2009/5/12

CQ-M International DX Contest  CW DX
CQ-M International DX Contest
CONTEST PERIODS: 1200Z, May 09 to 1159Z, May 10 (May 09 2100 JST - May 10 2059 JST)
RULES: URL:http://www.cq-m.andys.ru/rules_eng.html

 9日21時からはこの「CQ-M International DX Contest」の他に「VOLTA RTTY DX CONTEST」、「関西VHFコンテスト」、「オール山口コンテスト」等が同時にスタートする。いずれも参加したいので掛け持ちをする

 9日21時30分( 1230 UTC )頃から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けているがコンディションは今ひとつ。やはりUAが多い。
 UAのほかはS53EO・LY9Y・UP6Aのみ。
 1545 から7MHzに出る。QSOできたのはRP3D・RT4M・RP4Wのみ。1630 で今夜の運用を終わる。合計18QSO

 夜中1820 から30分ほど起き出す。7MHzUAのほか、LY9Y・UU0A・UZ2M・UT8EU等とQSOできる。合計27QSO

 10日朝2030 頃に起き出し、7MHzで運用を開始する。UR7QC・UN9L・RZ3TZL・RP6A等とQSOできるがすぐに信号が弱くなったので、その後は「関西VHFコンテスト」に主力を置く。

 0000 頃から14MHzで運用を再開する。コンディションが悪く、UA9/0しか聞こえてこない。正午合計39QSO

 午後0400 頃から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面に開けてはいるがコンディションは今ひとつ。夕食時までにUW1M・UY4WWA・F5IN・G3TXF・RW2F等とQSO。夕食時合計54QSO

 夕食後も引き続き14MHzに出る。LY5W・UN7TX・UR2P等とQSOできるがほとんど局数は伸びない。
 間もなくコンテスト終了1200 となる。合計63QSOでコンテストを終わる。

  結果は次のとおり;

Entry Class: B1 Single Operator - All bands CW Only
クリックすると元のサイズで表示します
160 Pts x 17 Cntry = 2720
Claimed Score: 2,720 Points

POINTS: Europe, Asia Stations: QSO with Russian Federation - 2 points
Australia, North or South America, Africa: QSO with Russian Federation - 3 points
Same country - 1 point
Different Country, Same Continent - 2 points
Different Continent - 3 points
MULTIPLIERS: Each RS-150-S country once per band

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ