2019/4/15

JIDX CW Contest  CW DX
JIDX CW Contest
CONTEST PERIODS: 0700Z, Apr 13 to 1300Z, Apr 14 (13 Apr 16:00 - 14 Apr 22:00 JST)
RULES: http://www.jidx.org/jidxrule-e.html
規約: http://www.jidx.org/jidxrule-j.html
 
 13日午後、0700 UTC から14MHz運用を開始する。近場のほかに時々ゾーン16あたりが浮き上がってくる。聞こえる局を順次呼んでゆく。
 時々21MHz28MHzを覗きに行くがあまり信号は聞こえてこない。
 0850 頃から7MHzに出る。近場のほかに北米西海岸方面も聞こえる。
 夕食時合計55QSO。QSOできたマルチ7MHzK(03)・BV(24)・KL(01)・ZL(01)ZL(32)・KH0(27)・UA9(19)・HL(25)14MHzZL(32)・BV(24)・UA9(18)DU(27)・9V(28)・UR(16)・UA・VK(30)・9M2・17・BY・19・OH(15)・KL(01)KH0・EU・YL・UN・DL(14)21MHzVK(30)・UN(17)・UA9(18)28MHzDU(27)

 夕食後 1015 から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来する。
 14MHzではヨーロッパ方面が好調となる。
 その後もヨーロッパが好調1400 頃まで聞こえている。
 1400今夜の運用を終わる合計118QSO。その後QSOできたマルチ7MHzDU・18・KH6(31)・HS(26)・BY・UA(16)14MHzOH0・F・HA・HS(26)・YO(20)・UA2・LY・LZ・OZ・SP・ON・OK

 14日朝 2200 から運用を開始する。少し遅いが、ヨーロッパ方面を期待して7MHzに出る。2・3ヨーロッパの局が聞こえるが、こちらの電波が届かない。何とかUW1MとQSOできる。
 その後は14MHzと21MHzを行き来する。14MHz北米方面に開けている様であるが、21MHzZLだけ。
 2320 で朝食のため一休みする合計135QSO。その後QSOできたマルチ7MHzUR14MHzK(03)・V7(31)・05・KH6・04・YB21MHzZL(32)

 朝食後0030 から運用を再開する。引き続き14MHzと21MHzを行き来する。時々28MHzを覗きに行く。
 2100 から「Yuri Gagarin International DX Contest」が始まったので掛け持ちをする。「CQ GC TEST」が聞こえたら .log ファイル切り替えて対応する。
 正午合計158QSO。その後QSOできたマルチ14MHz23・HL(25)・T821MHzBY(24)・T8(27)・19・YB(28)・BV

 午後0350 から運用を再開する。14MHz・21MHz・28MHzを行き来する。
 0700 を過ぎると21MHzが好調となり、ヨーロッパ方面ともQSOできる。
 夕食時合計190QSO。その後QSOできたマルチ14MHzS521MHzHS(26)・UA(16)・23・UR・JT・EX・OH(15)・OH028MHzT8・KH0

 夕食後1030 から運用を再開する。7MHzと14MHzを行き来する。
 「CQ GC TEST」が多くなってきたので、「Yuri Gagarin International DX Contest」メインにして、新しい局が聞こえたら .log ファイルを切り替えて対応する。
 その内にコンテスト終了の 1300 となる。合計203QSO。何とか目標とした200QSOを超える。
 その後増えたマルチ7MHzUN(17)・0414MHzSM

  結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:Single operator - Multi bands, Low power
210 Pts x ( 70 Cntry + 46 Zone ) = 24360
Clamed Score: 24,360 Points

POINTS: 4 points per JA-DX QSO on 1.8MHz
       2 points per JA-DX QSO on 3.5MHz
       1 points per JA-DX QSO on 7/14/21MHz
       2 points per JA-DX QSO on 28MHz
MULTIPLIERS: JA Stations: DXCC countries and CQ zones once per band
          non-JA Stations: JA prefectures plus JD1/O, JD1/MT, JD1/OT once per band
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ