2009/11/24

久慈良餅(永井久慈良餅店)「青森県」  グルメ 東北

先日、青森のお土産をいただきました。
久慈良餅(くじらもちと読みます。)というお菓子です。
えっ?「くじら?」
青森の海に「鯨」がいるというのは聞いたことがないし、このお菓子の形状も「鯨」という感じではなくむしろ「羊羹」とか「ういろう」の類に見える蒸し菓子でした。

食べるときには茹でたり焼いたりすると美味しいらしいというのでさっそく茹でてから食べてみました♪
お味のほうはハードな「ういろう」といった感じ・・・優しい甘さともちもち感が「ういろう」に似ているけれどうまく言えませんが、ハードな感覚なのです。
中にくるみが入っているところもグッドです

ちなみにあとで知りましたが「久慈良餅」のほんとうの意味は鯨とは全く関係なく「幾久しく慈しまれる良い餅」という意味なのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ