2016/2/29

第24回 広島WASコンテスト  Digi/CW 国内
第24回 広島WASコンテスト
開催日時:2016年2月27日(土) 21:00 〜 2月28日(日) 17:00 JST
使用周波数帯: 周波数 月日 運用時間
        1.9MHz 2/27 21:00〜24:00(3H)
        3.5MHz 2/27 21:00〜24:00(3H)
         7MHz 2/28 13:00〜17:00(4H)
         14MHz 2/28 09:00〜12:00(3H)
         21MHz 2/28 09:00〜11:00(2H)
         28MHz 2/28 08:00〜10:00(2H)
         50MHz 2/28 09:00〜12:00(3H)
         144MHz 2/28 09:00〜12:00(3H)
         430MHz 2/28 10:00〜12:00(2H)
        1200MHz 2/28 10:00〜12:00(2H)
規約: URL:http://www.hs-contest.org/

 27日夜、21:00から運用を開始する。この時間帯で運用できるのは1.9MHzと3.5MHzなので3.5MHzに出る。
 聞える局を順次呼んでゆく。あまり混んでいないので、ほとんど呼び合いにならずすぐに応答がある。
 22:30頃になると聞えるのはQSOした局ばかり新しい局はほとんど聞えてこない。諦めて22:45で今夜の運用を終わる
 合計35QSO。QSOできたマルチ3.5MHzPM74・PM84・PM86・PM85・PM63・3513・PM95・PM65・PM96・PM53・3509・QM05・QM08・QN03・3502

 28日朝08:00から運用を開始する。この時間帯で運用できるのは28MHzだけなので28MHzに出る。
 他エリアの局も2・3聞えるようであるが、信号が弱くノイズも多いのでうまくコピーできない。それにコピーできてもこちらの電波が届かない
 09:00を過ぎると14MHz以上の各バンドで運用できるようになる。各バンドを行き来するが、全般的に信号が弱くノイズも多いのでなかなかQSOできない。
 時々V・UHF帯も覗きに行くが信号は全く聞えてこない
 正午合計57QSO。QSOできたマルチ14MHzQN03・QN02・3509・PM74・PL47・PM95、21MHz3508・PM74、28MHzPM74・PM73

 午後13:10頃から運用を再開する。この時間帯で運用できるのは7MHzだけとなる。やはり賑やかである。聞える局を順次呼んでゆくが、呼び合いになってなかなか応答が得られないことも多い。
 14:50頃からRTTYに出る。結構賑やかなので専らCQを出すこのコンテストはモードが変わっても再度得点となるので有難い。
 15:30を過ぎると21MHzヨーロッパ方面が聞こえ出したので、同時に開催されている「UBA DX Contest」に専念するためこのコンテストを終わる
 合計132QSO。その後QSOできたマルチ7MHzPM74・PM65・PM95・PM75・3513・3509・350103・PM84・PM63・PM96・3502・PM51・PM42・PM85・PM86・QM08・QM05・PM83・PM64・PM97・350101・PM94

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外 シングルオペ マルチバンド (G-M)
200 Pts x 47 市郡区・GL = 9400
Clamed Score: 9,400 Point

得 点: 県内局との交信: 5点
      県外局との交信: 1点
マルチプライヤー: 異なる広島県内の市郡区ナンバー及び、異なるGL数。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ