2008/11/24

LZ DX Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 1200Z, Nov 22 to 1200Z, Nov 23 (22 Nov 2100 JST - 23 Nov 2100 JST)
RULES: URL:http://lzdx.bfra.org/index.php/rules

 22日21時( 1200 UTC )からは「オール九州コンテスト」「LZ DX Contest」が同時にスタートする。2台のPCに「RTCL」を設定して掛け持ちをする。
 14MHz7MHzをチェックするがいずれもDXの信号が聞こえてこないので、しばらくは「オール九州コンテスト」に専念する。

 1300 から7MHzで運用を開始する。まず、幸先よくLZ9W(PK)・LZ4RR(DO)とQSO出来たので期待するが、後が続かない。1430 頃まで運用してRT3T(29)・EW7LOだけ。合計4QSOで今夜の運用を終わる

 夜中1730 頃から起き出し1時間ほど7MHzで運用する。YO8DOH(28)・UA9APA(30)・UN9GD(31)・S53M等とQSOできる。合計11QSO

 23日6時( 2100 )過ぎに起き出す。7MHzがまだヨーロッパ方面に開けており、LY2OX・LY3BB・SN5G・EW8CY・RD3A・YO9HP・LZ2JR(GA)・SN5N・SP9JZT・UT3L・YU9DX・SP2LNW等とQSOできる。8時ごろに朝食をとり、1時間ほど休憩する。合計33QSO

 朝食後14MHzに出るがほとんど信号が聞こえて来ないので「オール九州コンテスト」に主力を置く。

 午後0440 頃からヨーロッパ方面が聞こえ出したので14MHzで運用を再開する。15時( 0600 UTC )「オール九州コンテスト」が終了。以後はこのコンテストに専念する。

 コンディションはまずまずで、RX0AW(32)・RT4D・RV9JE(20)・RW0UM(33)・LZ9W(PK)・LZ6W(VT)・LY6A・UA0FDX(34)・RX0QA(23)・HA8TP・F5VIH(27)・F5IN・LZ2JR(GA)・DL4CF・YT9A・YO8DOH等とQSOできる。夕食時合計70QSO

 夕食後14MHzではYB0ECT(54)が出来ただけで信号が聞こえなくなる。その後は7MHzに出るが「CQ LZ TEST」は聞こえてこない。

 7MHzでは 1100 を過ぎるとちらほらとヨーロッパ方面が聞こえ出すが、信号が弱く局数も少ない。何とかOH6M(18)・LY1C・E21EJC(49)等とQSO。程なくコンテスト終了1200 となる。合計76QSOでコンテストを終わる。

  結果は次のとおり;

Entry Class: B - Single Operator/Multi Bands/CW
クリックすると元のサイズで表示します
226 Pts x ( 20 Zone + 6 LZ-dist ) = 5876
Claimed Score: 5,876 Points

POINTS: 10 points per QSO with LZ station
3 points per QSO with different continent
1 point per QSO with same continent
MULTIPLIERS: Each ITU zone and each district once per band
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ