2016/7/19

第20回ALL滋賀コンテスト  CW 国内
第20回ALL滋賀コンテスト
開催日時: 平成28年7月18日(月/祝)10:00 〜 12:00,13:00 〜 15:00
規約: URL:http://blogs.yahoo.co.jp/toyamahimitakaoka

 18日午前、10:00から運用を開始する。まず、7MHzに出る。結構賑やかである。滋賀県内局も何局か聞えるが全国から呼ばれているのでパイルアップ状態である。
 このコンテスト全国どの局ともQSOできるのでCQを出している局を順次呼んでゆく。
 15分ほどして14MHzに変わる。全国的に開けているのでCQを出す
 10:40頃から21・28・50・144・430MHzを行き来する。144MHz・430MHz・28MHz滋賀県内局とQSOできる。このコンテスト滋賀県内局とQSOできたバンド数第2マルチとなる。これが大きくスコアに影響するので、できるだけ多くにバンドでQSOしたいものである。
 正午合計49QSO。QSOできたマルチ7MHz2301・31・25・2304・20・2307・2314・09・12・22・2311・2114MHz10・41・11・14・18・19・32・13・2309・35・21・2021MHz42・40・12・27・10・03・2528MHz42・106・35・03・25・230150MHz25144MHz2308・2309・25430MHz2301・2309
 滋賀県内局QSOできたバンド7・14・28・144・430MHzの5バンド

 午後13:10頃から運用を再開する。21MHzと50MHz滋賀県内局とQSOできていないので、21MHzと50MHzメインにして他は時々覗きに行く。
 ところが、コンディションが悪くなったのか、参加局が少なくなったのか、あまり信号が聞えてこない。兎に角、CQを出したりサーチしたり、で1局でも局数を伸ばす
 その内にコンテスト終了15:00となる。合計75QSO。その後QSOできたマルチ7MHz24・36・40・34・03・35・42・1314MHz4228MHz4750MHz26・24・27144MHz22
 結局、後半では1局も滋賀県内局とはQSOできなかった

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信 シングルオペ マルチバンド (OCM)
127 Pts x 57 滋賀県内市郡・都府県支庁 x 5 滋賀県 = 36480
Clamed Score: 36,480 Point

得 点:  県内局との完全な交信5点
      県外局との完全な交信1点
      8J3SCとの完全な交信は10点
マルチプライヤー: 県内局:バンドごとの異なる滋賀県内の市郡数+バンド毎の異なる都府県支庁数(滋賀県を除く)
             県外局 第1マルチ:バンドごとの異なる滋賀県内の市郡数+バンドごとの異なる都府県支庁数(滋賀県を除く)
                  第2マルチ:滋賀県内局と交信したバンド数
0

2016/7/19

2016 オールJA5コンテスト  CW 国内
2016 オールJA5コンテスト
開催日時: 2016年7月16日 21:00 〜 17日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/shikoku/oa-08/index.html

 16日夜、21:00から運用を開始する。同時に「オール青森コンテスト」「オホーツクコンテスト」が開催されているが「オールJA5コンテスト」に主力を置いて、他はCQが聞えたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 まず、7MHzに出る。何局かJA5が聞えるが全国から呼ばれているので全く歯が立たない。ハイバンドやVHFを覗きに行くが信号は聞えてこない。
 30分ほどした何回か呼べば応答が得られるようになる。
 22:00少し前から3.5MHzに出る。こちらは距離が丁度良いのかほとんどがすぐに応答がある。
 23:30今夜の運用を終わる合計12QSO。QSOできたマルチ3.5MHz3601・3901・3704・38017MHz3608・3801・3601・3901・3607

 17日朝06:30から運用を開始する。7MHzに出るが新しい局はあまり聞えてこない。時々ハイバンドやVHFを覗きに行く。
 08:20で朝食のため一休みする合計18QSO。その後QSOできたマルチ7MHz3600314MHz3602・3601

 朝食後09:15から運用を再開する。7MHzハイバンドVHFを行き来する。
 10:00を過ぎると14MHzや21MHzで時々JA5が強力に聞こえ出す。
 正午合計32QSO。QSOできたマルチ7MHz3807・3904・3806・370414MHz3608・3901・3704・3600621MHz39001・3801

 午後13:15から運用を再開する。同様に7MHzハイバンドを行き来する。しかし新しい局はほとんど聞えてこない。
 夕食時合計36QSO。増えたマルチ3.5MHz360037MHz370814MHz3801、だけ。

 夕食後19:10から運用を再開する。3.5MHzに出るが新しい局はあまり聞えてこない。
 その内にコンテスト終了21:00となる。合計40QSO。その後増えたマルチ3.5MHz3608・3607、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: エリア外 電信 マルチバンド
40 Pts x 27 市郡 = 1080
Clamed Score: 1,080 Point

得 点:  完全な交信を1点
マルチプライヤー: 四国内の局:都道府県支庁
             四国外の局:四国内の市郡
1

2016/7/19

第40回オホーツクコンテスト  CW 国内
第40回オホーツクコンテスト
開催日時: 平成28年7月16日 18:00 〜 17日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/okhotsk/contest/40th_contesuto_kiyaku.pdf
      http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1607.htm#0716okhotsk
 
 16日夜、19:15から運用を開始する。同時に開催されている「オール青森コンテスト」掛け持ちをする。
 20:35になって7MHzJA8JXC(0108)CQが聞こえ出す。呼ぶとすぐに応答がある。
 21:00から「オールJA5コンテスト」が始まったのでこのコンテストに主力を置く。
 23:30今夜の運用を終わる合計2QSO。その後QSOできたのは7MHzJA8YPG(0119)だけ。

 17日朝は、06:30から運用を開始する。同様に「オールJA5コンテスト」に主力を置いてサーチについで「CQ OKH TEST」を探す。
 正午合計5QSOJA8JXC14・21・28MHzでQSOできる。

 午後15:00「オール青森コンテスト」が終わったが、その後も「オールJA5コンテスト」掛け持ちをする。
 聞えるのはJA8JXCのCQだけで他には聞えてこない。

 夕食後19:15から運用を再開する。後は3・5MHzでJA8JXCを期待するだけ。
 「オールJA5コンテスト」のサーチのついでに「CQ OKH TEST」を探す。
 20:45になってJA8JXCのCQが聞こえ出す。何回か呼んで何とかQSOできる。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計6QSO。そのうち5QSOがJA8JXCとのQSO。もっと管内局が出てきてほしいものである。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 マルチバンド 電信(個人)
6 Pts x 6 市町村 = 36
Clamed Score: 36 Point

得 点:  管内局:国内のアマチュア無線局との完全な交信を1点とする
      管外局:オホーツク総合振興局(旧網走支庁)管内のアマチュア無線局との完全な交信を1点
               ※ただし、同一バンド内での重複交信は、1交信を除いては電波形式が異なっても得点としない。
マルチプライヤー: 管内局:46都府県,小笠原,沖ノ鳥島,南鳥島,オホーツク総合振興局以外の13支庁,オホーツク総合振興局管内の18市町村
             管外局:オホーツク総合振興局管内の18市町村
0

2016/7/19

第10回オール青森コンテスト  CW 国内
第10回オール青森コンテスト
開催日時: 平成28年7月16日 15:00 〜 17日 15:00
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1607.htm#0716aomori

 16日午後、15:30少し前から運用を開始する。14・21・28MHzを行き来する。各バンドともJA7方面には開けているようであるが、「CQ AM TEST」はあまり聞えてこない。兎に角、聞えた局は順次呼んでゆく。
 16:50頃、50MHzも開けているかも知れない、とワッチしていると瞬間的にJE7GRI(0205)の信号が浮き上がり、QSOできる。他には信号は聞えてこない。
 夕食時合計10QSO。QSOできたマルチ14MHz0205・0201・020421MHz0210・0203・020128MHz0201・020450MHz0205

 夕食後19:15から運用を再開する。18:00から「オホーツクコンテスト」が始まっているので掛け持ちをする。
 JA7が聞こえ出したので7MHzに出る。あまり「CQ AM TEST」は聞こえてこない。
 21:00から「オールJA5コンテスト」が始まったのでしばらくはこのコンテストに主力を置き、「CQ AM TEST」「CQ OKH TEST」が聞えたら .LOG ファイルを切り替えて対応する。
 23:30今夜の運用を終わる合計14QSO。その後QSOできたマルチ7MHz0204・0203・0201・0205

 17日朝06:30頃から運用を開始する。「オールJA5コンテスト」に主力を置いて、他はCQが聞えたら対応する。
 朝食後も同様に掛け持ちをするが新しい局は聞えてこない。
 結局その後は1局とQSOできただけで、コンテスト終了の15:00となる。合計15QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 個人局 マルチバンド(WMO)
15 Pts x 13 市町村 = 195
Clamed Score: 195 Point

得 点: 完全な交信1点
          *同一バンド同一交信局でもモードが違えば電信電話おのおの得点計上可
マルチプライヤー: 県内局=完全な交信をおこなった相手局の運用地点である県内の市町村及び県外の都府県,北海道の地域
             県外局=完全な交信をおこなった青森県内の異なる市町村
0

2016/7/19

DMC RTTY Contest  RTTY
DMC RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jul 16 to 1200Z, Jul 17 (Jul 16 21:00 〜 Jul 17 21:00 JST)
RULES: URL:http://digital-modes-club.org/index.php/en/dmc-rtty-contest
 
 17日午後、15:00「オール青森コンテスト」が終わったのでしばらくこのコンテストに出る。
 まず、21MHzに出るがYC9GWRとQSOできただけで、他に信号は聞えてこないのですぐに14MHzに変わる。
 14MHzもあまり信号は聞えてこない。ごく近場と時々JA1あたりが聞えるだけ。
 その後は同時に開催されている「オールJA5コンテスト」「オホーツクコンテスト」に主力を置いて、時々RTTYバンドを覗きに来る。
 夕食時合計11QSO

 夕食後も時々RTTYバンドを覗きに来るが信号は聞えてこない。
 結局、その後は1局もQSOできずコンテスト終了の 1200 となる。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: SOAB-LP-12h
11 Pts x 9 Prefix = 99
Clamed Score: 99 Point

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: Worked prefixes, each one count only once in the contest regardless of band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ