2017/6/6

第36回オール釧根コンテスト  CW 国内
第36回オール釧根コンテスト
開催日時: 2017年6月4日 09:00 〜 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/senkon/Contest/contest_description.htm

 4日朝、09:00から運用を開始する。この時間帯では「KANHAM コンテスト」・「ALL JA1 コンテスト」・「宮崎コンテスト」・「石狩後志支部コンテスト」が開催されている。
 主に「KANHAM コンテスト」に主力を置くが、これらのサーチのついでに「CQ SK TEST」を探す
 しかし、「CQ SK TEST」はほとんど聞こえてこない。
 11:30頃、50MHzをワッチしているとJA8FRN(0123)「CQ SK TEST」が聞こえ出す。何局かと呼び合いになったが、3回目の呼び出し応答がある
 正午合計5QSO。QSOできたマルチ14MHz010621MHz010628MHz010650MHz0123

 午後13:50頃から運用を再開する。同様に他のコンテストのサーチのついで「CQ SK TEST」を探す。しかし、一向にCQは聞こえてこない
 夕食後も同様で、その後は1局もQSOできずに、合計5QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 F 個人マルチ電信部門
5 Pts x 4 市郡 = 20
Clamed Score: 20 Point

得 点: 完全な交信で1点
マルチプライヤー: 管内局:46都府県,釧路・根室振興局以外の12振興局,釧路・根室振興局菅内の市都,小笠原
              管外局:釧路・根室振興局の市郡のみ
0

2017/6/6

第29回 ALL JA1 コンテスト  CW 国内
第29回 ALL JA1 コンテスト
開催日時: 2017年6月4日 09:00 〜 20:00
           HIGHバンド部門 09:00 〜 12:00 (14/21/28/50MHz)
           LOWバンド部門  16:00 〜 20:00 (1.9/3.5/7MHz)
規約: URL:http://ja1zlo.u-tokyo.org/allja1/29rule.html

HIGH バンド部門

 4日朝、同時に開催されている「KANHAM コンテスト」を中断して運用を開始する。他にも「宮崎コンテスト」・「石狩後志支部コンテスト」・「オール釧根コンテスト」が開催されているが、これらのコンテストは新しい局のCQが聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 14MHz21MHzJA1あたりが強力に聞こえるので両バンドを行き来する
 10:30を過ぎると新たしい局が殆ど聞こえてこなくなったので、以後は「KANHAM コンテスト」に主力を置く。
 その内にこの部門が終了する12:00となる。合計14QSO。QSOできたマルチ14MHz1005・1309・1212・1009・110118・120103・111002・110821MHz1212・110108・1005・1108・110117

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 1エリア外 電信 E.マルチバンド部門
13 Pts x 13 市郡区 = 50
Clamed Score: 50 Point


LOWバンド部門

 4日午後、16:00から運用を開始する。この時間帯では「KANHAM コンテスト」・「宮崎コンテスト」・「石狩後志支部コンテスト」・「オール釧根コンテスト」が開催されているがしばらくはこのコンテストに主力を置く。
 まず、7MHzに出るが、全般的に信号が弱く聞こえる局も少ない。兎に角、聞こえる局を呼んでゆく
 3.5MHzまだ早いのか信号は殆ど聞こえてこない。
 夕食時合計8QSO。QSOできたマルチ3.5MHz15037MHz1024・110117・110304・11004・1005・1112・1009

 夕食後19:00から運用を再開する。この時間帯で他に開催されているのは「石狩後志支部コンテスト」「オール釧根コンテスト」になる。
 3.5MHzに出るが、結構賑やかになっている。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 19:50から7MHzに変わるが、信号はあまり聞こえてこない。
 その内にコンテスト終了の20:00となる。合計21QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz1102・100120・1009・1602・1112・13227MHz100103・1107・110108・1421

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 1エリア外 電信 I.マルチバンド部門
21 Pts x 19 市郡区 = 399
Clamed Score: 399 Point

得 点: 完全な交信を1点(同一バンド内での同一局との交信は電信と電話それぞれ一回づつ得点1点)
マルチプライヤー: 1エリア内=各バンドで交信した1エリア外の異なる府県支庁の数及び1エリア内の異なる市郡区の数
              1エリア外=各バンドで交信した1エリア内の異なる市郡区の数
0

2017/6/6

第7回 KANHAM コンテスト  CW 国内
第7回 KANHAM コンテスト
開催日時: 2017年6月4日 06:00 〜 18:00
規約: URL:http://www.jarl.gr.jp/kanham/Doc/2017%E7%AC%AC7%E5%9B%9EKANHAM%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E8%A6%8F%E7%B4%84.pdf

 4日朝、06:00から運用を開始する。このコンテストに主力を置き、同時に開催されている「宮崎コンテスト」「石狩後志支部コンテスト」新しい局が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 まず、3.5MHzに出るが、信号はあまり聞こえてこないので、すぐに7MHzに変わる。
 7MHzも信号はあまり聞こえなかったが、次第に賑やかになってくるCQを出したり呼びに回ったり
 06:50からハイバンド50MHzを覗くが信号はあまり聞こえてこない。
 07:10で朝食のため一休みする合計34QSO。QSOできたマルチ3.5MHz35・21・20・227MHz46・10・25・106・15・11・02・27・39・09・32・28・13・35・06・22・20・3114MHz40・46・2550MHz37・22・25・27

 朝食後07:50から運用を再開する。21MHzを覗いてから7MHzに出る。しばらくはCQを出すがあまり呼ばれない。
 08:30から14MHzに変わる。JA1あたりが強力に聞こえる
 09:00から「 ALL JA1 コンテスト」HIGH バンド部門が始まったのでしばらくはこちらに主力を置く。
 09:50頃から7MHzCQを出す。10:20からは14MHzCQを出す
 11:00頃から28MHzVHFに出る。いずれも今ひとつ
 正午合計101QSO。その後QSOできたマルチ7MHz21・24・12・33・19・18・2614MHz20・11・10・22・05・106・13・15・08・23・12・45・24・35・36・26・0421MHz42・106。43.25.27.4028MHz25・23・43・105144MHz24430MHz25

 午後13:50頃から運用を再開する。引き続きこのコンテストに主力を置く。
 コンディションが悪くなった様なので、7MHz14・21MHzを行き来する。
 16:00から「 ALL JA1 コンテスト」LOW バンド部門が始まったのでしばらくはこちらに主力を置く。
 終了の時刻が迫ったので17:00から7MHzで追い込みを掛けようとするが、コンディションが悪くなったのかあまり信号は聞こえてこない。それに、全般的に信号が弱い
 その後も3.5MHzと行き来するが局数は伸びない
 その内にコンテスト終了の18:00となる。合計131QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz19・25・24・277MHz43・45・4214MHz27・34・42・10521MHz26

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルOP(電信)オールバンドシルバー (S-CW-SI)
194 Pts x 77 都府県支庁 = 14938
Clamed Score: 14,938 Point

得 点: 一般の局 1点
      特別局 8J3XXII または 8J3A 5点
      YL局(都府県支庁ナンバーの後にW) 5点
      免許人が平成生まれの局(同上 Y) 5点
      コンテスト当日満73歳以上(同上 S) 5点
マルチプライヤー: 都府県支庁
0

2017/6/6

2017年度石狩後志支部コンテスト  CW 国内
2017年度石狩後志支部コンテスト
開催日時: 平成29年6月3日 21:00 〜 4日 21:00
規約: URL:http://www.jarl.com/ishikari/2017contest.html
       http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/local-info/1606.htm#0604ishikar

 3日夜、21:00から運用を開始する。この時間帯には他に「オール神奈川コンテスト」「宮崎コンテスト」が開催されているので、掛け持ちをする。
 「CQ ISB TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 23:00今夜の運用を終わる合計7QSO。QSOできたマルチ7MHz010109・010107・0117・010108・0103・01010214MHz010108

 4日朝06:00から運用を開始する。「 KANHAM コンテスト」がスタートしたのでこのコンテストに主力を置く。
 07:10で朝食のため一休みする合計9QSO。その後QSOできたマルチ14MHz010102・0117、だけ。

 朝食後07:50から運用を再開する。引き続き「 KANHAM コンテスト」をメインにして「CQ ISB TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 21MHzと28MHzが好調である。
 09:00から「ALL JA1 コンテスト」 HIGH バンド部門が始まったのでしばらくはこのコンテストに主力を置く。
 この時間帯には他に「宮崎コンテスト」・「オール釧根コンテスト」も開催されており、入り乱れて混乱気味
 正午合計19QSO。その後QSOできたマルチ14MHz01010921MHz010109・0117・010102・010328MHz0131・010109・010105・010108

 午後13:30から運用を再開する。引き続き「 KANHAM コンテスト」をメインにして掛け持ちをする。
 少しコンディションが悪くなったようで、新しい局は殆ど聞こえてこない。
 夕食時合計20QSO。午後は28MHzでJE8CLT(0117)1局とQSOできただけ。

 夕食後19:00から運用を再開する。「ALL JA1 コンテスト」LOW バンド部門に主力を置くが、他に重なるのは「オール釧根コンテスト」だけとなる。
 3.5MHz7MHzを行き来する。
 20:30で草臥れたのでコンテストを終わる合計24QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz010109・0117・010102

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 支部管外局 個人局電信マルチバンド
24 Pts x 22 市郡区 = 528
Clamed Score: 528 Point

得 点: 管内局:全国のアマチュア局との完全な交信を1点
      管外局:石狩後志支部管内局との完全な交信を1点
マルチプライヤー: 管内局:石狩後志支部管外の都府県支庁ナンバ+管内の区ナンバ,JCCナンバ(0101を除く),JCGナンバ
              管外局:石狩後志支部管内の区ナンバ,JCCナンバ(0101を除く),JCGナンバ
0

2017/6/6

第41回宮崎コンテスト  CW 国内
第41回宮崎コンテスト
開催日時: 平成29年6月3日 18:00 〜 4日 18:00
規約: URL:http://www.jarl.com/mztest/

 3日夕方、18:00から運用を開始する。しかしすぐに夕食となったので1局とQSOできただけ。
 夕食後19:20頃から運用を再開する。まず、7MHzに出るが信号はあまり聞こえてこないハイバンドを覗くがこちらも今ひとつ
 その後も7MHzや3.5MHzに出るがあまりQSOできない。
 21:00から「オール神奈川コンテスト」ローバンドの第2セッションが始まったのでそちらに主力を置いて、新しい局「CQ MZ TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 23:00今夜の運用を終わる合計12QSO。QSOできたマルチ3.5MHz450017MHz45005・4502・45003・4501・450214MHz4501・4500521MHz4501

 4日朝「KANHAM コンテスト」が始まったので06:00から運用を開始する。「KANHAM コンテスト」に主力を置いて、その他の同時に開催されている「宮崎コンテスト」や「石狩後志支部コンテスト」新しい局が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 08:50頃には14MHz宮崎県内局が多数聞こえだす
 09:00から「ALL JA1 コンテスト」 HIGH バンド部門が始まったのでしばらくはこのコンテストに主力を置く。
 正午合計24QSO。その後QSOできたマルチ14MHz45003・4502・4509・450521MHz4509・450228MHz4507

 午後13:30頃から運用を再開する。引き続き「KANHAM コンテスト」に主力を置いて、新しい局「CQ MZ TEST」が聞こえてら .log ファイル切り替えて対応する。
 16:00から「ALL JA1 コンテスト」 LOW バンド部門が始まったのでしばらくはこのコンテストに主力を置く。
 コンテスト終了の18:00までにQSOできたのは3局のみ。合計26QSO。増えたマルチ3.5MHz4500328MHz4501、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 シングルオペ 電信 オールバンド (CA)
26 Pts x 17 市郡 = 442
Clamed Score: 442 Point

得 点: コンテストナンバーの交換が完全におこなわれた交信を1点とする。
マルチプライヤー: 県内局: 各バンドごとの都府県支庁(宮崎県を除く)、県内の市郡の数、及び大陸(AF.EU.AS.NA.SA.OC)の数。
              県外局: 各バンドごとの宮崎県内市郡の数。(9市6郡)
0

2017/6/6

第46回オール神奈川コンテスト  CW 国内
第46回オール神奈川コンテスト
開催日時: 平成29年6月3日 15:00 〜 18:00(14/21/28/50/1200/2400)
                   21:00 〜 24:00(1.9/3.5/7/144/430)
規約: URL:http://www.jarlkn.info/award_contest/index4_file/all_kn/2017_46allkanagawa_kiyaku.pdf

 3日午後、15:40頃から運用を開始する。14MHzに出ると神奈川県内局が何局か強力に聞こえる。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてから21MHzを覗くとこちらも神奈川県内局で賑やかである。この調子であれば28MHzも好調であろうとすぐに28MHzに変わる。
 その後はどのバンドに出ようか迷うほど。この調子であれば50MHzも、とワッチするがダメな様である。兎に角、14・21・28MHzを行き来する。
 その内にハイバンドの第1セッションが終了する18:00となる。合計57QSO。QSOできたマルチ14MHz1113・110112・1111・110117・11002・1107・1116・110113・11003・110118・110304・1102・110303・1108
 21MHz110118・110304・11003・110102・1113・1116・1108・110117・110112・1107・1111・110113・110306
 28MHz1111・110118・110102・1113・110101・110112・110306・11002・1116・1102・110304・110113・1108・11003・110117

 ローバンドの第2セッション21:00から始まる。18:00から始まった「宮崎コンテスト」中断して21:05頃から運用を開始する。
 その後は「石狩後志支部コンテスト」も始まったので、これらと掛け持ちをする。それぞれの「CQ TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 神奈川県内局何局か聞こえるので順次呼んでゆく。しかし、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られないことも多い。
 22:00から3.5MHzに出るが、あまり信号が聞こえないし、こちらの電波が届かないことが多いので、すぐに7MHzに戻る
 23:00で草臥れたのでコンテストを終わる合計82QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz110112・1113・11002・110117・11167MHz110304・1116・1113・110102・1108・110117・1117・1107・110112・1111・110306・11004・1102・1112・110113・11003・11002

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信 シングルオペ オールバンド (XCSA)
70 Pts x 25 市郡区 = 5330
Clamed Score: 5,330 Point

得 点: 得点完全な交信をもって1点とする
マルチプライヤー: 県内局・・神奈川県内の市・郡・区と神奈川県以外の都・府・県及び北海道の地域
              県外局・・神奈川県内の市・郡・区
0

2017/6/6

2017年 ALL JA0 21/28MHzコンテスト  CW 国内
2017年 ALL JA0 21/28MHzコンテスト
開催日時: 2017年6月3日 09:00 〜 12:00
規約: URL:http://jarl-nn.asama-net.com/index.php?html_id=00000291

 3日朝、09:00少し過ぎから運用を開始する。まず、21MHzと28MHzをワッチする。21MHzは何局かの「CQ JA0 TEST」が聞こえる。
 28MHzは何も聞こえない。ということで、21MHzをメインにして時々28MHzを覗きに行く。
 21MHzJA6/7/8あたりは聞こえるが、肝心のJA0は聞こえてこない。このコンテストどの局ともQSOできるが、JA0の局でないとマルチにならない。従ってJA0とQSOできないとスコアは「0点」のままとなる。
 幸いにも開始早々にJH0SPE/1(H*E)とQSOできたので、後は気楽に運用できる。
 しかし、その後もQSOできるのは近場とJA6/7/8だけでマルチは1のままである。
 コンテスト終了間際になって何とかJA0IXW(A*W)とQSOできる。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計21QSO。しかし、マルチH*E・A*Wの二つだけ。これでもできただけで良し。
 
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 21/28MHz個人局電信部門(C218)
25 Pts x 2 マルチ = 50
Clamed Score: 50 Point

得 点: 0エリア管内局との交信:3点
      管外局との交信:1点
マルチプライヤー: 0エリア管内局の場合:異なるプリフィックスの数
              管外局:異なる0エリアの呼出符号の局および0エリア内から運用する局のみのプリフィックスの2文字目とラストレターの組み合わせの数
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ