2015/8/3

第58回フィールドデーコンテスト  CW 国内
第58回フィールドデーコンテスト
開催日時: 2015年8月1日 18:00 〜 2日 12:00
規約: URL:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/fd/fd_rule.htm

 1日夕方、18:00から運用を開始する。まず、50MHzに出る。すぐに夕食となり運用を止めるが、JA4UYM/4(31)・JQ1AHT/9(29)・JG8NKJ(106)とQSOできる。

 夕食後18:55頃から運用を再開する。引き続き50MHzに出るが信号はあまり聞えてこない。その後は144・430・50・28・21MHzとバンドを変わる。
 28MHzは何も聞えない。21MHzではJN2FCL/8(101)とできただけ。すぐに14MHzに変わる。
 14MHzコンディションが非常に不安定であるが、ほぼ全国的に開けている。聞える局を順次呼んでゆく。瞬間的に浮き上がってくるのでうまくタイミングが合わないとQSOできないこともある。
 20:20頃から7MHzに変わる。こちらも全国的に開けている。聞える局を順次呼んでゆく。一段落したようでほとんどが呼び合いにならず、すぐに応答がある。
 20:40頃から3.5MHzに出る。こちらも全国的に開けている。ほとんどが呼べばすぐに応答がある。
 21:15頃からはハイバンドとV/UHFを行き来するがあまり信号は聞えてこない。
 22:00からは7MHzに出る。JA1・JA7あたりが好調となる。
 23:00少し過ぎで今夜の運用を終わる合計136QSO。QSOできたマルチ3.5MHz06・44・20・13・18・11・27・17・10・31・09・21・16・101・106・25・12・14
 7MHz12・18・13・36・38・35・05・22・14・20・09・15・10・30・16・42・33・07・25・06・27・04・11・112・17・26・109
 14MHz25・42・41・38・33・06・14・45・44・07・43・12・10・37・13・15・18・109・11・16・39・35
 21MHz101・43・4650MHz31・29・106・22・25・37・24・38144MHz31・39・27・24・25430MHz25・27・24・21

 2日朝は06:10頃から運用を開始する。まず、50MHzに出るが信号はあまり聞えてこない。すぐに7MHzに変わる。オールバンドモーニング部門参加する局を期待するが新しい局はあまり聞えてこない。
 07:00からしばらくCQを出す。固定局ともQSOできるようになったので、気兼ねなくCQが出せる
 07:40からはハイバンドを行き来する。Eスポが発生しているようでJA7/8が好調である。
 08:30で朝食のため一休みする合計202QSO。その後QSOできたマルチ7MHz37・44・08・46・4514MHz105・101・112・47・106・03・11421MHz105・25・109・106・2728MHz101・109・27・11250MHz27

 朝食後09:20から運用を再開する。引き続きハイバンドとV/UHFを行き来する。
 10:20頃からは14MHzが好調となりJA1/2あたりともQSOできる。
 コンテスト終了時刻が迫ってきたので11:50から7MHzにでる。しかし、新しい局はあまり聞えてこない。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計272QSOコンテストを終わる。その後増えたマルチ7MHz23・24・1914MHz08・20・09・19・27・17・0521MHz07・06・0328MHz05・25・34・09・46・42・41・40・105430MHz29・35

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信部門 シングルオペ オールバンド (CA)
272 Pts x 135 都府県・地域等 = 36720
Clamed Score: 36,720 Point

得 点: フィールドデーステーションとフィールドデーステーションの交信 :1点
        フィールドデーステーションとホームステーションの交信 :1点
        ホームステーションとホームステーションの交信 :1点
        同一バンドにおける重複交信(同一局との2回以上の交信):0点
マルチプライヤー: 3.5MHz帯〜1200MHz帯:異なる都府県・地域等
              2400MHz帯以上 : 異なる市、郡または区
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ