2019/5/13

関西VHFコンテスト  CW 国内
関西VHFコンテスト
開催日時: 2019年5月11日(土)21:00 〜 12日(日)12:00
規約: URL:http://www.eonet.ne.jp/~ja3-test/kiyaku/ja3test_2019kiyaku.htm

 11日夜、同時に開催されている「オール山口コンテスト」を中断して、21:00から運用を開始する。
 28MHzから順次50・144・430MHzと変わってゆく。一通りQSOしてから今度は430MHzから順次144MHz・50MHzと下がってゆく。
 23:00少し過ぎで今夜の運用を終わる合計53QSO。QSOできたマルチ28MHz2207・2410・2706・252150MHz2715・2514・220103・2526・2529・37・2308・25007・2407・2706144MHz250118・2507・2406・2407・2514・2401・2534・270102・2308・2713・2509・270101・24007・270107・25007・2531・2521・25004・270109・2706・250102・270105・2727430MHz2401・220103・250119・2705・2720・250126・2713・2513・2531・2506・24007・2509・25004・220106・250126・2706

 12日朝06:30から運用を開始する。同時に開催されている「オール山口コンテスト」と掛け持ちをする。
 08:15で朝食のため一休みする合計73QSO。その後QSOできたマルチ28MHz2521・2514・250102・230850MHz2707・2527144MHz220111・2506・20・2707・2720430MHz2301・270101・2731・2514・2524・2308

 朝食後09:15から運用を再開する。引き続き「オール山口コンテスト」と掛け持ちをする。
 11:00頃からは管外局を期待して28MHzに出る。しかし、QSOできたのはJL7AIA(04)、だけ
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計98QSO目標とした100QSOには僅かに届かなかった
 その後QSOできたマルチ28MHz2531・2527・220104・2512・270101・2407・2513・2705・0450MHz25004・2518・250118・2408144MHz2527・2412・2513・2608430MHz25007・2521・2526・2527・2407

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:管内局 電信部門 マルチバンド (KCM)
98 Pts x 91 市郡区/都県・地域等 = 8918
Clamed Score: 8,918 Points

得 点: 1交信1点。
       ただし、同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
マルチプライヤー: 管内局:管内の異なる市郡区および管外の都県・地域等
             管外局:管内の異なる市郡区
0

2019/5/13

第18回オール山口コンテスト(HF部門)  CW 国内
第18回オール山口コンテスト(HF部門)
開催日時: 2019年5月11日(土)18:00 〜 24:00
              12日(日)06:00 〜 15:00 JST
規約: URL:https://jarl33yamaguchi.jimdo.com/お知らせのコーナー/平成31年度の行事/第18回オール山口コンテスト規約/

 11日夕方、18:40頃から運用を開始する。まず、3.5MHzに出る。山口県内局JA4が何局か聞こえる。順次呼んでゆくが、すぐにやりつくした感じになるので、その後は3.5MHzと7MHzを行き来する。
 21:00から「関西VHFコンテスト」が始まるので、このコンテストに専念するため今夜の運用を終わる
 合計16QSO。QSOできたマルチ3.5MHz3502・3303・3307・3509・3203・3310・3301・33137MHz3316・3514・3313・3203・3301・3303・3502

 12日朝06:30から運用を開始する。引き続き「関西VHFコンテスト」をメインにして時々HFバンドを覗きに来る。
 3・5MHzと7MHzを覗くが新しい局ほとんど聞こえてこない
 08:30で朝食のため一休みする合計17QSOJH4WXV/4(3307)とQSOできただけ。

 午前中「関西VHFコンテスト」をメインにして時々HFバンドを覗きに来る
 正午合計18QSO7MHzで1局とQSOできただけ

 午後13:00から運用を再開する。12:00で「関西VHFコンテスト」が終わったのでこのコンテストに専念する。
 まず、7MHzに出るが、新しい局はほとんど聞こえてこない14MHzに出ると2・3のJA4がかすかに聞こえるのでしばらくワッチしていると、13:20頃から信号が強力となる。
 聞こえる局を順次呼んでゆく。出ている局は多くないが、新しい局も順次出てくる
 この調子なら、と21MHzに出てみる。何とか5局とQSOできる。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計35QSO。その後QSOできたマルチ7Mhz330214MHz3302・3313・3301・3303・3316・3502・3509・330421MHz3502・3301・3307・3303・3316

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:エリア外局 電信 HF (GHC)
60 Pts x 30 市郡区・市町 = 1800
Clamed Score: 1,800 Points

得 点: 各バンドごとの完全な一交信につき1点。
        山口県内局との交信は一交信につき2点。
             同一種目、同一バンド内での重複交信は認めない
             OM局,社団局,SWL の場合は、電信と電話の重複交信を認める
マルチプライヤー: 各バンドで得た都府支庁県数
                     中国地方市郡区数
山口県内の市町数
0

2019/5/13

CQ-M International DX Contest 2018 の結果発表  CW DX
CQ-M International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 11 to 1159Z, May 12 (May 11 21:00 - May 12 20:59 JST)
RULES: URL:http://cqm.srr.ru/en-rules-2/

 12日午後、「オール山口コンテスト(HF部門)」が終わった 0600 UTC から14MHz運用を開始する。
 14MHz近場が2・3聞こえるだけ。ほかの事をしながら、時々DXバンドを覗く
 夕食時合計6QSO。QSOできたマルチ14MHzUA9・9M6・JA・9M2

 夕食後1020 頃から運用を再開する。引き続き14MHzに出るが、信号はほとんど聞こえてこない
 諦めて 1130コンテストを終わる合計8QSO。その後増えたマルチ14MHzUA、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:SOSB(20m) CW
16 Pts x 5 Cnty = 80
Clamed Score: 80 Points

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
        Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
        Same country - 1 point
        Different Country, Same Continent - 2 points
        Different Continent - 3 points
           /MM" station - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ