2007/11/24

CEL講習  勉強

やはりこここに書くのは、思う所もあって、せいぜい金曜CEL受講の時にするか、止めようと思う。独り言的な事はノートで十分。英語と映画・音楽関連で書きたい事があれば「KYOKOU」の方に。1月末試験には、黙々と積んで、という所。一昨日前回の復習。ラジオ講座は今月は休みに。昨日受付で前回の模試の結果が渡され、全体の順位や偏差値、設問ごとの正解率や偏差値等結構細かい。ここで何年か他流試合的にガイドの模試を1、2度受けて、その時もそうだったと思い出した。英作にはネイティブのチェックと寸評。

今回の模試は内容選択が1題のみ、前回より英作も時間に余裕があったけれどリスニングで集中力ダウン。長文はインターネットと図書館、米国のシークレットサービスの偽造摘発任務トピック。英作は「投票の重要性」。担当の女性講師が前者の解説の時、映画と原作本に触れて、今まで原作を読んだ後映画を見てまあ良かったのは「ダンス・ウィズ・ウルブズ」位、大抵がっかりする、とかで、好きな俳優の科白は特に興味あったりするし、教材として映画をお勧め、等と言っていて、そこそこ映画好きな方のようだと。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/16

受講スタート  勉強

ここでの記録は考慮中ではあるけれど、今日から金曜午前のCELの模試コースに行き始め、とりあえず書こうと。前半が本番の半分程の量の模試、後半が解説授業。受講者層は中〜高年の女性が多い。やはり解いている間雑念が浮かんだり、自己採点だろうと思った事もあり、余り仕上げる事を気にせずやっていたら、英作が半分程まで、リスニングも流しただけな所。自分の正味の姿が出る感じで、実戦力チェックには役立ちそう。答案は回収、採点され、来週返却、との事で、そこら辺はやはりシビア。

長文は一昨年見た「モーターサイクル・ダイアリーズ」のチェ・ゲバラ、並外れた視力を持つタイのモーケン族の子供、アメリカへの不法入国者のトピック。担当は滑らかな声の女性講師。帰りに受付の所で、以前ガイド対策の学校にいてここを開設した講師の方に会って、もう受講した頃から6年になるけれど覚えていて下さって、激励された。自分の真の適性というと微妙だけれど、この試験は乗りかけた舟、という所。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/14

一次結果  勉強

先日1次の結果が来て、今回80点が合格ラインで私は70点。リスニングは前回より7点アップ、他の筆記はほぼ同じでも英作が前回より10点下がって、丁度その分があれば、な所。総合的に、以前のレベルで、運が良ければ通りそうではあってももう一押し足らない現状。

1次は独学で、と思ってきたけれど、市販の問題集類も一応通って、このままだとレベルは保っても、実質ずっと何点か足らずが続きそうでもあるし、気分転換、生活のスパイス的にも、次回1月末試験用に、久方に自己投資で、専門学校利用も考えることに。行くなら以前ガイド対策の学校で馴染みだった講師の方がいる高田馬場の学校CELの模試コース。個人差はあると思うけれど、やはりずっとあと一歩が続いていた勉強仲間だった友人が、ここの受講で伸びて1次突破、という話を聞いたことがあって久方に連絡してみた。

ただ英語と映画・音楽は関連もあるし、ケジメ的に別にはしたけれど、特にアピール志向もない記録だし、何だか、自分にとって別世界のエンタメ欄で始めた趣旨からずれてはいるし、ノートにメモでもいい気も、で、学習記録を今までのようにここに書くのはよそうかとも思う。考慮中。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ