2017/4/3

第29回和歌山コンテスト  CW 国内
第29回和歌山コンテスト
開催日時: 2017年(平成29年)4月2日 09:00 〜 21:00 JST
規約: URL:http://www.jarl.com/wakayama/cntest.html

 2日朝、09:00から運用を開始する。同時に「長崎県コンテスト」「EA RTTY Contest」が開催されているがしばらくはこのコンテストに専念する
 10:30を過ぎると新しい局は聞こえてこなくなったので、その後は「EA RTTY Contest」に主力をおき、時々国内コンテストバンドを覗きに来る。
 正午合計12QSO。QSOできたマルチ7MHz2608・26001・2601・2602・2605・2609

 午後14:10頃から運用を再開する。7MHzをワッチするが信号は殆ど聞こえてこない
 その後は「EA RTTY Contest」に主力をおいて時々国内コンテストバンドを覗きに来る。
 16:30頃から3.5MHzに出る。2・3県内局が聞こえるがこちらの電波が届かない。何とか1局とQSOできる。
 夕食時合計14QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz26087MHz2607、だけ。
 
 夕食後19:20頃から運用を再開する。3.5MHzに出るが殆ど信号は聞こえてこない。聞こえても信号が弱く、こちらの電波が届かない
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計16QSO。その後増えたマルチ3.5MHz26001・2601、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 和歌山県外 個人局 HF(1.9〜28MHz)マルチバンド 電信 (GCHF)
16 Pts x 10 市郡 = 160
Clamed Score: 160 Point

得 点: 1交信を1点とする。 SWLは和歌山県内のみを1点とする。
           但し、同一バンド内での重複はモードが異なっても得点としない。
マルチプライヤー: 県内局:各バンド毎に都道府県支庁(和歌山県を除く)および和歌山県内の市郡を1マルチとする。
             県外局:各バンド毎に和歌山県内の市郡を1マルチとする。
0

2017/4/3

2017年長崎県コンテスト  CW 国内
2017年長崎県コンテスト
開催日時: 2017年4月1日(土)20:00 〜 24:00
               2日(日)06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.jarl.com/nagasaki/2017ntst.pdf

 1日夜、20:00から運用を開始する。まず、7MHzに出る。JA6FOF/6(4201)が強力に聞こえるが、他には何も聞こえてこない。
 すぐに3.5MHzに変わる。2・3県内局が聞こえるので順次呼んでゆく。しかし、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない
 何とか4局とQSOできるが、他には新しい局は聞こえてこない。
 21:00で諦めて今夜の運用を終わる合計5QSO。QSOできたマルチ3.5MHz4205・42017MHz4201

 2日朝06:20頃から運用を開始する。まず、3.5MHzをワッチするが何も聞こえてこないのですぐに7MHzに変わる。
 7MHzでは県内局が2・3聞こえるが信号はまだ弱い。次第に強くなってくる。呼ぶとまだ出ている局が少ないのかすぐに応答がある。
 07;00を過ぎると新しい局は聞こえてこなくなったので、その後は同時に開催されている「EA RTTY Contest」に主力をおき、時々国内コンテストバンドを覗きに来る。
 08:00で朝食のため一休みする合計11QSO。その後QSOできたマルチ7MHz4205・4204・4202

 朝食後09:00から運用を再開する。「和歌山コンテスト」がスタートしたので、しばらくはこのコンテストに専念する。新しい局が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計12QSO。朝食後QSOできたのはJR6CWC/6(4212)だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 個人局 HFマルチバンド(1.9〜28MHz) HF 電信部門 (AKHFCW)
12 Pts x 7 市郡 = 84
Clamed Score: 84 Point

得 点: アマチュア局=各バンドごとに異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 県内局=各バンドごとの異なる都道府県(長崎県を除く)および県内の市郡の数
             県外局=各バンドごとの異なる長崎県内の市郡の数
0

2017/4/3

EA RTTY Contest  RTTY
EA RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 1600Z, Apr 1 to 1600Z, Apr 2 (02 Apr 01:00 - 03 Apr 01:00 JST)
RULES: URL:http://concursos.ure.es/en/eartty/

 2日朝、2120 UTC から運用を開始する。7MHzや14MHzRTTYバンドを覗くが、何も聞こえてこないので、同時に開催されている「長崎県コンテスト」に主力をおく。
 07:00(2200)を過ぎると新しい局が殆ど聞こえてこなくなったので、その後はこのコンテストに主力を置く。
 14MHz太平洋方面の近場ばかりであるが、何局か信号が聞こえるので順次呼んでゆく。
 2300 で朝食のため一休みする合計6QSO。QSOできたマルチ14MHzDU・YB・3W・VR

 0000 から運用を再開するが、「和歌山コンテスト」がスタートしたので、しばらくはこのコンテストに専念する。
 新しい局が殆ど聞こえてこなくなったので、0140 頃からはこのコンテストに主力をおいて、時々国内コンテストバンドを覗きに行く。
 0200 を過ぎるとDXも国内も殆ど信号が聞こえてこなくなったので、ほかの事をしながら時々ワッチする。
 正午合計11QSO。その後QSOできたマルチ21MHzDU・VR・YB・UA9・ZL

 午後は 0510 頃から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。
 14MHzRK4FFEM0Iが聞こえるがこちらの電波が届かない
 0840 頃から7MHzに出る。WQ6Xが強力に聞こえるが他は国内局ばかり。しばらく国内局を目当てにCQを出す。
 夕食時合計32QSO。その後QSOできたマルチ7MHzK(K6)・JA(JA3JA2・JA4・JA114MHzBV・UA9・KH2・JA(JA321MHzVK(VK4)・BV・UN

 夕食後1020 頃から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。DUあたりの近場が聞こえ出すが局数は少ない。
 1100 で諦めてコンテストを終わる合計39QSO。その後増えたマルチ7MHzBV・HL・DU・YB・VR

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 6. Single Operator All band DX Low Power
39 Pts x ( 23 Cntry + 7 CallArea + 0 EA-Prov ) = 1170
Clamed Score: 1,170 Point

POINTS: QSOs between DX stations, one (1) point.
       QSOs with EA stations (including EA, EA6, EA8 y EA9), three (3) points.
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band
          Each EA province once per band
          Each USA, VE, JA or VK call area once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ