2019/5/22

2019年長崎県コンテストの結果発表  CW 国内
2019年長崎県コンテストの結果発表
開催日時:2019年4月6日(土)20:00 〜 24:00
                 7日(日)06:00 〜 12:00
規約:http://www.jarl.com/nagasaki/2019ntst.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/3025.html

 「 2019年長崎県コンテスト 」結果 JARL長崎県支部 のサイトで発表されている。
 参加した「 県外局 個人局 HFマルチバンド 電信部門 (AKHFCW) 」 部門で 8/104 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら
http://www.jarl.com/nagasaki/contest.html )
で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 個人局 HFマルチバンド 電信部門 (AKHFCW)
27 Pts x 18 市郡 = 486
Clamed Score: 486 Points

得 点: 各バンドごとに異なる局との交信1点
マルチプライヤー: 県内局=各バンドごとの異なる都道府県(長崎県を除く)および県内の市郡の数
              県外局=各バンドごとの異なる長崎県内の市郡の数
0

2019/5/22

第19回新潟コンテスト  CW 国内
第19回新潟コンテスト
開催日時: 7MHz 2019年5月19日(日) 13:00 〜 16:00
        ハイバンド(14/21/28MHz) 2019年5月19日(日) 16:00 〜 19:00
規約: URL:http://www.jarl.com/08test/contest/2019/niigata/rule.html

7MHz

 19日午後、13:00から運用を開始する。早々にJH0EPI(0809)とQSOできるが、他には県内局はあまり聞こえてこない。聞こえても全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない何回も呼んで何とかQSOできる。
 それでも30分もすると聞こえるのはQSOした局県外局のCQばかり、となる。
 その後もワッチを続ける局数は伸びない
 その内にコンテスト終了の16:00となる。合計8QSO。QSOできたマルチ0809・080101・0825・0802・080103・0806・0823

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:7MHz部門 県外局 電信 (GC7)
8 Pts x 7 市郡区 = 56
Clamed Score: 56 Points


ハイバンド

 19日午後、16:00から14MHz運用を開始する。しかし、信号は何も聞こえてこない。時々21MHzを覗きに行くが、こちらも同様に何も聞こえない。
 16:40になって14MHzCQが聞こえ出す信号が弱くノイズも多いのでなかなかコピーできない。その内にJH0RNN(080101)とコピーできる。何回も呼んで何とかQSOできる。その後もJH0RNNは聞こえているが他には聞こえない
 16:30になって同様に14MHzCQが聞こえ出す。何とかJH0PPU(080102)とコピー。これも何回も呼んで何とかQSOできる。
 その後もワッチを続けるが他には信号は聞こえてこない
 諦めて18:00コンテストを終わる。結局、合計2局とQSOできただけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:ハイバンド部門 14MHz 県外局 電信 (GC14)
2 Pts x 2 市郡区 = 4
Clamed Score: 4 Points

得 点: 完全な1交信を1点
       同一局との交信は同一バンドにおいて電信・電話それぞれ1交信ずつ有効
        またバンドが異なれば有効
マルチプライヤー: 県内局…新潟県を除く都府県支庁及び新潟県内の市郡区の数
              県外局…新潟県内の市郡区の数
0

2019/5/22

2019年十勝クラブコンテスト  CW 国内
2019年十勝クラブコンテスト
開催日時: 2019年5月18日(土)21:00 〜 19日(日)21:00
規約: https://www.ja8yad.com/blank-wavxl

 19日朝10:00頃、「オール群馬コンテスト」のワッチをしているとJH1HXU(14GM)「CQ TC TEST」が聞こえ出す。.log ファイルを切り替えて呼ぶとすぐに応答がある。
 その後は「オール群馬コンテスト」掛け持ちをする。
 10:5121MHzJE8CXM(OBM)とQSOできる。

 午後「新潟コンテスト」と掛け持ちをする。7MHzで時々「CQ TC TEST」が聞こえる。3局とQSOできるが全てJA6
 結局、その後はコンテスト終了の21:00まで1局もQSOできず合計5QSOコンテストを終わる

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:エリア外局 電信 HF (GHC)
18 Pts x 2 市町村・都府県地域 = 36
Clamed Score: 36 Points

得 点: 完全な交信で M局との交信を5点、
       GM局との交信を10点、
       O局との交信を3点、
        管外局相互と記号無し局との交信を1点、
マルチプライヤー: 管内局:異なる都府県支庁及十勝管内19市町村
            管外局:異なる十勝支庁管19内市町村およびGM・M局と交信した都府県地域ナンバー
0

2019/5/22

第47回オール群馬コンテスト  CW 国内
第47回オール群馬コンテスト
開催日時: 2019年5月18日(土)20:00 〜 24:00 
              19日(日)06:00 〜 12:00
規約: URL:http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja1svp/agc/2019agcrule.pdf

 18日夜、20:00から同時に開催されている「UN DX CONTEST」を中断して運用を開始する。まず、7MHzに出る。群馬県内局も何局か聞こえるので順次呼んでゆく。
 全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られないこともあるが、群馬県方面とは伝播状況が良いのかほとんどの局はすぐに応答がある。
 20:25頃から3.5MHzに変わる。こちらも県内局が何局か聞こえる。しかし、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない
 21:30今夜の運用を終わる合計23QSO。QSOできたマルチ3.5MHz1604・1605・1608・1603・16001F・1601・16005E・16009F・16027MHz1612・1605・16009F・16007D・16001F・1602・1601
 
 19日朝06:00から運用を開始する。昨夜の設定のままなので3.5MHzに出る。新しい局も2・3聞こえるので順次呼んでゆく。
 07:00から7MHzに変わる。聞こえるのはQSOした県内局県外局のCQばかり。新しい局はほとんど聞こえてこない。
 時々ハイバンドを覗きに行くが、信号は全く聞こえない
 08:00で朝食のため一休みする合計32QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz16007D・16003B7MHz1608・1604

 朝食後09:40から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。新しい局はほとんど聞こえてこない。時々ハイバンドも覗きに行くが信号は聞こえない
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計37QSO。その後増えたマルチ7MHz16003B・16005E、だけ。

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:群馬県外局 電信 マルチバンドHF (2E)
74 Pts x 22 市町村 = 1628
Clamed Score: 1,628 Points

得 点: CWによる完全な交信は2点とし、CW以外のモードによる完全な交信は1点とする。
          なお、同一バンド内における重複交信は、電波型式が異なっても1交信のみ有効とする
マルチプライヤー: 群馬県内局は、都府県支庁および群馬県内の市町村の数
0

2019/5/13

関西VHFコンテスト  CW 国内
関西VHFコンテスト
開催日時: 2019年5月11日(土)21:00 〜 12日(日)12:00
規約: URL:http://www.eonet.ne.jp/~ja3-test/kiyaku/ja3test_2019kiyaku.htm

 11日夜、同時に開催されている「オール山口コンテスト」を中断して、21:00から運用を開始する。
 28MHzから順次50・144・430MHzと変わってゆく。一通りQSOしてから今度は430MHzから順次144MHz・50MHzと下がってゆく。
 23:00少し過ぎで今夜の運用を終わる合計53QSO。QSOできたマルチ28MHz2207・2410・2706・252150MHz2715・2514・220103・2526・2529・37・2308・25007・2407・2706144MHz250118・2507・2406・2407・2514・2401・2534・270102・2308・2713・2509・270101・24007・270107・25007・2531・2521・25004・270109・2706・250102・270105・2727430MHz2401・220103・250119・2705・2720・250126・2713・2513・2531・2506・24007・2509・25004・220106・250126・2706

 12日朝06:30から運用を開始する。同時に開催されている「オール山口コンテスト」と掛け持ちをする。
 08:15で朝食のため一休みする合計73QSO。その後QSOできたマルチ28MHz2521・2514・250102・230850MHz2707・2527144MHz220111・2506・20・2707・2720430MHz2301・270101・2731・2514・2524・2308

 朝食後09:15から運用を再開する。引き続き「オール山口コンテスト」と掛け持ちをする。
 11:00頃からは管外局を期待して28MHzに出る。しかし、QSOできたのはJL7AIA(04)、だけ
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計98QSO目標とした100QSOには僅かに届かなかった
 その後QSOできたマルチ28MHz2531・2527・220104・2512・270101・2407・2513・2705・0450MHz25004・2518・250118・2408144MHz2527・2412・2513・2608430MHz25007・2521・2526・2527・2407

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:管内局 電信部門 マルチバンド (KCM)
98 Pts x 91 市郡区/都県・地域等 = 8918
Clamed Score: 8,918 Points

得 点: 1交信1点。
       ただし、同一バンドでの重複交信は1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
マルチプライヤー: 管内局:管内の異なる市郡区および管外の都県・地域等
             管外局:管内の異なる市郡区
0

2019/5/13

第18回オール山口コンテスト(HF部門)  CW 国内
第18回オール山口コンテスト(HF部門)
開催日時: 2019年5月11日(土)18:00 〜 24:00
              12日(日)06:00 〜 15:00 JST
規約: URL:https://jarl33yamaguchi.jimdo.com/お知らせのコーナー/平成31年度の行事/第18回オール山口コンテスト規約/

 11日夕方、18:40頃から運用を開始する。まず、3.5MHzに出る。山口県内局JA4が何局か聞こえる。順次呼んでゆくが、すぐにやりつくした感じになるので、その後は3.5MHzと7MHzを行き来する。
 21:00から「関西VHFコンテスト」が始まるので、このコンテストに専念するため今夜の運用を終わる
 合計16QSO。QSOできたマルチ3.5MHz3502・3303・3307・3509・3203・3310・3301・33137MHz3316・3514・3313・3203・3301・3303・3502

 12日朝06:30から運用を開始する。引き続き「関西VHFコンテスト」をメインにして時々HFバンドを覗きに来る。
 3・5MHzと7MHzを覗くが新しい局ほとんど聞こえてこない
 08:30で朝食のため一休みする合計17QSOJH4WXV/4(3307)とQSOできただけ。

 午前中「関西VHFコンテスト」をメインにして時々HFバンドを覗きに来る
 正午合計18QSO7MHzで1局とQSOできただけ

 午後13:00から運用を再開する。12:00で「関西VHFコンテスト」が終わったのでこのコンテストに専念する。
 まず、7MHzに出るが、新しい局はほとんど聞こえてこない14MHzに出ると2・3のJA4がかすかに聞こえるのでしばらくワッチしていると、13:20頃から信号が強力となる。
 聞こえる局を順次呼んでゆく。出ている局は多くないが、新しい局も順次出てくる
 この調子なら、と21MHzに出てみる。何とか5局とQSOできる。
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計35QSO。その後QSOできたマルチ7Mhz330214MHz3302・3313・3301・3303・3316・3502・3509・330421MHz3502・3301・3307・3303・3316

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:エリア外局 電信 HF (GHC)
60 Pts x 30 市郡区・市町 = 1800
Clamed Score: 1,800 Points

得 点: 各バンドごとの完全な一交信につき1点。
        山口県内局との交信は一交信につき2点。
             同一種目、同一バンド内での重複交信は認めない
             OM局,社団局,SWL の場合は、電信と電話の重複交信を認める
マルチプライヤー: 各バンドで得た都府支庁県数
                     中国地方市郡区数
山口県内の市町数
0

2019/5/11

第63回京都コンテストの暫定結果発表  CW 国内
第63回京都コンテストの暫定結果発表
開催日時:2019年2月2日 20:00 〜 3日 16:00
使用周波数帯: 2月2日 20:00 〜 22:00 3.5MHz
             22:00 〜 24:00 1.9MHz
        2月3日 08:00 〜 09:00 14/144MHz
             09:00 〜 10:00 21/144MHz
             10:00 〜 11:00 28/50MHz
             11:00 〜 12:00 50/1200/2400/5600MHz
             13:00 〜 14:00 7/430MHz
             14:00 〜 16:00 7MHz
規約: URL:http://www.jarl.com/kyoto/contest/KT/kiyaku63.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2988.html

 「 第63回京都コンテスト 」暫定結果 JARL京都府支部 のサイトで発表されている。
 参加した「 府外局 シングルオペ マルチA (OA) 」 部門で 5/14 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.jarl.com/kyoto/contest/KT/kekka63.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:府外局 シングルオペ マルチA (OA)
42 Pts x ( 39 市区郡 + 14 ボランティア番号等 ) x 1 = 2226
Clamed Score: 2,226 Points

得点:     京都府内局:相手局が京都府内局の時は2点、府外局の場合1点
           京都府外局及びSWL:相手局が京都府内局の時は1点、府外局の場合0点
マルチプライヤー: 第1マルチ:各バンド毎に得た異なる京都府内の市区郡、都府県支庁(京都府内局のみ)
              第2マルチ:JARL京都非常通信協議会のボランティア番号,府内登録クラブの登録番号,本コンテスト委員会が指定する特定局の特別番号
              ニューカマーマルチプライヤー:係数(×2.5):2018年2月5日(第62回コンテスト開催日の翌日)以降に初めて局を開設したシングルオペ
                             係数(×1.5):2017年2月5日(第61回コンテスト開催日の翌日)以降に初めて局を開設したシングルオペ
                             係数(×1.2):2016年2月9日(第60回コンテスト開催日の翌日)以降に初めて局を開設したシングルオペ
                             係数(×1):上記以外
0

2019/5/8

第16 回JLRS3・3雛コンテストの結果発表  CW 国内
第16 回JLRS3・3雛コンテストの結果発表
開催日時:2019年3月3日(日)00:00〜24:00
規約: URL:http://www.jarl.com/jlrs/test/hina.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/3002.html

 「 第16 回JLRS3・3雛コンテスト 」結果 JLRS のサイトで発表されている。
 参加した「 B部門=OM個人マルチ 」 部門で 24/233 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.jarl.com/jlrs/test/2019hina-k.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: B部門=OM個人マルチ
260 Pts x 76 プリフィックス = 19760
Clamed Score: 19,760 Points

得 点: YL=10点 A、B部門ともYL1局以上含む事
       OM=1点 「OM局同士の交信可」
マルチプライヤー: 異なるプリフィックス
0

2019/5/7

第42回オール三重33コンテスト  CW 国内
第42回オール三重33コンテスト
開催日時:2019年5月5日(祝) 08:00 〜 12:00
規約: URL:http://www.ztv.ne.jp/isoda/33/annual/42/42rule.html

 5日朝、08:00から運用を開始する。まず、3.5MHzに出る。県内局も何局か聞こえるので順次呼んでゆく。
 一通りQSOしてから7MHzに変わる。こちらも県内局が何局か聞こえる。また、県人局が各地から出ているので有難い。
 時々ハイバンドVHFを覗きに行くが、ほとんど信号は聞こえてこない
 10:30を過ぎると14MHz県内局が聞こえだすが、こちらの電波が届かないJA6あたりの県人局とは楽にQSOできる。
 11:30を過ぎると県外局のCQが多くなり、新しい局はほとんど聞こえてこない
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計44QSO

 QSOできたマルチは;

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 18 ・
   20 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   ・ ・ 42 43 44 45 ・ 47 ・ ・
   ・ 51 52 53 54 555759
   60 61 62 63 64 ・ ・ ・ ・ ・
   70 ・ 72 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 79

  1バンドでQSO:黒  2バンドでQSO:青  3バンド以上でQSO:赤


 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:電信部門 県外局 シングルオペ マルチバンド (CD1)
92 Pts x 33 年齢 = 3036
Clamed Score: 3,036 Points

得点: 県内局またはJL局との交信:1交信3点
       その他の交信:1交信1点 (県外局同士は0点)
        ※同一バンドではモードが異なっても1回のみの交信が有効
マルチプライヤー: 異なる年齢の数 (バンドが異なれば同じ年齢も有効 00も有効)
0

2019/5/7

第29回静岡コンテスト  CW 国内
第29回静岡コンテスト
開催日時: 2019年5月4日(土/祝)12:00 〜 20:00
           運用時間はバンド毎に、HFハイバンド:12:00 〜 15:00
                      VHF/UHF/SHF:14:00 〜 17:00
                      HFローバンド:17:00 〜 20:00
                      (ただし7MHzは14:00 〜 20:00)
規約: URL:http://www.jarl.com/shizuoka/29kiyaku.pdf

 4日午後、13:00頃から運用を開始する。この時間帯で運用できるのはハイバンドだけなので14MHzに出る。
 14MHzJA6/8あたりは聞こえるが、静岡県方面は全く聞こえない
 14;00から7MHzで運用できるので、7MHzに変わる。静岡県内局も何局か聞こえるが、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない
 14:30過ぎに14MHzを覗いてみると県内局が何局か聞こえるではないか。聞こえる局を順次呼んでゆく。ほとんどがすぐに応答がある
 この調子であれば21MHzも、と21MHzに出る。何とか3局の県内局とQSOできる。
 その内にハイバンド終了の15:00となる。14;00過ぎからハイバンドのコンディションが良くなったのに、多くの県内局が7MHzに行ってしまい、折角コンディションが良かったのにあまりQSOできず残念。その後は7MHzに出る。
 17:00からローバンドが運用できるようになったので、3.5MHzに出る。県内局ともQSOできる。
 夕食時合計45QSO。QSOできたマルチ3.5MHzYZ・HG・KK・FJ・MM・TN・NU・MH・AO・KS・FE7MHzFE・HK・HG・NU・MI・FJ・GB・FM・TN・YZ・KS・AO・SM・MM14MHzAO・TN・HK・KS・FJ21MHzKK・IZ・AT

 夕食後19:00少し前から運用を再開する。引きつぢき3.5MHzに出るが、新しい局が聞こえてこないので、すぐに7MHzに変わる。
 7MHz新しい局はあまり聞こえてこないので、19:30コンテストを終わる合計48QSO。その後QSOできたマルチ7MHzKK・SG

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:電信の部 県外局 シングルオペ・オールバンド (CMX)
50 Pts x 36 市区町 = 18006
Clamed Score: 1,800 Points

得 点: 完全な1交信につき、1.9MHz〜430MHz:1点、1200Mz:3点、2400MHz:5点、
                  5600MHz:10点、10GHz以上:20点。
        430MHz以下のバンドでQRP局と交信した場合、その交信の得点を2倍(2点)にする。
        QRP局は430MHz以下のバンドでの交信の得点を2倍(2点、QRP局同士は4点)にする。
                  同一局と同一バンドでの交信は、電信と電話それぞれ1交信ずつ有効とする。
マルチプライヤー: 県内局:静岡県内の異なる市区町の数+都府県支庁の数
              県外局:静岡県内の異なる市区町の数
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ