2017/4/17

第29回羽曳野コンテスト  SSB/CW 国内
第29回羽曳野コンテスト
開催日時: 2017年4月16日(日)
        A 午前の部 09:00 〜 12:00(JST) (50MHz/144MHz部門)
        B 午後の部 13:00 〜 16:00(JST) (7MHz部門)
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/club-info.htm#apr
        http://www.activehams.com/habikino.html


50MHz

 16日朝、09:00から運用を開始する。同時に開催されている「オ−ル東北コンテスト」掛け持ちをする。また、144MHz部門も同時なので、7MHz・50MHz・144MHzを行き来する。
 専らCWでCQを出すが殆ど呼ばれない。時々SSBも覗きに行くがこちらもあまり信号は聞こえてこない。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計7QSO。QSOできたマルチ2526・2705・2501・2514・2521

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 50MHz バンド
29 Pts x 5 市郡 = 145
Clamed Score: 145 Point


144MHz

 16日朝、09:00から運用を開始する。同時に開催されている「オ−ル東北コンテスト」掛け持ちをする。また、50MHz部門も同時なので、7MHz・50MHz・144MHzを行き来する。
 専らCWでCQを出すが殆ど呼ばれない。時々SSBも覗きに行く。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計7QSO。QSOできたマルチ2405・2406・2526・2507・2531・2501

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 144MHz バンド
28 Pts x 6 市郡 = 168
Clamed Score: 168 Point


7MHz

 16日午後、13:00から運用を開始する。同時に開催されている「オ−ル東北コンテスト」掛け持ちをする。
 専らCQを出す。当初はそこそこ呼ばれるが、コンディションが悪くなり、信号は殆ど聞こえてこない
 14:00頃、CQを連呼していたので、リグが過熱し電源が落ちてしまったのでしばらく休憩する
 コンテストの終了の時刻が迫った15:50頃から少しコンディションが良くなったようで、CQを出すとそこそこ呼ばれる
 しかし、すぐにコンテスト終了の16:00となる。合計21QSO。QSOできたマルチ1223・3502・4201・1102・2529・1806・4501・2526・2502・0412・1227・0401・4205・1106・0305・1903・1007・4001・4202・2201

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信電話 7MHz バンド
32 Pts x 21 市郡 = 672
Clamed Score: 672 Point

得 点: 羽曳野市内の局 又は羽曳野無線クラブ員との交信 10点
      大阪府内の局との交信                2点
      大阪府外の局との交信               1点
           ※同一バンドにおいて同一局とは,電信・電話それぞれ一交信ずつ有効
マルチプライヤー: 異なる市郡の数。(行政区は不可)
0

2017/4/17

第66回オ−ル東北コンテスト  CW 国内
第66回オ−ル東北コンテスト
開催日時: 2017年4月15日(土)21:00 〜 16日(日)15:00
規約: URL:http://ja7rl.sakura.ne.jp/JA7rule2017.html

 15日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzをワッチするが何も聞こえないので3.5MHzに変わる。
 3.5MHzJA7も何局か聞こえるが、全国から呼ばれており、全く歯が立たない。それにこちらの電波が届いていないようである。
 何とかJH7VTE/7(0414)とQSOできるが、諦めてその後「YU DX Contest」に出る。

 16日朝「YU DX Contest」のために05:15頃から運用を開始する。
 07:00を過ぎるとDXにはこちらの電波が届かなくなったので、以後はこのコンテストに主力を置く。
 3.5MHzを覗くが何も聞こえてこないので7MHzに出る。はじめは何も聞こえなかったが、次第にJA7方面が聞こえ出す
 聞こえる局を順次呼んでゆく。まだ出ている局が少ないのか、呼び合いにならずすぐに応答がある。
 08:30で朝食のため一休みする合計9QSO。その後QSOできたマルチ7MHz0607・060103・060101・0401・0315・07013・0702・0506

 朝食後09:00から運用を再開する。「羽曳野コンテスト」が始まったので掛け持ちをする午前中50MHzと144MHzなので7MHz・50MHz・144MHzを行き来する。
 7MHzはコンディションが悪く、全般的に弱いし、信号もあまり聞こえて来ない。時々ハイバンドも覗きに行くが、14MHz2局とQSOできただけ。
 正午合計21QSO。その後QSOできたマルチ7MHz0602・0501・0510・05008・0304・030514MHz0301

 午後13:00から運用を再開する。「羽曳野コンテスト」7MHzとなったので「羽曳野コンテスト」に主力をおき、JA7の新しい局が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計23QSO。その後増えたマルチ7MHz06008・0412、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 シングルオペ オールバンド 電信 (CA)
21 Pts x 18 市区郡 = 378
Clamed Score: 378 Point

得 点: 各バンド毎に異なる局との交信1点
          同一バンドで電信、電話それぞれ得点できる。
マルチプライヤー: 東北管内局:東北の異なる市区郡、および異なる都府県支庁の数
             東北管外局:東北の異なる市区郡の数
1

2017/4/17

>YU DX Contest  CW DX
YU DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Apr 15 to 1159Z, Apr 16 (15 Apr 21:00 - 16 Apr 20:59 JST)
RULES: URL:http://yudx.yu1srs.org.rs/2017/INTERNATIONAL_YUDX_HF_CONTEST.pdf

 15日夜、1230 UTC 頃、「オ−ル東北コンテスト」に出ていたが全くQSOできないので、諦めてこのコンテストの運用を開始する。
 14MHzでまだヨーロッパ方面に開けており、1局ながらマルチになる主催国のYUともQSOできる。
 こちらの電波が届かなくなったので 1300 今夜の運用を終わる合計5QSO。QSOできたマルチ14MHzYT4、だけ。

 15日朝2015 頃から運用を開始する。7MHzヨーロッパ方面に開けており、YUも2・3聞こえる。順次呼んでゆくが、ヨーロッパの局とQSOしておりなかなか応答が得られない
 何とか3局とQSOできるが、こちらの電波が届かなくなったので、その後は「CQ Manchester Mineira DX Contest」「オ−ル東北コンテスト」主力をおく。
 2330 で朝食のため一休みする合計8QSO。その後QSOできたマルチ7MHzYT9・YT7・YU1

 午前・午後とも「CQ Manchester Mineira DX Contest」・「オ−ル東北コンテスト」や「羽曳野コンテスト」に主力
をおき、サーチのついでに「CQ YU TEST」を探すがロシアの国内コンテストも加わって、ほとんど聞こえてこない。
 結局、その後は1局もQSOできず、合計8QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B. SO-AB-CW-LP
56 Pts x 4 YU-prefixes = 224
Clamed Score: 224 Point

POINTS: QSO with YU/YT station 10 points
       QSO with station from your own country 1 point
       QSO with station from the same continent 2 points
       QSO with station from other continent 4 points

MULTIPLIERS: Each YT and YU prefixes once per band
0

2017/4/17

CQ Manchester Mineira DX Contest  CW DX
CQ Manchester Mineira DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, Apr 15 to 2359Z, Apr 16 (15 Apr 21:00 - 17 Apr 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.cqmmdx.com/rules/

 15日夜、21:10( 1210 UTC )頃、「オ−ル東北コンテスト」に出ていて、ちょっと7MHzを覗くとJA7「CQ TEST」が聞こえる。呼ぶと「599AS」と応答があったので、とりあえず手送りで対応する。
 その後設定を変更して「CQ MM TEST」を探すが、QSOできたのは14MHzUA9だけ。
 1300今夜の運用を終わる合計2QSO。QSOできたマルチ7MHzJA14MHzUA9

 16日朝「YU DX Contest」に出るため 2015 頃から運用を開始する。ついでに「CQ MM TEST」も探す。
 こちらの電波がとどか無くなったので 2130運用を止める合計4QSO。その後QSOできたマルチ7MHzT814MHzDU

 16日午前・午後ともに「オ−ル東北コンテスト」「羽曳野コンテスト」主力を置き、時々DXバンドを覗きに来る。
 夕食時合計7QSO。その後増えたマルチ14MHzDU・9M2・BY

 夕食後1030 から運用を再開する。7MHzをメインにして時々14MHzを覗きに行く。
 7MHz北米西海岸方面に開けているが、聞こえる局は少ない。14MHzヨーロッパ方面が時々聞こえるが、ロシアの国内コンテストがあって「CQ MM TEST」はあまり聞こえてこない。
 諦めて 1200コンテストを終わる合計18QSO。その後QSOできたマルチ7MHzK・XE・CX(CX2)・ZL・9M214MHzUA・UR

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator All band CW Low Power
82 Pts x ( 14 Cntry + 1 SA-prefix ) = 1230
Clamed Score: 1,230 Point

POINTS: 1 point per QSO with same country
       2 points per QSO on 20-10m with different country same continent
       4 points per QSO on 80-40m with different country same continent
       3 points per QSO on 20-10m with different continent
       6 points per QSO on 80-40m with different continent
       3 points per QSO with maritime mobile
       10 points per QSO with CWJF member, YL or QRP station
MULTIPLIERS: Each SA prefix once per band
           Each DXCC country once only
0

2017/4/17

Worked All Provinces of China DX Contest  CW DX
Worked All Provinces of China DX Contest
CONTEST PERIODS: 0600Z, Apr 15 to 0559Z, Apr 16 (15 Apr 15:00 - 16 Apr 14:59 JST)
RULES: URL:http://www.mulandxc.org/438

 15日午後、0630 UTC から運用を開始する。14MHzに出るが信号はあまり聞こえてこない。それに全般的に信号が弱く不安定である。
 時々21MHzを覗きに行くが信号はほとんで聞こえてこない。
 夕食時合計12QSO。QSOできたマルチ14MHzBY(NM)・GD・JT・ZJ・HE・JA・FJ・SC21MHzBY(GX

 夕食後1030 から運用を再開する。14MHzは殆ど信号が聞こえないので7MHzに出る。
 7MHzは聞こえるのはBYだけで、他はほとんど聞こえてこない。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 BY局は弱い信号をうまくコピーしてくれない局が多く何回も呼んだりナンバーを再送したりで、草臥れる。
 1200 から「オ−ル東北コンテスト」・「CQ Manchester Mineira DX Contest」・「YU DX Contest」等が始まったので、これらに主力を置くため、今夜の運用を終わる
 合計29QSO。その後QSOできたマルチ7MHzBY(SH)・BJ・HE・VR(HK)・NM・GX・HI・HL・KH6・SC・HA・GD

 16日午前・午後ともに「オ−ル東北コンテスト」「羽曳野コンテスト」主力を置いたので、運用できず、気づいたらコンテスト終了の時刻を回っていた
 結局、その後は1局もQSOできず合計29QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator All band CW Low Power
269 Pts x ( 7 Cntry + 18 BY-province ) = 6725
Clamed Score: 6,725 Point

POINTS: QSO with Chinese station: 10 points;
       QSO with same DXCC entity: 1 points;
       QSO with different DXCC on your own continent: 3 points;
       QSO with other continent: 5 points.
MULTIPLIERS: Each BY province once per band
           Each DXCC country once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ