2017/4/11

Yuri Gagarin International DX Contest  CW DX
Yuri Gagarin International DX Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 08 to 2100Z, Apr 09 ( 09 Apr 06:00 - 10 Apr 06:00 JST )
RULES: URL:http://gc.qst.ru/en/section/32

 9日朝「JIDX CW Contest」7MHzに出ていると、2100 過ぎにRT5GのCQが聞こえたので呼ぶと「ITU Zone」を送ってきたので、急いで .log ファイルを作成し、対応する。
 その後も「JIDX CW Contest」のサーチのついでに「CQ GC TEST」を探すがあまりきこえてこない。
 正午合計3QSO。QSOできたマルチ7MHz2914MHz31、だけ。

 午後「JIDX CW Contest」と掛け持ちをする。一頃と比べ参加局が減ったのか「CQ GC TEST」はあまり聞こえてこない。「JIDX CW Contest」に出ていたロシアの局も引き続き「JIDX CW Contest」に出ている
 夕食時合計12QSO。その後QSOできたマルチ14MHz23・29・32・RM56GC・RK56GC

 夕食後「JIDX CW Contest」と掛け持ちをする。しかし、「CQ GC TEST」は殆ど聞こえてこない
 諦めて 1210コンテストを終わる合計13QSO。その後増えたマルチ14MHz28・UP56GC、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: E Single operator - Multi bands, Low power
48 Pts x ( 6 Zone + 3 Station ) = 432
Clamed Score: 432 Point

POINTS: QSO with own ≪P-150-C≫ country count 2 points.
       QSO with a different ≪P-150-C≫ country in the same continent - 3 points.
       QSO with a different continent - 4 points.
       Satellite`s QSO - 100 poins.
        3x QSO points on 1.8/3.5MHz, 2x QSO points on 7MHz
MULTIPLIERS: ITU zones once per band
           QSO with special stations (..56GC)
0

2017/4/11

JIDX CW Contest  CW DX
JIDX CW Contest
CONTEST PERIODS: 0700Z, Apr 08 to 1300Z, Apr 09 (08 Apr 16:00 - 09 Apr 22:00 JST)
RULES: URL:http://www.jidx.org/jidxrule-e.html
規約: URL:http://www.jidx.org/jidxrule-j.html
 
 8日夕方、0700 UTC から運用を開始する。まず、21MHzに出るがQSOできたのは4W/N1YC(28)だけ。他に信号は聞こえてこないのですぐに14MHzに変わる。
 14MHz近場のほかにヨーロッパ方面が2・3聞こえる。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 夕食時合計34QSO。QSOできたマルチ14MHzA3(32)・BY(23)・VR(24)・YO(20)・UA9(18)・EU(16)・19・UA・OH(15)・ZL・V8(28)・17・HA・LZ・9A・S5・VK(30)・HS(26)・BV21MHz4W(28)

 夕食後1015 頃から運用を再開する。引き続き14MHzに出るが信号があまり聞こえてこないのですぐに7MHzに変わる。
 7MHz近場の他に北米西海岸方面が2・3聞こえる。これらを順次呼んでゆく。
 1130 頃、14MHzを覗いてみると依然ヨーロッパ方面がきこえる。30分ほどで7MHzに戻る。
 1230今夜の運用を終わる合計69QSO。その後QSOできたマルチ7MHzK(03)・VK(30)・UA9(19)・HL(25)・BY(24)・18・VR・BV・HS(26)・XE(06)14MHzDU(27)・UR・UN

 9日朝2045 から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面が何局か聞こえるので順次呼んでゆく。
 2130 を過ぎるとこちらの電波が届かなくなったので14MHzに変わる。
 14MHz近場北米西海岸方面に開けている。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 2200 を過ぎると新しい局が殆ど聞こえてこなくなったので二度寝をする合計84QSO。その後QSOできたマルチ7MHzYU(15)・OH・UA(16)・4W(28)・HA14MHzK(03)・VE・4W

 0100 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。14MHzは時々北米西海岸方面が聞こえるが、21MHz近場だけ。
 正午合計113QSO。その後QSOできたマルチ14MHzYB・04・KH6(31)21MHzKH6(31)・HS(26)・UA9(18)・YB・VK(30)

 午後0420 頃から運用を再開する。21MHzが近場ばかりであるが少し賑やかになってきたので、21MHzと28MHzを行き来する。また、「Yuri Gagarin International DX Contest」「CQ GC TEST」が時々聞こえるので、.log ファイルを切り替えて対応する。

 0600 でしばらく休憩する合計134QSO。その後QSOできたマルチ21MHzBV(24)・ZL(32)・P2・JT(23)・19・9M2・A3・BY・3D228MHzBY(24)・4W(28)・VR

 0740 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来する。
 0840 頃から7MHzに出る。
 夕食時合計155QSO。その後QSOできたマルチ7MHzKH6(31)・A3(32)・ZL14MHz9M2・JT21MHzVR

 夕食後1020 頃から運用を再開する。7MHzをメインにして時々14MHzを覗きに行く。
 いずれも新しい局があまり聞こえてこないので、1210コンテストを終わる合計170QSO。その後増えたマルチ7MHz23・YB・LU(13)14MHzYL

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator All band Low Power
174 Pts x ( 65 Cntry + 42 Zone ) = 18618
Clamed Score: 18,618 Point

POINTS: 4 points per JA-DX QSO on 1.8MHz
       2 points per JA-DX QSO on 3.5MHz
       1 points per JA-DX QSO on 7/14/21MHz
       2 points per JA-DX QSO on 28MHz
MULTIPLIERS: JA Stations: DXCC countries and CQ zones once per band
           non-JA Stations: JA prefectures plus JD1/O, JD1/MT, JD1/OT once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ