:00 and 11 Oct 01:00 to 09:00 and 11 Oct 17:00 to 12 Oct 01:00 JST)
RULES: URL:http://home.arcor.de/waldemar.kebsch/The_Makrothen_Contest/TMC_Rules.html

 10日朝、0020 UTC から運用を開始する。14MHzと21MHzをワッチするが信号は聞えてこない。しばらくワッチしていると21MHzVK4UCが聞こえ出す。
 その後は14MHzと21MHzを行き来する。どちらも近場が時々聞えるだけ。
 正午合計13QSOこのコンテストはマルチが無く相手局との距離が得点となるので局数を増やす以外に手はない。

 午後0400 から運用を再開する。コンディションが悪く、ほとんど信号は聞えてこない。
 0630 を過ぎると時々ヨーロッパ方面の局が浮き上がってくるが、こちらの電波が届かない
 その内に第1ピリオッド終了の 0800 となる。合計15QSO

 第2ピリオッド夜中の 1600 からスタートするので、翌日の朝、2200 頃から同時に開催されている「全市全郡コンテスト」の合間にちょっとだけワッチする。コンディションが悪く、聞えるのは14MHzでW7RNだけ。
 結局、W7RN1局とだけQSOできるが、Dupeなので得点にはならない。

 第3ピリオッド0800 からスタートするが、1200 までは「全市全郡コンテスト」に専念する。その後は草臥れたので参加を見送り、結局1局もQSOできずに、合計15QSOでコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Class 1: Single, All Band, Low Power
Clamed Score: 67,178 Point

POINTS: 1 point per km distance between stations for each QSO
       Multiply QSO points by 1.5 for 40m QSOs or 2.0 for 80m QSOs
       100 points per QSO between stations in same grid square (no other points or multiplier)
MULTIPLIERS: None
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ