2011/3/22

BARTG RTTY HF Contest 2011  RTTY
BARTG RTTY HF Contest 2011
CONTEST PERIODS: 0200Z, Mar 19 to 0200Z, Mar 21 (19 Mar 11:00 - 21 Mar 11:00 JST)
RULES: URL:http://www.bartg.org.uk/documents/Contests/HF/BARTG%20HF%20RTTY%20Contest%20rules%202011.pdf

 19日11時( 0200 UTC )から運用を開始する。14MHz21MHz両方が開いているようなので両バンドを行き来する。コンディションは今ひとつ。それに参加局も少ないようで、あまり信号は聞こえてこない。
 正午合計15QSO。北米方面はW6/7のみ、他はUA0・KH2/WX8C・AL9A・YB1AR・VE6AO等近場ばかりである。
 午後0400 から運用を再開する。0500 を過ぎると14MHz・21MHzともにヨーロッパ方面が時々浮き上がってくる。0900 から7MHzに出るがあまり信号は聞こえない。夕食時合計40QSO。その後増えたマルチ7MHzJA4・JA6・BV1EK・6K2ABX・VK5NPR14MHzHL1LUA・UW8I・9M6XRO・ZL3TE・SM6BGG・3D2A・YL2CI・M2G・RT3P21MHz3D2A・UA0CNX・9M6XRO・P29CW・BV1EK・UR5UDX・YO9HP、といったところ。
 夕食後1220 頃から7MHzで運用を再開するが信号はあまり聞こえてこない。1200 から「Russian DX Contest」が始まっているのでCWバンドを聞いて見ると結構賑やかなのでこちらに主力を置いて時々RTTYバンドを覗きに来る。1430 で今夜の運用を終わる。合計44QSO。増えたマルチ7MHzW9NGA/7UW8Iだけ。

 20日朝2100 頃から運用を開始する。まず7MHzをワッチするCWバンドではヨーロッパ方面が結構聞こえるがRTTYではUR5UDXだけなので「Russian DX Contest」に主力を置く。2310 で朝食のため一休みする合計53QSO。その後増えたマルチ14MHzVA7GAM・K4GMH21MHzWV6E・W7OM・VE7AX・N1IW
 朝食後はあまり信号が聞こえてこないので「Russian DX Contest」に主力を置く。正午合計57QSO。その後増えたマルチ14MHzKF5HHDだけ。
 午後0415 頃から運用を再開する。その後も信号は殆ど聞こえてこない。「Russian DX Contest」に主力を置いて時々RTTYバンドを覗きに来る。夕食時合計60QSO。その後増えたマルチ21MHzVK3TDX・VR2XLNのみ。
 夕食後1110 頃から運用を再開する。1200 を過ぎるとコンディションが良くなりヨーロッパ方面が強力に聞こえ出す。M7T・G2F・M0RYB等とQSOできるが増えたマルチOH4KA・VK3TDX・SP4TXI・S53EO
 1300 を過ぎると雨が降り出したためかノイズが強烈となり殆ど信号が聞こえなくなる。7MHzに変わるがこちらもノイズが多くコピーが難しい。1450 で今夜の運用を終わる合計75QSO。増えたマルチ7MHzDV1JMだけ。

 21日朝0030 頃から運用を開始する。相変わらずノイズが多く信号も殆ど聞こえてこない。その内にコンテスト終了0200 となる。合計78QSOコンテストを終わる。コンディションが今ひとつでしかも参加局が少なかったようで最低目標の100QSOにも届かなかった

結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: Single operator all band
78 Pts x ( 45 Cntry + 20 CallArea ) x 4 Cont = 20280
Claimed Score: 20,280 Points

POINTS: 1 point per QSO
MULTIPLIERS: DXCC countries once per band (including JA, W, VE and VK)
          JA, W, VE and VK areas once per band
          Continents once regardless of band

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ