2011/6/21

All Asian DX Contest, CW  CW DX
All Asian DX Contest, CW(第52回 ALL ASIAN DXコンテスト 電信部門)
CONTEST PERIODS: 0000Z, Jun 18 to 2400Z, Jun 19( 6月18日(土)09:00 〜 20日(月)09:00(JST))
RULES: URL:http://www.jarl.or.jp/English/4_Library/A-4-3_Contests/2011AA_Rule.htm
規約: URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_asian/allasian_rule.htm

 18日朝、0030 UTC から運用を開始する。時々ヨーロッパのビッグガンが浮き上がってくるが、コンディションが悪く他は近場ばかりである。正午合計12QSOQSOできたマルチ14MHzHL1VAU・UA0SIK/0・RT4RO・9M6XRO・BD4FM21MHzUA0CNX
 午後0400 から運用を再開する。依然近場ばかりである。0407 21MHzで正月に大阪で会ったVK4IMXCQが聞こえる。応答があったが、どうやら尻切れとなった模様。
 その後、14MHzヨーロッパ方面が時々浮き上がった来たり、米国西海岸方面が聞こえてきたり、と少しコンディションが良くなってきたようだ。
 0830 から7MHzに出る。米国西海岸の他LUも聞こえる。0900 で夕食のため一休み。夕食時で合計53QSO。その後増えたマルチ7MHzKH0N・W0UA・LW0F・HL5UOG14MHzKH6ND・NF6A・T88JX・YT1A・BV100・VK4CT・DL6FBL・OH2XX・SM3PHM・P29CW・OM2VL21MHzでT88JX・VK4IMX・KH0N・RT4RO28MHzDU1/JJ5GMJ・9M6XRO・KH6ND・NH2T・BU2AW
 夕食後は 1030 から運用を再開する。引き続き7MHzをメインに時々14MHzを覗きに行く。1230 で今夜の運用を終る合計80QSO。その後増えたマルチ7MHz9M6XRO・VA7ST・KH6ND・UA0IT・T88JX14MHzJT1DA・NH2T・HS0AC・LW0F・YB1ALL・UN9GD

 19日朝1950 頃に起き出す。7MHzフェードアウト寸前UU7JQSOできただけ。すぐに14MHzに変わる。こちらはヨーロッパ方面に開けているがこちらの電波が届かない。何とかLZ8E・S53M等とQSOできる。2030 で運用を終わり二度寝をする。合計86QSO
 0130 から運用を再開する。14・21・28MHzを行き来するが聞こえるのは近場ばかり。「KANHAM コンテスト」を覗きに行ったりで殆ど局数は伸びない正午合計92QSO。その後増えたマルチ21MHzP29CW・9M6XRO28MHzVR2UW・BD1BYV・UA0LSK
 午後0420 から運用を開始する。21MHzをメインに14・28MHzを時々覗きに行く。コンディションが少しよくなったようでヨーロッパ方面も時々浮き上がってくる。0432VK4IMXが聞こえてくるので再度呼んで見る。今回はコンプリートQSO夕食時合計110QSO。その後増えたマルチ21MHzKH7Y・YL2BJ・ZM1A・HL5UOG・BD2OB/7・HG7T・UW1M・NR1J/KH228MHzHL4CEL・VK6DXI
 夕食後21MHzをメインにして時々他のバンドを覗きに行く。ヨーロッパ方面が好調で局数が延びる1200 頃からは14MHzW4/5あたりが聞こえ出す。1400 で今夜の運用を終る合計155QSO。増えたマルチ7MHzBG2AUE・DU1/JJ5GMJ・BV7FC14MHzVR2KF・ZL3TE・UT7EZ・XE2S・VE6TL21MHzYR1C・LY5W・BV100・OH8X・DL6RAI・LZ1ND・4O3A・OM2VL・OK1FPS・UP4L・E21EIC
 
 20日朝2100 に起き出す。7MHzは何も聞こえない。14MHzヨーロッパ方面に開けており、LY5W・SO2O・HA8IB・I3VJW等とQSOできる。2200 を過ぎると信号が弱くなりQSOできなくなったのでコンテストを終る合計166QSO

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: Single Op Single Band Low Power
413 Pts x 82 Cntry = 33866
Claimed Score: 33,866 Points

POINTS: アジア州の局
         160mバンド・・・・・・・・・・・交信相手がアジア州の局では3点,アジア州以外の局で9点
         80mと10mバンド・・・・交信相手がアジア州の局では2点,アジア州以外の局では6点
         その他のバンド・・・・・・・・・交信相手がアジア州の局では1点,アジア州以外の局で3点
       アジア州以外の局
         160mバンド・・・・・・・・・・・・3点
         80mと10mバンド・・・・・2点
         その他のバンド・・・・・・・・・・1点
MULTIPLIERS:Asian Stations: DXCC entities once per band
         non-Asian Stations: Asian prefixes once per band
           アジア州の局: 各バンドで交信した局の「DXCCリスト」による異なるエンティティー
           アジア州以外の局: 各バンドで交信したアジア州の局の「WPXコンテストルール」による異なるプリフィックス

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ