2017/11/6

第23回オール大阪コンテスト  Digi/CW 国内
第23回オール大阪コンテスト
開催日時:2017年11月5日(日) 06:00 〜 18:00
              06:00〜11:30 電信部門
              12:30〜18:00 電話部門
              06:00〜18:00 デジタル部門(RTTY/SSTV)
規約: URL:http://ja3ujr.sakura.ne.jp/jarlosaka/contest/kiyaku23.pdf

電信部門

 5日朝、06:00少し過ぎから運用を開始する。7MHzCWバンドの中ほどVK9MAを呼ぶJA局でごった返している国内コンテストバンドの上の方は空いているが、「CQ OSKO TEST」は聞えてこない。
 しばらくワッチして、何とか府内局1局とQSOできたが、諦めてVHFバンドへ変わる。
 50MHz144MHzを行き来するが、信号はあまり聞えてこない
 07:00を過ぎると7MHzJA1あたりが聞こえ出す。主催側なので専らCQを出す
 08:20で朝食のため一休みする合計62QSO。QSOできたマルチ7MHz2518・42・13・11・250202・10・110・2531・2529・41・12・14・15・02・27・18・09・03・108・20・46・19・05・36・40・06・35・250201・25004・34・21・33・253550MHz2526・37・2506・22・250125・2521144MHz22

 朝食後09:30少し前から運用を再開する。引き続き7MHz専らCQを出す
 あまり呼ばれなくなったので、10:00少し前からハイバンドV・UHFを行き来する。
 14MHzJA7/8が時々聞えるが、その他は府内局と近場だけ。
 CW部門終了時刻が迫ってきたので7MHzに出るが、コンディションが悪くなったようで、信号はあまり聞えてこない。
 その内にCW部門終了の11:30となる。合計113QSO。その後QSOできたマルチ7MHz2506・2513・106・24・2525・250205・4414MHz2513・110・250104・106・2531・04・25020521MHz2531・250205・2535・22・110・25010428MHz253150MHz2535・2509・2529・2518、144MHz2535・250124・24・250205・2506・27・2509・2526430MHz27・2535

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 府内局 電信部門 シングルオペ マルチバンド (CM-O)
117 Pts x 75 都府県支庁・市郡区 = 8775
Clamed Score: 8,775 Points


デジタル部門

 5日午前CW部門が終わった11:30から7MHz運用を開始する。こちらも専らCQを出す
 正午合計12QSO。QSOできたマルチ7MHz09・18・2513・2535・19・22・2521・38・13・20・11・250125

 午後12:00から「全日本CW王座決定戦」が始まったのでしばらくはこちらに専念する
 「全日本CW王座決定戦」一通りQSOすると新しい局はなかなか見つからないので、時々RTTYバンドを覗きに来る。
 16:00「全日本CW王座決定戦」終わったが、14MHzヨーロッパ方面が聞こえ出したので、同時に開催されている「Ukrainian DX Contest」掛け持ちをする。14MHz・CW7MHz・RTTYを行き来する。
 しかし、信号は殆ど聞えてこない。諦めて17:00コンテストを終わる合計18QSO。その後QSOできたマルチ7MHz16・14・106・25007

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 府内局 デジタル部門 RTTY マルチバンド (RTTY-O)
18 Pts x 16 都府県支庁・市郡区 = 288
Clamed Score: 288 Points

得点: 完全な交信を1点
       府内の「Y」付加局は2点
       JA3RL・JA3YRLは2点
        (府外局同士の交信は無効)(バンドが異なれば同一局も得点)
マルチプライヤー: 府内局:都府県支庁および大阪府内の市郡区数の和
              府外局:大阪府内の市郡区数の和
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ