2017/4/17

第66回オ−ル東北コンテスト  CW 国内
第66回オ−ル東北コンテスト
開催日時: 2017年4月15日(土)21:00 〜 16日(日)15:00
規約: URL:http://ja7rl.sakura.ne.jp/JA7rule2017.html

 15日夜、21:00から運用を開始する。まず、7MHzをワッチするが何も聞こえないので3.5MHzに変わる。
 3.5MHzJA7も何局か聞こえるが、全国から呼ばれており、全く歯が立たない。それにこちらの電波が届いていないようである。
 何とかJH7VTE/7(0414)とQSOできるが、諦めてその後「YU DX Contest」に出る。

 16日朝「YU DX Contest」のために05:15頃から運用を開始する。
 07:00を過ぎるとDXにはこちらの電波が届かなくなったので、以後はこのコンテストに主力を置く。
 3.5MHzを覗くが何も聞こえてこないので7MHzに出る。はじめは何も聞こえなかったが、次第にJA7方面が聞こえ出す
 聞こえる局を順次呼んでゆく。まだ出ている局が少ないのか、呼び合いにならずすぐに応答がある。
 08:30で朝食のため一休みする合計9QSO。その後QSOできたマルチ7MHz0607・060103・060101・0401・0315・07013・0702・0506

 朝食後09:00から運用を再開する。「羽曳野コンテスト」が始まったので掛け持ちをする午前中50MHzと144MHzなので7MHz・50MHz・144MHzを行き来する。
 7MHzはコンディションが悪く、全般的に弱いし、信号もあまり聞こえて来ない。時々ハイバンドも覗きに行くが、14MHz2局とQSOできただけ。
 正午合計21QSO。その後QSOできたマルチ7MHz0602・0501・0510・05008・0304・030514MHz0301

 午後13:00から運用を再開する。「羽曳野コンテスト」7MHzとなったので「羽曳野コンテスト」に主力をおき、JA7の新しい局が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計23QSO。その後増えたマルチ7MHz06008・0412、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 管外局 シングルオペ オールバンド 電信 (CA)
21 Pts x 18 市区郡 = 378
Clamed Score: 378 Point

得 点: 各バンド毎に異なる局との交信1点
          同一バンドで電信、電話それぞれ得点できる。
マルチプライヤー: 東北管内局:東北の異なる市区郡、および異なる都府県支庁の数
             東北管外局:東北の異なる市区郡の数
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ