2016/11/21

第30回オール秋田コンテストの結果発表  CW 国内
第30回オール秋田コンテストの結果発表
開催日時:2016年9月10日(土) 21:00 〜 23:00
               11日(日) 06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarlakita.com/modules/pico/index.php?content_id=105
         http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1609.htm#0910akita
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2360.html

 「 第30回オール秋田コンテスト 」の結果が JARL秋田県支部 からメールで送られてくる。 サイト にも発表されている。
 参加した「 県外 電信電話 SOP HFマルチバンド (GSHC) 」 部門で 13/39 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarlakita.com/modules/pico/index.php?content_id=120 )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 電信電話 SOP HFマルチバンド (GSHC)
22 Pts x 19 市町村 = 418
Clamed Score: 418 Point

得点: 完全な1交信につき電信・電話とも各1点。
        ※同一バンドで電信・電話モードが違えば、電信・電話各々得点計上可
        ※同一バンド・モードでの重複交信は不可。
マルチプライヤー: 県内局:秋田県内の異なる市町村及び都府県支庁
             県外局:秋田県内の異なる市町村
              ※モードが違っても同一バンドでは1回のみの計上とする。
0

2016/11/21

JA9コンテストHF 2016 電信  CW 国内
JA9コンテストHF 2016 電信
開催日時:2016年11月19日(土)21:00 〜 20日(日)12:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1611.htm#1102hokuriku

 19日夜、21:00から運用を開始する。最初は同時にスタートした「LZ DX Contest」に出て、21:30頃から運用を開始する。
 7MHz何も聞えないので3.5MHzに出るJA9も何局か聞えるが全国から呼ばれているので、各局ともパイルアップ状態でなかなか応答が得られない。
 22:30で諦めて今夜の運用を終わる合計6QSO。QSOできたマルチ3.5MHz2807・29010・2811・3011・2802・29003

 20日朝06:15から運用を開始する。最初は7MHzヨーロッパ方面が聞えるので「LZ DX Contest」に主力を置く。
 時々3.5MHz国内コンテストバンドを覗く。JA9も何局か聞えるがQSOした局ばかりで新しい局はなかなか見つからない。
 07:20頃から7MHzに出る。JA9が何局かき超えるので順次呼んでゆく。
 08:30で朝食のため一休みする合計17QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz2809・29057MHz3011・2808・2801・2807・2802・3010・3001・29010

 朝食後10:15頃から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。QSOした局が多くなり、新しい局はなかなか見つからない。それに、新しい局が出てくるとパイルアップ状態になり、ほとんど歯が立たない。また、いくら呼んでも全く反応が無い局も多い
 時々ハイバンドも覗くが何も聞えてこない。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計26QSO。その後QSOできたマルチ7MHz2901・2910・2809・2801・2910・2902・29003・2905・2804

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルオペレーター マルチバンド
26 Pts x 23 市郡 = 598
Clamed Score: 598 Point

得点: 完全な交信で  1点
マルチプライヤー: 9エリアの局:9エリアの市郡,都府県,北海道振興局の和(バンドごと)
             その他の局:9エリアの市郡の和(バンドごと)
0

2016/11/21

LZ DX Contest  CW DX
LZ DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 19 to 1200Z, Nov 20 (19 Nov 21:00 - 20 Nov 21:00 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/rulesen.html

 19日夜、1200 UTC から運用を開始する。14MHzで2・3ヨーロッパ方面が聞えるので順次呼んでゆく。コンディションが今ひとつこちらの電波が届かないことが多い。
 同時に「JA9 コンテスト HF」がスタートしているので数局とQSOしてからは「JA9 コンテスト HF」に主力を置く。3.5MHzJK2XXK/9とQSOすると同時に「59945」のナンバーをいただく
 1400 少し過ぎに今夜の運用を終わる合計8QSO。QSOできたマルチ3.5MHz457MHz3114MHz28・29マルチがITUのZONEなのであまり増えない

 20日朝2110 頃から運用を開始する。ヨーロッパ方面を期待して7MHzに出る。2118KC1XXのCQが聞えたので呼ぶとすぐに応答がある。その後はヨーロッパの局が聞こえ出したので順次呼んでゆく。
 2146主催国LZ1JZ(PD)とQSOできる。他にも何局かLZが聞えていたがこちらの電波が届かない
 2210 頃からは「JA9 コンテスト HF」に主力を置く。22237MHzJK2XXK/9とQSOすると同様に「59945」をいただく
 その後も 2330 ごろまで「CQ LZ TEST」が聞えていたがこちらの電波が届かない
 2330 で朝食のため一休みする合計23QSO。QSOできたマルチ7MHz34・08・29・28・PD・45・33

 午前中「JA9 コンテスト HF」に主力を置き、時々DXバンドを覗く
 正午までに21MHzCX2DR(14)とQSOできただけ。

 午後0500 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。
 両バンドとも時々ヨーロッパ方面が聞えるが局数は少ない
 夕食時合計56QSO。その後QSOできたマルチ14MHz32・30・PD・34・31・23・45・SL・33・2721MHz30・SF・29

 夕食後1030 頃から運用を再開するが、各バンドとも何も聞えてこないので、すぐにコンテストを終わる
 結局、その後は1局もQSOできず合計56QSOコンテストを終わる
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator/All Bands/CW/Low Power
156 Pts x ( 21 Zone + 4 LZ-District ) = 3900
Clamed Score: 3,900 Point

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
       3 points per QSO with different continent
       1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band, regardless of the mode
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ