2010/2/28

EPC WW DX Contest 2010  PSK
EPC WW DX Contest 2010
CONTEST PERIODS: 1200Z, Feb 27 to 1200Z, Feb 28 (27 Feb 2100 JST - 28 Feb 1200 JST)
RULES: URL:http://www.epcwwdx.srars.org/index.php?option=com_content&view=article&id=44&Itemid=59

 27日21時( 1200 UTC )から7MHzで運用を開始する。「ブンブン」・ブルブル」というノイズ(変な電波)が出ておりほとんど信号が聞こえない。何とか粘ってUA0ばかり3局QSOできる。その後は信号も聞こえてこないので30分ほどで今夜の運用を終わる

 このコンテストは数少ないBPSK125だけのコンテストである。BPSK125はチューニングしやすいし、一行毎に「パッ・パッ」と画面に現れるので快適である。

 夜中1400 頃と 1530 頃にそれぞれ30分ほど起き出すがUA9/03局できただけ。

 28日朝2130 頃に起き出すが7MHzUR4DXQSOできただけ。その後しばらくは同時に開催されている「UBA DX Contest, CW」に主力を置く。
 2240 頃から14MHzで運用を再開する。UA9/0の他、BA2IA・E21YDP等とQSOできるがほとんど局数は伸びない。正午合計22QSO

 午後0430 頃から運用を開始する。14MHzヨーロッパ方面も時々浮き上がってくるが局数は延びない。夕食時合計28QSO
 その後増えたマルチ14MHzUA・SP3SLO・S53EO21MHzSP3SLO

 夕食後7MHzに出るがJAが数局できただけ。そのうちにコンテスト終了1200 となる。合計32QSOコンテストを終わる
 やはり参加局が少ないようである。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

   Entry Class: SOAB-HP-12
    69 Pts x 11 Cntry = 759
   Claimed Score: 759 Points

POINTS: 1 point per QSO with own country
       2 points per QSO with other countries on same continent on 80/40/20m
       3 points per QSO with other countries on same continent on 15/10m
       4 points per QSO with other continents on 40/20/15m
       5 points per QSO with other continents on 10m
       6 points per QSO with other continents on 80m
       3 points per QSO with maritime mobile
MULTIPLIERS: DXCC countries once per band
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ