2017/6/19

第29回和歌山コンテストの結果発表  CW 国内
第29回和歌山コンテストの結果発表
開催日時: 2017年(平成29年)4月2日 09:00 〜 21:00 JST
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2511.html

 「 第29回和歌山コンテスト 」の結果が JARL和歌山県支部 のサイトで発表されている旨のメールが届く。
 参加した「 和歌山県外 個人局 HF マルチバンド 電信 (GCHF) 」 部門で 3/16 、とのこと。 3位 に入賞している。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://www.jarl.com/wakayama/wk-test/WK-29TEST-RPT.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 和歌山県外 個人局 HF(1.9〜28MHz)マルチバンド 電信 (GCHF)
16 Pts x 10 市郡 = 160
Clamed Score: 160 Point

得 点: 1交信を1点とする。 SWLは和歌山県内のみを1点とする。
           但し、同一バンド内での重複はモードが異なっても得点としない。
マルチプライヤー: 県内局:各バンド毎に都道府県支庁(和歌山県を除く)および和歌山県内の市郡を1マルチとする。
             県外局:各バンド毎に和歌山県内の市郡を1マルチとする。
0

2017/6/19

All Asian DX Contest, CW<br>第58回 ALL ASIAN DXコンテスト 電信部門  CW DX
All Asian DX Contest, CW
(第58回 ALL ASIAN DXコンテスト 電信部門)

CONTEST PERIODS: 0000Z, Jun 17 to 2400Z, Jun 18( 6月17日 09:00 〜 19日 09:00(JST))
RULES: URL:http://www.jarl.org/English/4_Library/A-4-3_Contests/2016AA_rule.htm
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_asian/allasian_rule.htm

 17日朝、0030 UTC から運用を開始する。各バンドをワッチするが、聞こえるのは国内局と近場だけ。14・21・28MHzを行き来して、聞こえる局を順次呼んでゆく。
 14MHzで時々北米西海岸方面が聞こえるが、局数は少ない。
 正午合計28QSO。QSOできたマルチ14MHzVR・JT・UA9・BY・K・9V・KH2・9M2・KH621MHzBY・HL・UA9・DU28MHzUA9・HL・DU・BY

 午後 0410 頃から運用を再開する。引き続き14・21・28MHzを行き来する。14MHzで時々北米西海岸方面が聞こえるが、他は強力な国内局近場ばかり。
 夕食時合計64QSO。その後QSOできたマルチ14MHzDU・K・HL・YB21MHzYB・V8・KH2・KH6・HS・VR28MHzHS

 夕食後1000 から運用を再開する。ハイバンドは殆ど信号が聞こえないので7MHzに出る。
 7MHz近場の他に北米西海岸方面も時々聞こえる。
 1300 を回ると14MHzヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 1440今夜の運用を終わる合計120QSO。その後QSOできたマルチ7MHzK・BY・UA9・HL・DU・ZL・KH6・KH2・HS・9M2・XE14MHzDL・UR・UA・LY・YL・5B・EU・4X・HA

 18日早朝2000 頃に起き出す。7MHzヨーロッパ方面を期待するが、こちらの電波が届かない
 14MHzヨーロッパ方面に開けているがQSOできたのはDLが1局だけ。諦めて二度寝をする。
 2240 頃から運用を再開する。14MHzヨーロッパ方面が聞こえるが、こちらの電波が届かない
 2300 で朝食のため一休みする合計130QSO。その後QSOできたマルチ14MHzS5・ZL・VK・V8

 朝食後0050 頃から運用を再開する。21MHzと28MHzを行き来する。28MHz得点が高いので有難い
 正午合計152QSO。その後QSOできたマルチ21MHzBV・JT28MHzBV・KH6・JT

 昼食後 0450 頃から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来する。相変わらず近場ばかり
 夕食時合計180QSO。その後QSOできたマルチ21MHzA3・VK28MHzUA、だけ。

 夕食後1025 から運用を再開する。しばらくは7MHzに出る。CX2AQとQSOできるが、他は近場ばかり
 1100 から14MHzに出る。近場のほかにヨーロッパ方面が聞こえ出す。
 1430今夜の運用を終わる合計215QSO。その後QSOできたマルチ7MHzVK・CX・BV14MHzHS・3W・OH0・SV

 19日早朝1900 ごろに起き出す。7MHzヨーロッパ方面が聞こえるが、QSOできたのはRA6CAだけ14MHzでもヨーロッパ方面が聞こえるが、QSOできたのはZ33Zだけ30分ほどで二度寝をする。
 2200 少し前から運用を再開する。強力な国内局の隙間で時々ヨーロッパ方面が聞こえるがなかなか応答が得られない
 2300 を過ぎるとDXは殆ど聞こえてこない。諦めて 2330コンテストを終わる合計222QSO
 その後増えたマルチ7MHzUA14MHzZ3・ON・YO21MHzZL
 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: JA Single Op Multi Band Low Power (SOABLP)
460 Pts x 72 Cntry = 33120
Clamed Score: 33,120 Point

POINTS:
        アジア州の局
           160mバンド・・・・・・・・・・・交信相手がアジア州の局では3点,アジア州以外の局で9点
           80mと10mバンド・・・・交信相手がアジア州の局では2点,アジア州以外の局では6点
           その他のバンド・・・・・・・・・交信相手がアジア州の局では1点,アジア州以外の局で3点
        アジア州以外の局
           160mバンド・・・・・・・・・・・・3点
           80mと10mバンド・・・・・2点
           その他のバンド・・・・・・・・・・1点
MULTIPLIERS:アジア州の局: 各バンドで交信した局の「DXCCリスト」による異なるエンティティー
          アジア州以外の局: 各バンドで交信したアジア州の局の「WPXコンテストルール」による異なるプリフィックス
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ