2016/2/23

ARRL Inter. DX Contest, CW  CW DX
ARRL Inter. DX Contest, CW
CONTEST PERIODS: 0000Z, Feb 20 to 2359Z, Feb 21 (20 Feb 09:00 - 22 Feb 08:59 JST)
RULES: URL:http://www.arrl.org/arrl-dx

 20日朝、0030 UTC から運用を開始する。まず、28MHzを覗くが何も聞えないのですぐに21MHzに変わる。
 21MHz北米中央部あたりまで開けているようである。聞える局を順次呼んでゆく。W5あたりまでは何とかQSOできる。
 0150 頃から14MHzに変わる。北米全土に開けているようであるが、弱小局には厳しいコンディションである。何とかK3LR・WE3C・W3LPL・N3RS等のビッグガンとはQSOできる。
 正午合計59QSO。QSOできたマルチ14MHzPA・MT・CO・TX・AZ・NM・WA・BC・OR・CA・MD21MHzBC・AZ・CA・WA・OR・CO・NV・NM・TX・ID・UT

 午後0400 頃から運用を再開するが、21MHzはほとんど聞えない。14MHz北米西海岸だけで、新しい局はほとんど聞えない。ということで、しばらくは他のことをする。

 0730 頃から7MHz運用を再開する。北米西海岸方面には開けているが、信号はあまり聞えてこない。
 夕食時合計70QSO。その後QSOできたマルチ7MHzCA・OR・AZ・NM・NV

 夕食後1030 頃から運用を再開する。引き続き7MHzに出るが新しい局はあまり聞えてこない。
 1200 から「Russian WW PSK Contest」が始まったので時々14MHzのPSKバンドを覗きに行く。
 1230 頃からK3LRが聞こえ出す。何回も呼んで何とかQSOできる。他にも2・3北米被害海岸方面が聞えていたがこちらの電波が届かない
 1300 で今夜の運用を終わる合計79QSO。その後QSOできたマルチ7MHzID・AR・WA・TX・CO・PA

 21日朝2210 頃から運用を開始する。一番賑やかな21MHzに出る。
 21MHz北米全土に開けているが、中央部までは何とかQSOできるようである。
 2320 で朝食のため一休みする合計105QSO。QSOできたマルチ21MHzMT・WI・LA・FL・IA・IN・NY・PA

 朝食後0040 から運用を再開する。14MHzと21MHzを行き来するが新しい局はほとんど聞えてこない。
 正午合計117QSO。その後QSOできたマルチ14MHzNV、だけ。

 午後全く信号が聞えてこないので、ほかの事をしたり、「Russian WW PSK Contest」に出たり、で全くQSOできなかった

 夕食後1030 頃から7MHzに出るが、新しい局はほとんど聞えてこない。
 諦めて 1200 で今夜の運用を終わる合計122QSOマルチは全く増えない

 22日朝2230 頃から運用を開始する。信号が聞えるのは21MHzだけW5あたりの新しい局と何局かQSOできる。
 2330 を過ぎると少しコンディションが良くなってW1あたりが聞こえだすが、すぐにコンテスト終了の 2400 となる。
 合計142QSOコンテストを終わる。その後QSOできたマルチ21MHzOH・CT・MA

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Operator Low Power
426 Pts x 45 State/Prov = 19170
Clamed Score: 19,170 Point

POINTS: 3 points per QSO
MULTIPLIERS: W/VE: Each DXCC country once per band
          Non-W/VE: Each state, District of Columbia, VE province/territory once per band
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ