2017/8/22

第28回高等学校アマチュア無線コンテストの結果発表  CW 国内
第28回高等学校アマチュア無線コンテストの結果発表
開催日時: 2017年7月17日(月・祝) 13:00 〜 16:00
規約: URL:http://hstest.mg-sci.com/wp-content/uploads/2017/06/2017_28_hstest_rules.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2597.html

 「 第28回高等学校アマチュア無線コンテスト 」の結果が 全国高等学校アマチュア無線コンテスト のサイトで発表されている。
 参加した「 一般 シングルオペ シングルバンド (c-s-7) 」 部門で 12/45 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します


 全結果こちら( http://hstest.mg-sci.com/wp-content/uploads/2015/04/28th_hstest_result.pdf )で。


 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 一般 シングルオペ シングルバンド (c-s-7)
63 Pts x ( 14 都府県支庁 + 3 HS ) = 1071
Clamed Score: 1,071 Point

得 点: 電話1点 
      電信3点
            (一般局どうしの交信も有効) 同一バンドで異なるモードでの交信は高い得点を計上する
マルチプライヤー: 都府県(北海道)支庁
              HS の数
0

2017/8/22

第38回KCJコンテスト  CW 国内
第38回KCJコンテスト
開催日時: 8月19日 21:00 〜 20日 21:00
規約: URL:http://www.kcj-cw.com/contest/17_kcj_contest_rule_j.pdf
RULES: URL:http://www.kcj-cw.com/contest/17_kcj_contest_rule_e.pdf

 19日夜、同時に開催されている「Russian District Award Contest」を中断して21:00から運用を開始する。
 やはり、一番賑やかな7MHzに出る。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 一通りQSOして、21:20少し過ぎから3.5MHzに変わる。こちらも賑やかである。やはり、いくら呼んでも全く反応が無い局が何局か2・3いる。そんなに信号が弱いのかな。
 21:50頃からハイバンドを覗く。14MHzと21MHzJA6あたりが聞こえるが、局数は少ない14MHzUN5GMやUA0DMとQSOできる。
 22:00からは3.5MHz・7MHz・14MHzを行き来する。14MHzではHA9A(EU)とQSOできる。
 23:00今夜の運用を終わる合計56QSO。QSOできたマルチ3.5MHzEH・GM・ME・HS・TK・NN・KN・NI・SO・GF・KM7MHzKG・SO・TK・ST・KN・HG・ME・NS・AS・KA・OS・NR・IS・TT・GM・GF・IT14MHzON・AS・TK・CB・FO・EU・WK21MHzKM・AS

 20日朝06:00少し前から運用を開始する。まず、7MHzに出るがあまり信号が聞こえないので、すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHzは少し信号が弱いが全国的に開けている。聞こえる新しい局を順次呼んでゆく。
 06:20から7MHzに変わる。次第に賑やかになってくる。やはり一番効率が良い
 時々ハイバンドを覗きに行く。14MHzJA6/8とQSOできるが局数は少ない
 08:20で朝食のため一休みする合計111QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHzTS・YG・ST・KA・FS・OS7MHzKT・KM・NI・YG・FO・EH・TG・OT・FS・HS・SI・NN・YN・TY・OY14MHzNI・IS・RM・KG・NS

 朝食後09:20頃から運用を再開する。7MHzとハイバンドを行き来する。
 7MHzコンディションが悪くなったようで信号はあまり聞こえてこない。14MHz非常に不安定21MHzJA6あたりが聞こえるだけ。
 10:30を過ぎると磁気嵐が起こっているのか各バンドとも殆ど信号が聞こえない。しばらく休憩する
 正午合計132QSO。その後QSOできたマルチ7MHzKC14MHzEH・KM21MHzNS・KG・HS・ON・SI50MHzHS

 午後13:05頃から運用を再開する。コンディションが回復したようで、7MHzも信号は少し弱いが全国的に開けている。しかし、新しい局はなかなか見つからない。新しい局とQSOしてもマルチは殆ど増えない
 時々ハイバンドを覗きに行くが14MHzで2・3信号が聞こえるだけ。
 15:00でしばらく休憩する合計150QSO。その後QSOできたマルチ7MHzYM・MG・CB14MHzIT

 15:45から運用を再開する。7MHzとハイバンドを行き来する。
 17;50から7MHzに出る。コンディションは良くなったし、新しい局もそこそこ聞こえるが、マルチは全く増えない
 夕食時合計176QSO。その後増えたマルチ7MHzAC14MHzHS・OS・HG28MHzKG・HS

 夕食後19:40から運用を再開する。早々に7MHzN6MA(NA)とQSOできるが、国内局は殆ど聞こえてこない。すぐに3.5MHzに変わる。
 3.5MHz全国的に開け、賑やかである。QSOした局も多いが、新しい局も結構聞こえる。順次呼んでゆく。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。合計201QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ3.5MHzNS・SI・IS・YM・MG・NR・OY・FO・IT・AC7MHzNA

 JH4UYB(HS)とは3.5MHz〜50MHz6バンドでQSOできる。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 個人局 マルチバンド
261 Pts x ( 89 都府県支庁 + 5 大陸 ) = 24534
Clamed Score: 24,534 Point

得 点:  国内局…バンドごとに異なる国内局との交信1点・国外局との交信5点
       国外局…バンドごとに異なるJA局との交信1点・それ以外は0点
マルチプライヤー: 国内局:バンドごとに異なる都府県振興局・大陸の数
              国外局:バンドごとに異なる都府県振興局の数
0

2017/8/22

Russian District Award Contest  CW DX
Russian District Award Contest
CONTEST PERIODS: 0800Z, Aug 19 to 0800Z, Aug 20 (Aug 19 17:00 〜 Aug 20 17:00 JST)
RULES: URL:http://rdaward.org/rdac1.htm

 19日夕方、0800 UTC から運用を開始する。各バンドをワッチするが、14MHzで2・3信号が聞こえるので14MHzに出る。
 QSOでききるのはUA9/0ばかりであるが、UA9/0得点は10点マルチにもなるので、兎に角、聞こえる局を呼んでゆく。
 1100 を回るとUA3あたりも聞こえ出す。時々7MHzや21MHzを覗きに行くが信号は聞こえてこない。
 1200 から「KCJコンテスト」が始まる。このコンテストに専念するので、今夜の運用を終わる合計28QSO全てがマルチにもなる

 その後は「KCJコンテスト」の合間DXバンドを覗きに行くが、殆ど信号は聞こえてこない。結局、その後は1局もQSOできず合計28QSOでコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: A-CW-World-LP
280 Pts x 28 RDA-district = 7840
Clamed Score: 7,840 Point

POINTS: RU: 1 point per QSO with same country
       RU: 2 points per QSO with same country, different continent
       RU: 3 points per QSO with different country, same continent
       RU: 5 points per QSO with different country, different continent
       RU: 10 points per QSO between Field entrants
       non-RU: 10 points per QSO with RU station
MULTIPLIERS: RU Stations: Each DXCC country and each RDA district
           non-RU Stations: Each RDA district
0

2017/8/22

SARTG WW RTTY Contest  RTTY
SARTG WW RTTY Contest
CONTEST PERIODS: 0000Z to 0800Z, Aug 19 (Aug 19 09:00 〜 Aug 19 17:00 JST)
              1600Z to 2400Z, Aug 19 (Aug 20 01:00 〜 Aug 20 09:00 JST)
              0800Z to 1600Z, Aug 20 (Aug 20 17:00 〜 Aug 21 01:00 JST)
RULES: URL:http://www.sartg.com/contest/wwrules.htm

 19日朝、0050 UTC から運用を開始する。14MHzで2・3信号が聞こえるので14MHzに出る。
 聞こえる局を順次呼んでゆくがQSOできるのは近場と国内局だけ。時々21MHzを覗くが何も聞こえない。
 正午合計12QSO。QSOできたマルチ14MHzJA(JA8)・HL・DU・UA9・JA7・JA3・JA6

 午後0400 少し前から運用を再開する。各バンドをワッチするが何も聞こえてこない。
 21MHzDU3LAとQSOできるが他には聞こえないのでしばらく休憩する
 0515 頃から運用を再開する。14MHzURあたりが時々浮き上がってくるが、QSOできたのはUR7GOだけ。
 その内に第1ピリオッド終了の 0800 となる。合計18QSO。その後QSOできたマルチ14MHzUR・YB21MHzDU、だけ。

 第2ピリオッド1600 〜 2400 である。「KCJコンテスト」のため20日朝、2100 から運用を開始する。時々7MHzや14MHzのRTTYバンドを覗くが殆ど信号は聞こえない。結局このピリオッドでは1局もQSOできず

 第3ピリオッド 0800 〜 1600 である。0800 ごろからしばらくは「KCJコンテスト」に専念し、このコンテストが終わる 1200 から運用を開始しようと思っていたが、草臥れたので運用せずその後は1局もQSOできず。結局、第1ピリオッドの合計18QSOでコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: E: Single Operator / Single TX / All Band / Low Power
155 Pts x ( 7 Cntry + 4 CallArea ) = 1705
Clamed Score: 1,705 Point

POINTS: QSO with own country, 5 points.
       QSO with other countries in own continent, 10 points.
       QSO with other continents, 15 points
MULTIPLIERS: Each DXCC country once per band
           Each VK, VE, JA, W call area once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ