2019/2/5

第48回XPO記念コンテストの結果発表  CW 国内
第48回XPO記念コンテストの結果発表
開催日時:2018年9月17日(祝) 06:00 〜 18:00
規約: URL:http://www.eonet.ne.jp/~ja3-test/kiyaku/xpokinen_2018kiyaku.htm
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2918.html

 「 第48回XPO記念コンテスト 」結果 JARL関西地方本部コンテスト委員会 のサイトで発表されている。
 参加した「 シングルオペ  430MHzバンド (C430) 」 部門で 5/7 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.eonet.ne.jp/~ja3-test/result/2018_XPO_kinen_kekka.htm )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: シングルオペ  430MHzバンド (C430)
10 Pts x 3 都府県・地域等 = 30
Clamed Score: 30 Points

得点: 完全な交信を1点とする。ただし、同一バンド内における重複交信は得点にならない
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都府県・地域等の数
0

2019/2/5

第63回京都コンテスト  CW 国内
第63回京都コンテスト
開催日時:2019年2月2日(土) 20:00 〜 3日(日) 16:00 JST
使用周波数帯: 2月2日 20:00 〜 22:00 3.5MHz
             22:00 〜 24:00 1.9MHz
        2月3日 08:00 〜 09:00 14/144MHz
             09:00 〜 10:00 21/144MHz
             10:00 〜 11:00 28/50MHz
             11:00 〜 12:00 50/1200/2400/5600MHz
             13:00 〜 14:00 7/430MHz
             14:00 〜 16:00 7MHz
規約: URL:http://www.jarl.com/kyoto/contest/KT/kiyaku63.pdf

 2日夜、20:30から運用を開始する。この時間帯で運用できるのは3.5MHzだけ。京都府内局も何局か聞こえるが、信号は弱いし、全国から呼ばれているので、なかなか応答が得られない。
 その内に3.5MHzの運用時間が終わる22:00となる。合計7QSO。QSOできたマルチG08(637)・C09・C04・C06・G10・W03(616)
 1,9MHzはアンテナが無いので出られない。22:00今夜の運用を終わる

 3日朝08:00から運用を開始する。この時間帯は14MHzと144MHzである。両バンドを行き来する。
 14MHzでQSOできたJL3JRY/3JA3QOS強力であったが、他の弱い局にはこちらの電波が届かない
 08:35から朝食のため一休みする合計11QSO。QSOできたマルチ14MHzG10・C07(614)144MHzW03・W11(302)

 朝食後09:20から運用を再開する。この時間帯は21MHzと144MHzである。同様に両バンドを行き来する。
 10:00からは28MHzと50MHzである。50MHzは台風でアンテナを下ろしたままなので、HFのヴァーチカルを使用する。20ワットほどしか出ないが、何とか京都まで届くようである。
 11:00からは50MHzと1200MHzである。久しぶりに1200MHzの機械を使ってみるアンテナは430MHzの八木をつないでみる。パワーは半分ほどしか出ないし、信号も聞こえてこないので、うまく動作しているか判らない
 その内に運用時間終了の12:00となる。合計30QSO。その後QSOできたマルチ21MHzW04・G10・C07(614)28MHzG10・C09・W03・C07(614)・W04・W11(302)・G08(637)50MHzW03・G10・W07・C07(614)・616・C09144MHzW06・G08(637)

 午後13:00から運用を再開する。この時間帯は7MHzと430MHzである。7MHzをメインにして時々430MHzを覗きに行く。
 7MHzスキップするようで、信号は弱い。それに全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない。
 14:00を過ぎると府内局はほとんど聞こえず聞こえるのは府外局のCQばかり。
 諦めて、その後は同時に開催されている「Mexico RTTY International Contest」メインにする。
 その内にコンテスト終了の16:00となる。合計42QSO。その後QSOできたマルチ7MHzG08(637)・W03(616)C04・W06・C15・C09・C07(614)・C08・G10430MHzW07・W03

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:府外局 シングルオペ マルチA (OA)
42 Pts x ( 39 市区郡 + 14 ボランティア番号等 ) x 1 = 2226
Clamed Score: 2,226 Points

得点:     京都府内局:相手局が京都府内局の時は2点、府外局の場合1点
           京都府外局及びSWL:相手局が京都府内局の時は1点、府外局の場合0点
マルチプライヤー: 第1マルチ:各バンド毎に得た異なる京都府内の市区郡、都府県支庁(京都府内局のみ)
              第2マルチ:JARL京都非常通信協議会のボランティア番号,府内登録クラブの登録番号,本コンテスト委員会が指定する特定局の特別番号
              ニューカマーマルチプライヤー:係数(×2.5):2018年2月5日(第62回コンテスト開催日の翌日)以降に初めて局を開設したシングルオペ
                             係数(×1.5):2017年2月5日(第61回コンテスト開催日の翌日)以降に初めて局を開設したシングルオペ
                             係数(×1.2):2016年2月9日(第60回コンテスト開催日の翌日)以降に初めて局を開設したシングルオペ
                             係数(×1):上記以外
0

2019/1/21

2019年 第40回オール宮城コンテスト  CW 国内
2019年 第40回オール宮城コンテスト
開催日時:2019年1月19日(土)21:00 〜 20日(日)12:00(JST)
規約: URL:http://ja7rl.sakura.ne.jp/mgtstrule2019.html

 19日夜、20:30頃、コンテストの準備をしようと3.5MHzをワッチすると、「CQ MG TEST」が聞こえるではないか。
 21:00開始と思い込んでいたので、急いでルールを見ると、18:00開始となっている。
 すぐに運用を開始する。3.5MHzでは宮城県内局も2・3聞こえるが、全般的に信号が弱く、しかも全国から呼ばれているので、なかなか応答が得られない
 何とか4局とQSOできるが、22:00で諦めて今夜の運用を終わる合計4QSO。QSOできたマルチ3.5MHz16GW・03W・01W・15C

 20日朝07:30から運用を開始する。まず、3.5MHzに出るが、信号が弱く、届きそうに無いので、すぐに7MHzに変わる。
 7MHz県内局も2・3聞こえるので順次呼んでゆく。ヨーロッパにも開けているようなので、同時に開催されている「Hungarian DX Contest」掛け持ちをする。
 08:30で朝食のため一休みする合計10QSO。その後QSOできたマルチ7MHz03W・15C・07C・02C・16C

 朝食後09:20頃から運用を再開する。引き続き7MHzに出る。信号は少し弱い県内局が何局か聞こえるので順次呼んでゆく。JA3あたりとの伝播状況が良いのか、呼び負けせずに応答がある。
 10:30を過ぎると聞こえるのはQSOした局ばかり、となる。時々14MHzを覗くに行くが信号は聞こえない。
 その内にコンテスト終了の12:00となる。合計18QSO。その後QSOできたマルチ7MHz08GS・01W・03GZ・05W・13GM

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:県外局部門 電信部門 シングルオペ オールバンドCW (CW)
28 Pts x 14 市区町村 = 252
Clamed Score: 252 Points

得点: 電信・電話:1点 ただし144,430MHz帯:2点 1200MHz帯以上:3点
                同一バンドで電信・電話それぞれで得点できる
マルチプライヤー: 県内局:宮城県内の異なる市区町村の数、および県外の異なる都府県支庁の数
              県外局:宮城県内の異なる市区町村の数
0

2019/1/16

第10回 FCWA CW QSOパーティーの結果発表  CW 国内
第10回 FCWA CW QSOパーティーの結果発表
開催日時:2018年12月1日(土)09:00 〜 21:00
規約: URL:http://fcwa.html.xdomain.jp/fcwa-kaisaiyouriyou.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2954.html

 「 第10回 FCWA CW QSOパーティー 」結果 FCWA のサイトで発表されている。
 参加した「 一般部門 」 部門で 33/103 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://fcwa.html.xdomain.jp/fcwa-qsoparty-log-juni.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: 一般部門
Clamed Score: 41 Points

得点: 完全な交信    1点
          バンドが異なれば同一局でも得点とする。
マルチプライヤー: None
0

2019/1/15

第13回愛・地球博記念コンテストの結果発表  CW 国内
第13回愛・地球博記念コンテストの結果発表
開催日時:平成30年9月22日(土)21:00 〜 24:00
                      23日(日)06:00 〜 12:00
規約: URL:http://isotope.iso.sist.chukyo-u.ac.jp/tkitest/regulation/13th-ai.html
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2921.html

 「 第13回愛・地球博記念コンテスト 」結果 JARL東海地方本部コンテスト のサイトで発表されている。
 参加した「 電信 シングルオペ 50MHzバンド以上 (CVU) 」 部門で 23/25 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://isotope.iso.sist.chukyo-u.ac.jp/tkitest/result/13th-ai.html )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 電信 シングルオペ 50MHzバンド以上 (CVU)
2 Pts x 2 都府県・地域等 = 4
Clamed Score: 4 Points

得点: コンテストナンバーの交換が完全に行なわれた交信について1点
         ※同一バンドで電信・電話モードが違えば、電信・電話各々得点計上可
         ※同一バンド・モードでの重複交信は不可。
マルチプライヤー: 各バンドで交信した異なる都府県支庁の数
0

2019/1/15

第37回オール埼玉コンテスト  CW 国内
第37回オール埼玉コンテスト
開催日時:2019年1月14日(祝) 09:00 〜 15:00 (JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/allst/rule/37st.html

 14日朝、09:40頃から運用を開始する。IC−706がダメになったので、IC−720Aを使用する。パワーは20ワットほどしか出ないが、CWフィルターが装備されていることがわかったので、受信は快適
 まず、3.5MHzに出る。2・3「CQ ST TEST」が聞こえるが、こちらの電波が届かない
 09:45から7MHzに出る。結構にぎやか埼玉県内局も何局か聞こえる。聞こえる局を順次呼んでゆく。やはり、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない
 11:00から14MHzに出る。何局か県内局が聞こえるので順次呼んでゆく。しかし、すぐに弱くなり、特定の局しか聞こえてこないので、11:30頃に7MHzに戻る。
 正午合計39QSO。QSOできたマルチ7MHz134403・1321・130062・1306・1311・1315・1325・1312・1334・1337・1322・1328・134404・1319・130043・130073・1309・130087・130089・1336・130082・1317・1332・1314・130074・1330・130314MHz1322・1311・130089・1330

 午後12:40頃から運用を再開する。7MHzに出るが。聞こえるのはQSOした局ばかり。新しい局はなかなか見つからない。新しい局が出てきてもパイルアップ状態と、なるのでなかなか応答が得られない
 14:00から3.5MHzに出る。2・3県内局が聞こえるが、こちらの電波が届かない
 14:30になると何とかQSOできるようになる。しかし、こちらの電波が届かないことも多い
 その内にコンテスト終了の15:00となる。合計51QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz1322・1315・1317・1330・1311・1300737MHz130081・1308・1339・130026

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:県外電信電話 HFバンド (X-SHF)
102 Pts x 41 市区町村 = 4182
Clamed Score: 4,182 Points

得点: 電信 ←→ 電信 ・・・・・・ 2点
        電話 ←→ 電話(電信) ・・ 1点
マルチプライヤー: 県内局・・ 完全な交信をおこなった異なる都府県支庁数,および埼玉県内の市区町村数
               県外局・・ 完全な交信をおこなった異なる埼玉県内の市区町村数
0

2019/1/13

JA9コンテストHF 2018 電信 の結果発表  CW 国内
JA9コンテストHF 2018 電信 の結果発表
開催日時:2018年11月17日 21:00 〜 18日 12:00
規約: URL:http://www.jarl.com/hokuriku/
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2938.html

 「 JA9コンテストHF 2018 」の結果が JARL北陸地方本部 のサイトで発表されている。
 参加した「 管外局 電信 シングルオペレーター シングルバンド 7MHz 」 部門、3エリア 1/4 、とのこと。 1位 に入賞している。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://www.jarl.com/hokuriku/ )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します


Entry Class: シングルオペレーター シングルバンド 7MHz
14 Pts x 13 市郡 = 182
Clamed Score: 182 Points

得点: 完全な交信で  1点
マルチプライヤー: 9エリアの局:9エリアの市郡,都府県,北海道振興局の和(バンドごと)
              その他の局:9エリアの市郡の和(バンドごと)
0

2019/1/7

2019年 オール熊本コンテスト  CW 国内
2019年 オール熊本コンテスト
開催日時:2019年1月6日(日) 09:00 〜 18:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/kmtest/

 6日朝、09:30から7MHz運用を開始する。熊本県内局も何局か聞こえる。順次呼んでゆくが、全国から呼ばれているのでなかなか応答が得られない
 それでも30分もすると聞こえるのはQSOした局ばかりとなり、新しい局は見つからない。その後は同時に開催されている「ARRL RTTY Roundup」掛け持ちをし、時々RTTYバンドを覗きに行く。
 11:00過ぎから14MHzに出る。県内局も何局か聞こえるので順次呼んでゆく。JA3とは伝播状況が良いのか、パイルアップになっていてもすぐに応答が得られる。
 21MHzJA6GCE(43010)JA6WFM(43012)とQSOできただけ。
 正午合計21QSO。QSOできたマルチ7MHz4304・43008・430102・43012・4315・4306・43010・4300214MHz43010・43012・4306・4308・430103・431521MHz43010・43012

 午後13:20頃から運用を再開する。7MHz14MHzを行き来するが新しい局はなかなか見つからない
 15:50頃から3.5MHzに出る。少し早いのか信号はあまり聞こえないこちらの電波が届かない場合も多い。
 16:10頃からしばらく「ARRL RTTY Roundup」に出る。
 その内にコンテスト終了18:00となる。合計26QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHzで43010・4314・43008・4315・4301037MHz430103

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 県外局 電信 個人局マルチバンド (GCM)
26 Pts x 22 市郡 = 572
Clamed Score: 572 Points

得点: 各バンドごとに異なる局との交信1点
           但し同一バンドで同一局でも電話と電信での交信はそれぞれ有効とする
マルチプライヤー: 県内局=熊本県以外の異なる都府県支庁及び熊本県内の市郡
             県外局=熊本県内の市郡
0

2019/1/7

平成31(2019)年オール兵庫コンテスト  CW 国内
平成31(2019)年オール兵庫コンテスト
開催日時:平成31年1月4日(金)09:00 〜 21:00(JST)
規約: URL:http://www.jarl.com/hyogo/contest/contest2019/2019-ALL-HG_rule.pdf

 4日朝、09:30頃から運用を開始する。7MHzで2・3兵庫県内局が聞こえるが、こちらの電波が届かない

 IC−706が動作すれば何とかなるかな、と思いながら、試しに故障しているIC−706電源を接続し、スイッチを入れると、何と動作するではないか。アンテナを接続するとチャント聞こえる。キーを繋ぎ、送信してみるパワーもチャントでる
 前面部と本体を離して使っていたが、どうやらコネクターの接触が悪かったようである。
 前面部を離して使ってみると、最初は動作しなかったが、コネクターを何度も抜き差ししていると、うまく動作するようになる。

 急いで配線や配置場所を変えて、10:30頃からIC−706での運用を開始する。
 やはり7MHzは厳しいのでVHFに出る。50MHzはアンテナを台風のときに下ろしたままなので、HFのアンテナでやってみる。パワーは10ワットほどしか出ないが、神戸あたりとはQSOできる
 その後は144MHzでしばらくCQを出す。
 10:50頃から7MHzに出るが、コンディションが悪く、やはり厳しい。何とか2局とQSOできる。
 正午合計8QSO。QSOできたマルチ7MHz2706・272750MHz270101・2708144MHz2707・2705・2718

 午後14;30頃から運用を再開する。相変わらずHF帯はコンディションが悪く県内局は聞こえてこないVHFもあまり信号は聞こえてこない
 15:00頃、3.5MHzを試してみると、これもチューナーがうまく動作して運用できる。
 まだ少し早いので信号はあまり聞こえてこない
 17:00を過ぎるとにぎやかになり、県内局も聞こえだす
 夕食時合計19QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz2706・270101・2727・2708・270101・2730・2709・2710144MHz270103・270107

 夕食後19:30から運用を再開する。3.5MHzV・UHFを行き来する。
 その内にコンテスト終了の21:00となる。HF帯で合計20QSOV・UHF帯で合計11QSO。その後QSOできたマルチ3.5MHz2718・27007・27001144MHz2703430MHz2703

 結果は次のとおり;

HF

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:県外局 HFマルチバンド (O-CS-HF)
20 Pts x 15 市郡区 = 300
Clamed Score: 300 Points


V・UHF

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class:県外局 VUHFマルチバンド (O-CS-VU)
11 Pts x 9 市郡区 = 99
Clamed Score: 99 Points

得点: 完全に行なわれた交信を1点
         同一バンドにおける重複交信は、1交信を除き、電波型式が異なっても得点としない
         県外局(海外局を含む)同士の交信は無効
マルチプライヤー: 県内局・・・・・各バンドで交信した異なる都府県支庁の数及び兵庫県内の異なる市郡区の数の和(海外局との交信はマルチとしない)
              県外局・・・・・各バンドで交信した異なる兵庫県内の市郡区の数の和
0

2019/1/3

第3回 A1CLUB STRAIGHT KEY コンテストの結果発表  CW 国内
第3回 A1CLUB STRAIGHT KEY コンテストの結果発表
開催日時: 2018年10月28日 15:00 〜 20:59
規約: URL:http://a1club.net/contest/2018/a1test-rule-2018.pdf
関連ページ: http://sun.ap.teacup.com/contest/2938.html

 「 第3回 A1CLUB STRAIGHT KEY コンテスト 」の結果が A1クラブ のサイトで発表されている。
 参加した「 一般局部門 」 部門で 45/117 、とのこと。

 結果の一部を紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

 全結果こちら( http://a1club.net/contest/2018/ranking.pdf )で。

 提出していたレポートは次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: 一般局部門
24 Pts x 24 使用電鍵 = 576
Clamed Score: 576 Points (得点は照合の結果で決まるので、とりあえず1点で計算している。)

得 点: ログ提出者同士でコンテストナンバーを照合し,一致したもの2 点
        ログ提出者受信データからログ未提出者のマルチ(使用電鍵の名称)を照合し,一致したもの 1 点
マルチプライヤー: 各バンドで得た、「使用電鍵の名称」
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ