2016/11/21

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 19 to 1200Z, Nov 20 (19 Nov 21:00 - 20 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 19日夜、1200 UTC から運用を開始する。14MHzで2・3ヨーロッパ方面が聞えるので順次呼んでゆく。コンディションが今ひとつこちらの電波が届かないことが多い。
 同時に「JA9 コンテスト HF」がスタートしているので数局とQSOしてからは「JA9 コンテスト HF」に主力を置く。3.5MHzJK2XXK/9とQSOすると同時に「59945」のナンバーをいただく
 1400 少し過ぎに今夜の運用を終わる合計8QSO。QSOできたマルチ3.5MHz457MHz3114MHz28・29マルチがITUのZONEなのであまり増えない

 20日朝2110 頃から運用を開始する。ヨーロッパ方面を期待して7MHzに出る。2118KC1XXのCQが聞えたので呼ぶとすぐに応答がある。その後はヨーロッパの局が聞こえ出したので順次呼んでゆく。
 2146主催国LZ1JZ(PD)とQSOできる。他にも何局かLZが聞えていたがこちらの電波が届かない
 2210 頃からは「JA9 コンテスト HF」に主力を置く。22237MHzJK2XXK/9とQSOすると同様に「59945」をいただく
 その後も 2330 ごろまで「CQ LZ TEST」が聞えていたがこちらの電波が届かない
 2330 で朝食のため一休みする合計23QSO。QSOできたマルチ7MHz34・08・29・28・PD・45・33

 午前中「JA9 コンテスト HF」に主力を置き、時々DXバンドを覗く
 正午までに21MHzCX2DR(14)とQSOできただけ。

 午後0500 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。
 両バンドとも時々ヨーロッパ方面が聞えるが局数は少ない
 夕食時合計56QSO。その後QSOできたマルチ14MHz32・30・PD・34・31・23・45・SL・33・2721MHz30・SF・29

 夕食後1030 頃から運用を再開するが、各バンドとも何も聞えてこないので、すぐにコンテストを終わる
 結局、その後は1局もQSOできず合計56QSOコンテストを終わる
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator/All Bands/CW/Low Power
156 Pts x ( 21 Zone + 4 LZ-District ) = 3900
Clamed Score: 3,900 Point

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
       3 points per QSO with different continent
       1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band, regardless of the mode
0

2016/11/19

第59回フィールドデーコンテストの結果発表  CW 国内
第59回フィールドデーコンテストの結果発表
開催日時: 2016年8月6日 18:00 〜 7日 12:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/fd/fd_rule.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2333.html

 「 第59回フィールドデーコンテスト 」 Log Check Report JARLコンテスト委員会 からメールで送られてくる。結果も 同サイト に発表されている。
 参加した「 電信部門 シングルオペ オールバンド (CA) 」 部門で 23/105 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/fd/2016/index.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信部門 シングルオペ オールバンド (CA)
236 Pts x 128 都府県支庁 = 30208
Clamed Score: 30,208 Point

得 点:  完全な交信 1点
マルチプライヤー: 3.5MHz帯〜1200MHz帯:異なる都府県支庁
              2400MHz帯以上 : 異なる市、郡または区
0

2016/11/16

ARI International DX Contest 2016 の結果発表  Digi/CW DX
ARI International DX Contest 2016 の結果発表
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 7 to 1159Z, May 8 (May 7 21:00 - May 8 20:59 JST)
RULES: URL:http://www.ari.it/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=250&Itemid=270&lang=en
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2256.html

 「 ARI International DX Contest 2016 」の結果が ARI のサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「 Single Operator - Mixed Low Power 」 部門で 94/101 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.ari.it/images/stories/ContestHF/ARIDX-2016-DX-RESULTS.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: D. Single Operator - Mixed
35 Pts x ( 13 Cntry + 1 I-Prov ) = 490
Clamed Score: 490 Point

POINTS: 0 points per QSO with same country (but is good for the multipliers credit)
       1 point per QSO with different country same continent
       3 points per QSO with different continent
       10 points per QSO with I/IS0 stations
MULTIPLIERS: Each Italian province(110) once per band
           Each DXCC country(except I & IS0) once per band
0

2016/11/16

WAE DX Contest, CW 2016 の結果発表  CW DX
WAE DX Contest, CW 2016 の結果発表
CONTEST PERIODS: 0000Z, Aug 13 to 2359Z, Aug 14 (Aug 13 09:00 〜 Aug 15 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.darc.de/referate/dx/contest/waedc/en/rules/
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2337.html

 「 WAE DX Contest, CW 2016 」の結果が DARC のサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「 Single Op Low Power 」 部門 non-EUROPE 185/241 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.darc.de/der-club/referate/dx/contest/waedc/aktuell/cw/ )で。


 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op Low Power
( 43 QSO Pts + 20 QTC Pts ) x ( 19 x 2 + 3 x 3 ) Pts = 2961
Clamed Score: 2,961 Point

POINTS: 1 point per QSO
         Additional points can be achieved by QTCs
MULTIPLIERS: non-European stations: countries defined in the WAE Country List
          European stations: non-European DXCC entity
           Exception: Call areas count as multipliers: W, VE, VK, ZL, ZS, JA, PY, RA8/RA9 and RAO
0

2016/11/14

OK-OM DX Contest, CW  CW DX
OK-OM DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 12 to 1200Z, Nov 13 (12 Nov 21:00 - 13 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://okomdx.crk.cz/index.php?page=english

 13日午後、同時に開催されている「WAE DX Contest, RTTY」を中断して 0700 UTC から運用を開始する。
 14MHzと21MHzを行き来する。両バンドとも時々OK/OMが浮き上がってくる感じ。聞えるのはOK/OMだけ他のヨーロッパは聞えてこない
 兎に角、聞える局を順次呼んでゆく。強力に聞えるのにいくら呼んでも全く反応が無い局も多い
 しかし、一発でソリッドコピーしてくれる局弱い信号に完全にコピーできるまで根気よく付き合ってくれる局、等さまざま。
 夕食時合計13QSO。QSOできたマルチ14MHzHNJ・DSO・FRK・DTA・VKR・PRI・HVS21MHzFRK・APD・FNA・GVY・DPS・PRI

 夕食後1000 少し過ぎから運用を再開する。21MHzでは信号が聞えてこなくなったので14MHzに出る。
 1030 を過ぎると新しい局は殆ど聞えてこなくなる。
 1110 で諦めてコンテストを終わる合計20QSO。その後QSOできたマルチ14MHzAPD・DDO・DPS・PAR・CJH・FHK

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
60 Pts x 19 OK/OL/OM-district = 1140
Clamed Score: 1,140 Point

POINTS: OK/OL/OM-Station: 1 point per QSO with EU station
       OK/OL/OM-Station: 3 points per QSO with DX station
       EU-Station: 1 point per QSO with OK/OL/OM station
       DX-Station: 3 points per QSO with OK/OL/OM station
MULTIPLIERS: OK/OL/OM-Station: each prefix once per band
           non-OK/OL/OM-Station: each OK/OL/OM district once per band
1

2016/11/14

WAE DX Contest, RTTY  RTTY
WAE DX Contest, RTTY
CONTEST PERIODS: 0000Z, Nov 12 to 2359Z, Nov 13 (12 Nov 09:00 - 14 Nov 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.darc.de/referate/dx/contest/waedc/en/rules/

 12日朝、0035 UTC から運用を開始する。14MHzと21MHzを行き来するが、どちらも近場しか聞えてこない。
 正午合計17QSO。QSOできたマルチ14MHzBV・UA9(UA0)・DU・YB・BY21MHzYB・VK(VK3)・BV

 午後0400 から運用を再開する。早々に21MHzZL3PAHQSOできるが他に信号は聞えてこないのでしばらく他のことをする。
 0530 から運用を再開する。14MHzと21MHzで時々URあたりが浮き上がってくる。
 054921MHzUW3UからQTC 4/10 を受ける。その後も時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくる。
 0732YO9HPへQTC 1/10 を送る
 夕食時合計34QSO。QSOできたマルチ7MHzUA9(UA014MHzUR・UA9・OK・ZL(ZL3)・YL・HA21MHzZL(ZL3)・9M6・UR・5B・UA・DL・YO・EU

 夕食後1000 から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来する。
 11167MHzOG2PとQSOできる。
 あまり信号が聞えてこないので 1130 今夜の運用を終わる合計43QSO。QSOできたマルチ7MHzBV・JA(JA7)・K(K0)・BY・OH・K7・YB14MHzEU

 13日朝2310 頃から運用を開始する。14MHzと21MHzを行き来する。
 231621MHzWN6KQTC 2/10 を送る
 2330 で朝食のため一休みする合計48QSO。その後QSOできたマルチ14MHzK(K6)・VE(VE321MHzK(K6

 朝食後0045 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。時々28MHzを覗くが何も聞えてこない。
 相変わらず近場しか聞えてこない。聞えるのはQSOした局が殆どで局数は伸びない
 正午合計57QSO。その後QSOできたマルチ21MHzUA9(UA0)・ZL1・BY、だけ。

 午後0500 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。時々ヨーロッパ方面が浮き上がってくる。
 0700 過ぎから同時に開催されている「OK-OM DX Contest」にしばらく専念する。
 夕食時合計63QSO。その後QSOできたマルチ14MHzUA・SM21MHzUA9・I

 夕食後1000 から運用を再開する。引き続き「OK-OM DX Contest」に専念する。
 1130 から運用を再開する。7MHzに出るが殆ど信号は聞えてこないので 1200 今夜の運用を終わる合計65QSOマルチは全く増えない

 14日朝2310 頃から運用を開始する。14MHzと21MHzを行き来するが、どちらも北米西海岸方面が2・3聞えるだけ。
 諦めて 2330 コンテストを終わる合計69QSO。その後増えたマルチ14MHzHS・V621MHzVE(VE7

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op All Band Low Power
( 69 + 30 ) Pts x ( 2 x ( 33 Cntry + 12 CallArea ) + 3 x ( 7 Cntry + 4 CallArea ) = 12177
Clamed Score: 12,177 Point

POINTS: 1 point per QSO
       1 point per QTC
MULTIPLIERS: DXCC entity (+4U1V, GM/s, IT, JW/b, TA1, Z6 ) (1 point on each band)
           ten call areas count as multipliers: W, VE, VK, ZL, ZS, JA, PY and RA8/RA9 and RAO
          weighted" by band. Multiply the number of countries worked;
                 on 3.5 MHz by four
                 on 7 MHz by three
                 on 14/21/28 MHz by two
0

2016/11/10

第40回オホーツクコンテストの賞状受領  CW 国内
第40回オホーツクコンテストの賞状受領
開催日時: 平成28年7月16日 18:00 〜 17日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/okhotsk/contest/40th_contesuto_kiyaku.pdf
      http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1607.htm#0716okhotsk
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2313.html
        http://sun.ap.teacup.com/contest/2399.html

 「 第40回オホーツクコンテスト 」の賞状が JARLオホーツク支部 から郵送されてくる。
 参加した「 管外局 マルチバンド 電信 」 部門で 2位 入賞している。

クリックすると元のサイズで表示します

 結果等関連ページを参照してください。
0

2016/11/7

滋賀県RTTY弾丸ツアー  RTTY
滋賀県RTTY弾丸ツアー
開催日時:2016年11月5日
参加メンバー: JJ2DWL JF3LCH JG3SVP JM3UGA JO3MQY JO3OMA JS3CTQ JI4EAW JN4JGK

 主に奈良県在住の有志によって滋賀県全市区町村からRTTYで運用するツアーが実施される。これにコンテスト気分で参加する。
 各局の運用状況 ピロピロ NOW! RTTY移動情報掲示板 によって、ほぼリアルタイムで把握できる。
 滋賀県はほぼスキップゾーンになるので苦戦が予想されたが、それに悪コンディションが加わり聞えない局も多数あった。
 午後からコンディションが多少良くなったが、運用を終わった局が多く、局数は伸びなかった
 結果合計20QSO、12拠点。悪条件の中、まずまずの出来か。

 結果は次のとおり;

●運用拠点
○2301  大津市   JO3OMA ---- 7
○2302  彦根市   JG3SVP ---- 7
○2303  長浜市   JN4JGK ---- 7
○2304  近江八幡市 JF3LCH ---- 7
 2306  草津市   JO3OMA ----
○2307  守山市   JS3CTQ ---- 7 10 14
○2308  栗東市   JS3CTQ ---- 144 3.5 7 10 14 21 28
○2309  甲賀市   JI4EAW ---- 7
 2310  野洲市   JF3LCH ----
 2311  湖南市   JO3MQY ----
○2312  高島市   JN4JGK ---- 7
○2313  東近江市  JM3UGA ---- 7
○2314  米原市   JG3SVP ---- 7
 23002A 甲良町   JJ2DWL ----
○23002B 豊郷町   JG3SVP ---- 7
 23002C 多賀町   JJ2DWL ----
 23003E 愛荘町   JM3UGA ----
○23004C 日野町   JI4EAW ---- 7
 23004D 竜王町   JO3MQY ----

  合計20QSO 12拠点


 11月7日、JS3CTQさんのブログ総合結果が発表されたので紹介しておく。
  23/150 、とのこと。


滋賀県 RTTY 弾丸ツアー結果


2016年11月5日実施

★獲得ポイント一覧★


Rank Callsign QTH QSOs Point LastQSO
-----------------------------------------
1 JH4MGU 18 92 1656 14:06
2 JS6RTJ 19 73 1387 14:17
3 JE1LFX 19 47 893 14:01
4 JG7BBO 18 41 738 14:13
5 JJ1NYH 18 38 684 14:03
6 JN1VXL 19 35 665 13:06
7 JH8CLC/7 19 35 665 13:41
8 JJ1KXB 19 31 589 13:14
9 JH0OTM 19 31 589 14:03
10 JM1SBU 19 28 532 13:07
(以上、表彰対象)
11 JR4LNG 19 28 532 13:13
12 JF2KOZ 16 32 512 14:36
13 JA7JND 17 29 493 13:14
14 JA1VDJ 16 25 400 13:18
15 JA2HMD 18 22 396 14:04
16 JF6RIM 18 21 378 13:46
17 JE6KDD 19 19 361 13:14
18 JF3EIG 16 22 352 13:31
19 JF2IMU 13 25 325 14:34
20 JR2TZJ 17 18 306 13:30
21 JM1FBF 17 17 289 13:45
22 JP1LRT 14 19 266 14:39
23 JA3JM 12 20 240 14:35
24 JK1LUY 15 15 225 14:40
25 JR2MIO/2 12 17 204 13:42
26 JJ8DEN 10 18 180 14:09
27 JA2GWF 12 14 168 14:45
28 JS3CTQ/3 9 14 126 14:05
29 JG2RIE 11 11 121 14:37
30 JA1IRH 9 12 108 9:45
===== 以下省略 =====

0

2016/11/7

第17回全日本CW王座決定戦  CW 国内
第17回全日本CW王座決定戦
開催日時:平成28年11月6日(日)12:00 〜 16:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/jo1zrw/contest.html

 縦振れ電鍵(S)にしようか、PC(X)にしようか、迷ったが、係数が10と13ではあまり変わらないし、得点が2点だから多く呼ばれる訳でもないので、運用が楽なPC(X)を使用する。
 6日午後、12:30少し前から運用を開始する。専らCQを出す。最初はまずまず呼ばれるが、14:00を過ぎると呼ばれなくなる。バンドをワッチすると全般的に信号が弱く、信号もあまり聞えてこない
 このコンテストで使用できるのは7MHzだけなので、どうしようもない。兎に角、CQを出したり、呼びに回ったり
 15:00から30分ほど休憩する。合計70QSO

 15:30から運用を再開する。信号はあまり聞えてこないが、弱い信号でも呼べば応答がある
 その内にコンテスト終了の16:00となる。合計79QSO 41マルチ
 
 QSOできたマルチは;

・ ・ ・ ・ 54 ・ 56 ・ ・ ・
・ 61 62 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 69
70 71 72 73 74 75 ・ 77 78 79
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89
・ 91 92 93 94 95 ・ 97 ・ 99
00 ・ 02 ・ 04 ・ 06 ・ ・ 09
10 11 12 13 14 ・ ・


 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 7MHzシングルバンド
131 Pts x 41 免許取得年 x 10 = 53710
Clamed Score: 53,710 Point

得点: 交信相手がストレートキー使用者(S)の場合・・・2点
            それ以外の使用者(X)の場合・・・・・1点
        得点係数 : ストレートキーでの参加者は ×13
               ストレートキー以外での参加者は ×10
マルチプライヤー: CW運用可能となった従事者免許の取得年(西暦)の下二桁
0

2016/11/7

第22回オール大阪コンテスト  CW 国内
第22回オール大阪コンテスト
開催日時:2016年11月6日(日) 06:00 〜 18:00
              06:00〜11:30 電信部門
              12:30〜18:00 電話部門
              06:00〜18:00 デジタル部門(RTTY/SSTV)
規約: URL:http://ja3ujr.sakura.ne.jp/jarlosaka/contest/kiyaku22.pdf
URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1611.htm#1106osaka

 6日朝、06:50から3.5MHz運用を開始する。
 主催の府内局なので専らCQを出す。連続して呼ばれることはあまり無く、QSOの度にCQを出すような感じ。
 07:30頃から7MHzに変わる。同様に専らCQを出すJA6/7が多く、全国的には開けていない。
 08:15からV・UHFに出るが信号はあまり聞えてこない。
 08:30で朝食のため一休みする合計64QSO。QSOできたマルチ3.5MHz2506・42・12・13・27・20・35・08・09・30・15・19・2529・40・36・2509・25007・2535・297MHz2529・10・40・106・42・32・15・19・108・12・14・250202・2535・13・41・06・03・08・250108・2506・39・46・11・43・05・250205144MHz250205430MHz2509・37・250205

 朝食後09:30頃から運用を再開する。430MHzから順次低いバンドに降りてゆく。府内局や近場ばかりである。
 終了時刻が迫ったので11:00から7MHzに出る。府内局が少ない様で、多くの府外局がCQを出しているので専らCQを出す
 その内にコンテスト終了の11:30となる。合計120QSO。その後QSOできたマルチ7MHz2525・35・28・250102・20・18・2518・36・2714MHz253521MHz2521・2531・24・253528MHz250127・250205・27・2509・2534・2531・251850MHz2526・2507・250123・27・2531・250119・37144MHz2531・27・250101・2535・24・250119430MHz250114

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 府内局 電信部門 シングルオペ マルチバンド (CM-O)
120 Pts x 84 大阪府内市郡区・都府県支庁 = 10080
Clamed Score: 10,080 Point

得点: 完全な交信を1点
       府内の「Y」付加局は2点
        (府外局同士の交信は無効)
        (バンドが異なれば同一局も得点)
マルチプライヤー: 府内局:都府県支庁および大阪府内の市郡区数の和
              府外局:大阪府内の市郡区数の和
1


AutoPage最新お知らせ