2016/11/24

第37回オール九州コンテスト  CW 国内
第37回オール九州コンテスト
開催日時:2016年11月22日(火)21:00 〜 23日(水/祝)15:00
規約: URL:http://www.jarl.com/kyushu/pdf/37th_all-kyushu-contest_kiyaku.pdf
        http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/local-info/1611.htm#1122kyushu

 22日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzを覗くが何も聞えない。すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzは賑やかで管内局も何局か聞える。しかし、全てが全国から呼ばれており、パイルアップ状態で全く歯が立たない
 周波数をずらしたり、タイミングを遅らせたり、で何とか局数を伸ばす
 22:00を過ぎると新しい局は殆ど聞えてこない。
 22:30で諦めて今夜の運用を終わる合計15QSO。QSOできたマルチ3.5MHz4626・402102・4007・4302・4205・4201・4211・4713・4603・400105・4036・40005

 23日朝07:00から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るが、聞えるのはQSOした局ばかりで、新しい局は聞えてこない。すぐに7MHzに変わる。
 7MHzDXとそれらを呼ぶJAのパイルばかりで、「CQ 6 TEST」は聞えてこない。
 しばらくするとJS6RTJ(4713)のCQが聞こえ出す。呼ぶとすぐに応答がある。
 07:30を過ぎると次第に賑やかになって、多くの管内局が聞こえ出す。まだ出ている局が少ないのか呼ぶとすぐに応答がある。
 時々ハイバンドを覗きに行くが何も聞えてこない。
 08:30で朝食のため一休みする合計28QSO。その後QSOできたマルチ7MHz4713・4626・4201・4101・4202・400105・4601・4010・4020・4036・4603・4618

 朝食後09:15から運用を再開する。引き続き7MHzをメインにして時々ハイバンドを覗きに行く。
 09:2714MHzJS6RTJとQSOできる。他にはJA8のCQが聞えるだけで管内局は聞えてこない
 その後は聞える新しい局を順次呼んでゆく。次第にQSOした局が多くなり新しい局はなかなか見つからない。
 正午合計44QSO。その後QSOできたマルチ7MHz4011・4401・4034・46005・40018・4415・4404・4205・460714MHz4713・46005・4626

 午後13:00から運用を再開する。聞えるのはQSOした局管外局のCQばかり。新しい局は聞えてこない。ハイバンドも2・3のJA8のCQが聞えるだけで、新しい局は聞えてこない。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計47QSOコンテストを終わる。結局、午後にQSOできたのは3局だけ。増えたマルチ4616・400106、のみ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 電信部門 SOP マルチバンド (XCSM)
47 Pts x 38 市郡区 = 1786
Clamed Score: 1,786 Point

得点: コンテストナンバーの交換が完全にされた交信:1点
マルチプライヤー: 交信相手局の運用場所を示す異なる市郡区,都道府県
                  ※バンドが異なれば同一市郡区,都道府県でもマルチプライヤー
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ