2011/1/25

BARTG RTTY Sprint  RTTY
BARTG RTTY Sprint
CONTEST PERIODS: 1200Z, Jan 22 to 1200Z, Jan 23 (22 Jan 21:00 - 23 Jan 21:00 JST)
RULES: URL:http://www.bartg.org.uk/documents/Contests/Sprint/BARTG%20Sprint%20Contest%20rules%202011.pdf

 22日21時( 1200 UTC )から運用を開始する。まず、7MHzVE7CC(VE・VE7・NA)W7WW(K・K7)QSOできるがコンディションは今ひとつ。14MHzも覗くがYB1AR(YB・OC)YB1ALLQSOできただけ。他には信号は聞こえてこない。
 その後は7MHzで運用を続けるが、JA7IC(JA・JA7)・JA6BZI(JA6)・UA0ZEO(UA9)・E21YDP(HS)・W0YK/6(K6)・UA3TCJ(UA・EU)・VK3TDX(VK・VK3)等とQSOできただけ。1300 で今夜の運用を終わる合計14QSO

 23日朝2210 頃から運用を開始する。7MHzでは何も聞こえてこない。14MHzは何とか米国西海岸方面が聞こえる。
 2300 で朝食のため一休み合計26QSOW9NGA(K9)・VE6AO(VE6)・W5AP(K5)・KL2R(KL)・DV1JM(DU)等とQSOできる。
 朝食後0010 頃から運用を再開する。相変わらずのコンディションで近場ばかり。正午合計43QSO14MHzVR2XMT(VR)・BD1BYV(BY)・DS5QLJ(HL)21MHzJT1DA(JT)マルチが増える。

 午後0400 から14MHzで運用を開始する。ヨーロッパ方面も時々浮き上がってくるが、局数マルチも殆ど伸びない。夕食時合計56QSOUZ0U(UR)・ZL3TE(ZL)・SM6BGG(SM)・9M6XRO(9M6)マルチが増えただけ。
 夕食後1100 から7MHzで運用を再開する。JA8MXC(JA8)・LU5VV(LU・SA)・JF1PJK(JA1)マルチが増えただけで諦めて 1120コンテストを終わる合計61QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single Operator All Band Low Power
61 Pts x ( 19 Cntry + 11 CallArea ) x 5 Cont = 9150
Claimed Score: 9,150 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once regardless of band
          JA, W, VE and VK areas once regardless of band

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ