2007/4/18

JIDX CW Contest  CW DX
CONTEST PERIODS: 0700Z, Apr 14 to 1300Z, Apr 15 (14 Apr 1600 JST - 15 Apr 2200 JST)
RULES: URL:http://www.jidx.org/jidxrule-e.html
規約: URL:http://www.jidx.org/jidxrule-j.html

 14日16時、21MHzで運用を開始する。YE1ZAT・WH0S・KH2Fが強力に聞こえておりQSOするが、他の局が聞こえないので14MHzにバンドを変える。
 14MHzではRK3DZF・SM2M・SN2K等とQSOが出来、コンディションはまずまずである。17時を回ったので7MHzを聞いててみる。K7MIが強力に聞こえている。他はUA0が2・3聞こえるだけなので、再び14MHzに戻る。
 17時40分過ぎから、21MHzZC4LI・RA4UVK・9M2/JH3GCN・VK6DXI・JU1DX等とQSOが出来る。
 その後は21時30分ごろまで14MHzと7MHzを行ったり来りで合計80局ほどとQSO。7MHzではKT5E・K3ZO等のゾーン4とゾーン5ができ上出来である。

 15日6時30分ごろ起き出す。まず7MHzRD3A・UA3MIF・HA7RYとQSOが出来たが少し遅いようで、次第に信号が弱くなる。その後は9時前まで14MHzに出る。
コンディションは今一つであるが、K3ZOやWX3Bのゾーン5ともQSOが出来る。
 9時から12時までは主催者側なので「羽曳野コンテスト」に出る。
 午後からは14・21・28MHzを行ったり来りで16時ごろまでに合計120局となる。
 その後は7MHzに出るがコンディションはあまり良くない。諦めて14MHzに出る。こちらはヨーロッパが強力に聞こえ出し、順調に局数が伸びる。
 ところが、コンテストもあと30分、というときに突然コンピューターがおかしくなる。いろいろやってみるが回復しそうに無いのでコンテストの運用を終わる。

 翌日コンピューターのメーカーに電話して指導を受けるがWINDOWSの再インストールが必要ということでHDDのフォーマットからはじめる。しかしコンピューターは回復せず、メーカーのサービスを受けることになる。
 せっかくやったコンテストのQSOデータも消えてしまったが、途中バックアップを取っていた117局分のデータが残っていた。その分だけで一応レポートを提出する。

 結果は次のとおり;

Entry Class: Single-Op All-Band Low-Power

Band Mode Qsos Pts Cty Zone
160M CW 0 0 0 0
80M CW 0 0 0 0
40M CW 20 20 8 11
20M CW 71 71 27 20
15M CW 21 21 12 12
10M CW 5 10 4 3
-------- ------ ------ ------ -----
Total 117 122 51 46
---------------------------------------

122 Pts x ( 51 Cty + 46 Zone ) = 11834

Claimed Score: 11,834 Points

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ