2016/3/31

2016年3月 CONTEST MENU  
2016年3月 CONTEST MENU


第24回ふるさとコンテストの結果発表 (2210)
  2015年9月23日 15:00 〜 18:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2084.html

IARU HF World Championship 2015 の結果発表 (2211)
  2015, 1200Z, Jul 11 to 1200Z, Jul 12
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2022.html

JARTS WW RTTY CONTEST 2015 の結果発表 (2212)
  2015, 0000Z, Oct 17 to 2359Z, Oct 18
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2103.html

第13回JLRS3・3雛コンテスト (2213)
  3月3日 00:00 〜 24:00

○ARRL Inter. DX Contest, SSB
  0000Z, Mar 5 to 2359Z, Mar 6

Open Ukraine RTTY Championship (2214)
  1800Z to 2059Z, Mar 5 (1,8, 3,5)
  2100Z to 2359Z, Mar 5 (1,8, 3,5)
  0800Z to 1059Z, Mar 6 (7, 〜 28)
  1100Z to 1359Z, Mar 6 (7, 〜 28)

平成28年オール兵庫コンテストの賞状受領 (2215)
  平成28年1月4日 09:00 〜 21:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2167.html
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2193.html

第56回 ALL ASIAN DXコンテストの結果発表 (2216)
  2015, 0000Z, Jun 20 to 2400Z, Jun 21
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2007.html

California QSO Party 2015 の賞状ダウンロード (2217)
  2015, 1600Z, Oct 03 to 2200Z, Oct 04
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2093.html
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2177.html

Nauryz DX Contest (2218)
  0800Z to 1359Z, Mar 12

EA PSK63 Contest (2219)
  1600Z, Mar 12 to 1600Z, Mar 13

○Idaho QSO Party
  1900Z, Mar 12 to 1900Z, Mar 13

○North American Sprint, RTTY
  0000Z to 0400Z, Mar 13

ALL JA0 3.5MHz/7MHz コンテスト (2220)
  3月12日 21:00 〜 24:00:3.5MHz
  3月13日 08:00 〜 12:00:7MHz

第17回 Let's A1 コンテストの結果発表 (2221)
  2015年10月25日 14:00 〜 19:59
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2110.html

BARTG RTTY HF Contest 2016 (2222)
  0200Z, Mar 19 to 0200Z, Mar 21

Russian DX Contest (2223)
  1200Z, Mar 19 to 1159Z, Mar 20

第56回東海QSOコンテスト (2224)
  3月20日 09:00 〜 15:00

第46回 大都市コンテスト (2225)
  3月20日 15:00 〜 18:00

CQ WW WPX Contest, SSB (2226)
  0000Z, Mar 26 to 2359Z, Mar 27

2015 XPO・AI コラボレーション の結果発表 (2227)
  第45回XPO記念コンテスト 2015年9月21日 06:00 〜 18:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2082.html
  第10回愛・地球博記念コンテスト 平成27年9月22日 21:00 〜 24:00
                            23日 06:00 〜 12:00
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2083.html
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2181.html

UBA PSK63 Prefix Contest 2016 の結果発表 (2228)
  2016, 1200Z, Jan 9 to 1200Z, Jan 10
  http://sun.ap.teacup.com/contest/2170.html




0

2016/3/31

UBA PSK63 Prefix Contest 2016 の結果発表  PSK
UBA PSK63 Prefix Contest 2016 の結果発表
CONTEST PERIODS:2016, 1200Z, Jan 9 to 1200Z, Jan 10 (9 Jan 21:00 - 10 Jan 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.uba.be/en/hf/contest-rules/uba-psk63-prefix-contest-rules
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2170.html

 「 UBA PSK63 Prefix Contest 2016 」の結果が UBA Contest-results のサイトで発表されている。
 参加した「 Single Operator/All Bands 」部門で 326/328 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.uba.be/en/hf/contest-results/contest-results-selection?year=2016&vid=7509 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator/All Bands/Low Power
9 Pts x 9 Prefix = 81
Clamed Score: 81 Point

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Every prefix according to the WPX rules once on each band.
0

2016/3/28

2015 XPO・AI コラボレーション の結果発表  CW 国内
2015 XPO・AI コラボレーション の結果発表


第45回XPO記念コンテスト
開催日時:2015年9月21日(祝) 06:00 〜 18:00
規約: URL:http://www.tcn.zaq.ne.jp/akaal304/15xpokiyaku.htm
         http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1509.htm#0921kansai
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2082.html

第10回愛・地球博記念コンテスト
開催日時:平成27年9月22日(月)21:00 〜 24:00
                 23日(祝)06:00 〜 12:00
規約: URL:http://isotope.sist.chukyo-u.ac.jp/tkitest/regulation/10th-ai.html
         http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1509.htm#0922tokai
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2083.html
          http://sun.ap.teacup.com/contest/2181.html

 「 2015 XPO・AI コラボレーション 」の結果が JARL東海地方本部 コンテスト のサイトで発表されている。
  50/328 、とのこと。

 それにしても 「 第45回XPO記念コンテスト 」の結果が JARL関西地方本部 コンテスト のサイトでいまだに発表されていない。(リンクが張られているがリンク先にファイルがない。)どうなっているのだろうか。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://isotope.sist.chukyo-u.ac.jp/tkitest/result/xpoplusAI2015.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

第45回XPO記念コンテスト

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:電信 シングルオペ マルチバンド (CM)
136 Pts x 77 都府県支庁 = 10472
Clamed Score: 10,472 Point

得点: 完全な交信を1点とする。ただし、同一バンド内における重複交信は得点にならない
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都府県支庁の数


第10回愛・地球博記念コンテスト

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:電信 シングルオペ マルチバンド (CA)
141 Pts x 72 都府県支庁 = 10152
Clamed Score: 10,152 Point

得点: コンテストナンバーの交換が完全に行なわれた交信について1点
         ※同一バンドで電信・電話モードが違えば、電信・電話各々得点計上可
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都府県支庁の数
0

2016/3/28

CQ WW WPX Contest, SSB  SSB DX
CQ WW WPX Contest, SSB
CONTEST PERIODS: 0000Z, Mar 26 to 2359Z, Mar 27 (26 Mar 09:00 - 28 Mar 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.cqwpx.com/rules.htm

 26日朝、0100 UTC から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。信号は多数聞えるが、コンディションは今ひとつ近場がほとんどである。
 聞える局を順次呼んでゆくがほとんどがQSOできない
 正午合計4QSO。QSOできたマルチ14MHzB1・RT021MHzVR2・K6

 午後0500 少し前から運用を再開する。21MHzと28MHzを行き来するがコンディションは相変わらず。21MHzヨーロッパ方面も聞えるがQSOできるのはごく僅か
 草臥れるのでほかの事をしながら時々ワッチする。
 夕食時合計11QSO。QSOできたマルチ21MHzKH2・VK4・UZ428MHzDX7・B7

 夕食後1050 頃から運用を再開する。21MHzで依然ヨーロッパ方面に開けているので21MHzに出る。
 ほとんどQSOできないので 1110 頃に今夜の運用を終わる合計15QSO。QSOできたマルチ21MHzBA3・IZ4・II4・YT7

 27日朝0100 から運用を開始する。21MHzをメインにして時々28MHzや14MHzを覗きに行く。
 飛ばないし草臥れるので全くやる気が起こらない。時々QSOできそうな局を呼ぶ。
 正午合計26QSO。その後QSOできたマルチ21MHzAI0・VC6・YB2・KL7・BD7・KX7・BY9・BA7・BV0・BW0・KT5

 午後0515 頃から運用を再開する。21MHzと28MHzを行き来する。
 21MHzではヨーロッパ方面も聞えるがなかなかQSOできない。
 夕食時合計33QSO。その後QSOできたマルチ21MHzUW2・S50・4H0・UA2・RK028MHz4D1

 夕食後は結局運用せず合計33QSOコンテストを終わる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op, All Bands, Low Power
73 Pts x 30 Prefix = 2190
Clamed Score: 2,190 Point

POINTS: 6 points per 160/80/40m QSO with different continent
       3 points per 20/15/10m QSO with different continent
       2 points per 160/80/40m QSO with same continent different country
       1 point per 20/15/10m QSO with same continent different country
       1 point per QSO with same country (regardless of band)
           Exception: QSO points double for NA-NA QSOs with different country
MULTIPLIERS: Prefixes once (regardless of the band)
0

2016/3/22

第46回 大都市コンテスト  CW 国内
第46回 大都市コンテスト
開催日時: 2016年3月20日(日)春分の日 15:00 〜 18:00(JST)
規約: URL:http://www.geocities.jp/no5hc/dai46.html

 20日午後、15:15頃から7MHz運用を開始する。「東海QSOコンテスト」が終わった直後なのでかなり静かである。
 様子だけ覗いて15:30からしばらく休憩する。
 16:00から運用を再開する。聞える局を順次呼んでゆく。
 このコンテストは全国どの局ともQSOできるので、一通りQSOしてからは専らCQを出す。
 17:00頃から3.5MHzに出る。2・3局はうまく動作したが、回り込みでPCが動かなくなる。仕方なく、「手打ち・手書き」で運用するがやはり草臥れる
 すぐに諦めて7MHzに戻る。そのうちにコンテスト終了の18:00となる。合計58QSOほとんどがマルチにもなる

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 個人 マルチバンド
58 Pts x 49 区・中核市・都府県支庁 = 2842
Clamed Score: 2,842 Point

得 点: 電話1点、電信1点
            バンドが異なれば同一局も異なった局と見なす。
            電信と電話のクロスモードによる交信も1点とする。
マルチプライヤー: 区、中核市及び都府県支庁の数
0

2016/3/22

第56回東海QSOコンテスト  CW 国内
第56回東海QSOコンテスト
開催日時: 2016年3月20日(日・祝)09:00 〜 15:00(JST)
規約: URL:http://isotope.sist.chukyo-u.ac.jp/tkitest/regulation/56th-tkiqso.html

 20日朝、09:00から7MHz運用を開始する。JA2が多数聞えて賑やかである。順次呼んでゆくが、呼び合いになってなかなか応答が得られないことが多い。
 時々ハイバンドV・UHFを覗きに行く。V・UHFは全く聞えてこないが14MHzや21MHzは何局か信号が聞える。しかし、こちらの電波が届かない
 11:30頃から同時に開催されている「Russian DX Contest」に出る。
 正午合計33QSO。QSOできたマルチ7MHz2110・200113・2014・180201・2116・1903・2003・21012・2022・18009・1809・1813・2021・1815・200102・2101・2032・1910・1906・2117・180101・1908・180206・2002・20005・2030・2035

 午後13:15頃から運用を再開する。引き続き7MHzをメインにして時々ハイバンドやV・UHFを覗きに行く。
 次第にQSOした局が多くなり、新しい局はなかなか見つからなくなる。
 14;30を過ぎるとほとんど局数が伸びなくなったので「Russian DX Contest」に出るため、コンテストを終わる合計50QSO。その後QSOできたマルチ1823・18010・2015・2040・180205・2008・1803・1916・1901・2033・200114・200109・2031

 ハイバンドV・UHF1局もQSOできなかったので、結果的に7MHzだけの運用となる。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局部門 シングルOP 電信 HFローバンド (X-SCHL)
50 Pts x 40 市郡区 = 2000
Clamed Score: 2,000 Point

得 点: 3.5〜21MHz帯 1点
        28MHz帯 2点
        50〜430MHz帯 1点
        1200MHz帯 3点
        2400MHz帯 5点
        5600MHz帯 10点
        10.1GHz帯以上 20点
          ※同一局とは同一バンドにおいて電信・電話それぞれ1交信(受信)ずつ有効
マルチプライヤー: 管内局:異なる2エリア内の市郡区の数および2エリア外の都府県支庁数
             管外局・SWL:異なる2エリア内の市郡区の数
0

2016/3/22

Russian DX Contest  CW DX
Russian DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Mar 19 to 1159Z, Mar 20 (19 Mar 21:00 - 20 Mar 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.rdxc.org/asp/pages/rulesg.asp

 19日夜、1200 UTC から同時に開催されている「BARTG RTTY HF Contest」を中断して運用を開始する。
 14MHzヨーロッパ方面が聞えるので順次呼んでゆく。しかし、ヨーロッパ同士が呼び合っているのでなかなか応答が得られない。
 1400 で今夜の運用を終わる合計32QSO。QSOできたマルチ14MHzHA・UR・UA(MO)・9A・OR・OM・BY・YO・YU・UA9(NS)・EU・SP・S5・LY・PE・YL・PK・MA・SR・VK・JT

 20日朝2150 頃から運用を開始する。昨夜の設定のままで、まず14MHzに出があまり信号は聞えてこない。7MHzを覗くが少し遅いのでヨーロッパ方面もあまり聞えてこない。
 21MHzVK/ZLが2・3聞えるだけなので14MHzに腰をすえる。
 14MHz北米西海岸方面に開けているようであるが、信号はあまり聞えてこない。
 2310 で朝食のため一休みする合計54QSO。その後QSOできたマルチ7MHzOK・JA・BY・UA(LO14MHzK・SL・JA・VE・KT・EA21MHzZL・VK・KH6

 朝食後0140 頃から運用を再開する。
 21MHz近場ばかりであるが信号が聞えるので21MHzに出る。
 聞えるのは近場ばかりであるがUA9/0得点が高くオブラストがマルチになるので有難い。
 0220 頃、28MHzVK2IM・WH7AAとQSOできる。他には聞えてこない。
 正午合計80QSO。その後QSOできたマルチ14MHzPM21MHzJT・BY・UA9(HK)・KK・KE・YB・TN・HA・HS・VR・PK・IR・9M2・NH28MHzVK・KH6

 午後0400 頃から運用を再開する。しかし、各バンドともほとんど信号は聞えてこない。14MHzUP0LとQSOできただけでしばらく休憩する
 0525 から運用を再開する。まず、28MHzをワッチするとUA4あたりが強力に聞える。聞える局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOして 0540 から21MHzに変わる。21MHzヨーロッパ方面に開けている。
 夕食時合計103QSO。その後QSOできたマルチ14MHzUN21MHzLZ・UA(VR)・S5・ST・9A・SR・VL・CB・PE・OH・I・SP28MHzUA(MR)・UA9(CB)・PE・RK・BU・TA・VR

 夕食後1030 から運用を再開する。14MHzに出るがヨーロッパ方面はすぐに聞えなくなりUA9/0ばかりとなる。
 1100 から7MHzに変わる。DXも聞えるが局数は少ない。そのうちにコンテスト終了の 1200 となる。
 合計119QSO。その後増えたマルチ7MHzK・UA9(TO)・9V・HL14MHzAR・ER・CB・KK・TO・HK

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB - CW-LP - Single Op, All Bands, CW, Low Power
820 Pts x ( 51 Cntry + 38 Oblt ) = 72980
Clamed Score: 72,980 Point

POINTS: Non-Russian stations:
               QSO with Russian station - 10 points,
               QSO with your own country - 2 points,
               QSO with a different country on your continent - 3 points,
               QSO with another continent - 5 points.
               5 points per QSO with /MM
MULTIPLIERS: Each oblast once per band
          Each country once per band
             (Kaliningrad (UA2) is a separate DXCC entity and a separate Oblast)
0

2016/3/22

BARTG RTTY HF Contest 2016  RTTY
BARTG RTTY HF Contest 2016
CONTEST PERIODS: 0200Z, Mar 19 to 0200Z, Mar 21 (19 Mar 11:00 - 21 Mar 11:00 JST)
RULES: URL:http://www.bartg.org.uk/hfrttycontest.asp

 19日午前、0200 UTC 少し過ぎから運用を開始する。各バンドをワッチするが21MHzで2・3信号が聞える。
 すぐにN7NMとQSOできるが、その後は北米方面は聞えず、QSOできるのは近場だけ
 0240 から14MHzに変わる。北米西海岸方面と2・3QSOできるが他は近場ばかり。
 正午合計15QSO。QSOできたマルチ14MHzJA(JA8)・JA3・K(K4)・K7・UA9・K6・HL21MHzK(K7NA)・9M6(OC)・BY(AS)・UA9・KH6・DU

 午後0415 頃から運用を再開する。引き続き14MHzに出るがKH6ZMとQSOできただけで、他に信号が聞えてこないのでしばらく休憩する
 0500 から運用を再開する。14MHzではEM0IとQSOできるが他に信号が聞えてこないので21MHzに変わる。
 21MHzヨーロッパ方面も聞えるがQSOできる局は少ない。
 0700 頃から14MHzと21MHzを行き来する。
 0900 から7MHzに出る。ZL3PAHとQSOできるが他は国内局ばかり。
 夕食時合計50QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJA(JA1)・JA4・ZL14MHzKH6・UR(EU)・YL・ZL・9M621MHzYB・JA(JA3)・UA・ZL・UR・YL・YO・I・SP

 夕食後1000 少し前から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。
 時々DXともQSOできるがほとんどは国内局国内局も得点になるしコールエリアがマルチにもなるので有難い。
 国内局を目当てに専らCQを出す。時々14MHzを覗く。依然ヨーロッパ方面に開けているようであるが、聞える信号は少ない。
 1200 から「Russian DX Contest」が始まったのでこのコンテストに専念するため今夜の運用を終わる合計85QSO。その後QSOできたマルチ7MHzJA6・K(K7)・JA2・JA5・JA3・DU・9M6・JA9・UA9・K6・VE(VE7)・YB14MHzUA・SP

 20日は同時に開催されている「Russian DX Contest」・「東海QSOコンテスト」・「大都市コンテスト」に専念する。
 夜になって少し7MHzを覗くが3局とQSOできただけ。マルチはHLが増える。

 21日朝0100 少し前から運用を開始する。14MHzに出るが信号はあまり聞えてこない。
 そのうちにコンテスト終了の 0200 となる。合計94QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ14MHzBY・JA7・JA4、だけ。

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB Single Operator All Band
94 Pts x ( 36 Cntry + 19 CallArea ) x 4 Conti = 20680
Clamed Score: 20,680 Point

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once per band (including JA, W, VE and VK)
          JA, W, VE and VK areas once per band
          Continents once regardless of band
0

2016/3/14

第17回 Let's A1 コンテストの結果発表  CW 国内
第17回 Let's A1 コンテストの結果発表
開催日時: 2015年10月25日 14:00 〜 19:59
規約: URL:http://a1club.net/test/A1_contest.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2110.html

 「 第17回 Let's A1 コンテスト 」の結果が A1 CLUB のサイトで発表されている。
 参加した「 一般局部門 」 29/146 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://a1club.net/test/Result/2015LetsA1/summary.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 一般局部門
117 Pts x 34 従免許年 = 6968
Clamed Score: 6,968 Point

得 点: 各バンドにおける異なる局との完全な交信が1点
マルチプライヤー: 各バンドで得た、「異なる従免許年(西暦の下2桁)の個数のバンド毎の総和」
0

2016/3/14

2016年ALL JAφ 3.5MHz / 7MHz コンテスト  CW 国内
2016年ALL JAφ 3.5MHz / 7MHz コンテスト
開催日時: 3月12日(土)21:00 〜 24:00(時報まで):ALL JAφ 3.5MHzコンテスト 
      3月13日(日)08:00 〜 12:00(時報まで):ALL JAφ 7MHzコンテスト
規約: URL:http://jarl-nn.asama-net.com/index.php?html_id=00000256

 3.5MHzは回り込みがひどく、うまく動作しないので参加を諦める

 13日朝7MHzに参加のため、08:00から運用を開始する。
 このコンテスト全国どの局ともQSOできるが、JA0関連局しかマルチにならない。早々に何局かのJA0とQSOできたので、後は気楽にCQを出したり、呼びにまわったり
 08:40で朝食のため一休みする合計35QSO。QSOできたマルチI_D・A_H・P_H・J_L・H_I・A_Q・H_N・H_C・R_U・A_Y・R_O

 朝食後09:30から運用を再開する。引き続きCQを出したり、呼びに回ったり
 次第にQSOした局が多くなり。新しい局はなかなか見つからない。CQを出してもあまり呼ばれない
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計97QSO。その後増えたマルチG_O・E_O・H_A・K_K・R_D・A_F・A_P・A_A・H_F・A_W・I_E・H_M

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 7MHz 個人局 電信部門 (C7)
145 Pts x 23 マルチ = 3335
Clamed Score: 3,335 Point

得 点: φエリア管内局との交信:3点
      管外局との交信:1点
マルチプライヤー: 自局がφエリア管内局の場合 異なるプリフィックスの数(JAφBJ=JAφ, JK2XXK/φ=JK2) 
             自局が管外局の場合 異なるφエリアの呼出符号の局及びφエリア内から運用する局のみのプリフィックスの
             2文字目とラストレターの組み合わせの数(JAφFVF=A*F, JFφJYR/1=F*R, JS3SIM/φ=S*M)
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ