2008/5/31

CEL講習  勉強

やや多忙で迷ったけれど今日、来週の2回分模試コースに。久方の高田馬場。やはり読解スピードは落ちて、前の通り1番、英作、3番、と戻り2番は時間切れ。1番で判っていた熟語凡ミス。英作は「将来ロボットはどんな役割をするか」、読解は南アフリカで国立公園設置のため土地を追われた部族、地球外生命とのコンタクト、リスニングインタビューは舞台女優。

前と同じ映画好きの講師が、「未知との遭遇」以来UFOの目撃情報がかなり増えた、とか、リスニングのサメのトピック絡みで、犬に噛まれる、といえばキャメロン・ディアスの「メリーに首ったけ」が面白かった、等と話していた。読解の中のアフリカのクリューガー国立公園は四国と同じ広さで、そこで見られる「ビッグ5動物」と呼ばれるのは、ライオン、サイ、ヒョウ、象、バッファロー、だ等。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/21

受験申し込み  勉強

気付けば次回試験が6月15日、申し込みは明日までで、全くノータッチだったけれど申し込むことに。今リンクの英検HPからインターネットで。CELは2,3回模試を受けようかとは。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/29

1点  勉強

久方に英語仲間の友人と連絡、英検があと1点だった、と言ったら惜しがられ、いつものように今度は絶対大丈夫、と言われたけれど、次回6月に向けてはやや宙ぶらりんな気持。足らなかった1点は、もう近い、という事か、やはり目指すには違う、という事なんだろうか、と。

CELの事等話し、友人は相変わらずラジオ「徹底トレーニング英会話」は聞いて、ガイドはともかく英検は目指したいので、子育てもあるけれど早く始めたい、とは。私は年末から、ラジオもストップしたまま。今一つ効果不明で。そのうち、考えよう、と。今回生徒で英検受験はなかった。(バレンタインに中2の女の子からもらった手作りクッキー↓。クラスで義理チョコ、というのはせず、女の子同士で交換、とか)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/2/14

一次結果  勉強

今日一次結果が届き、今回合格点は78点、私は77点、で1点足らず・・今まで2点足らずは一度あったけれど。まあ、色々不備でかえって気楽に、というのとCELでの解く順番のハウツーで、リスニングは相変わらずではあったけれど、全体で前回よりは伸びていた、という所。あと1点、と思えば色々、悔いがなくはないけれど、結果は結果。この試験のことは、また考えよう、と。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/28

一次試験  勉強

昨日一次終了。一昨日CELの最後の模試には行ったけれど、色んな事が、不備のまま迎え、開き直りではないけれど、”英語的には休養十分”と思って臨んだ。筆記の時間的には、最近の模試の通りの、1、英作、3、2の順で、何とか丁度、という所。長文はカジノのギャンブル、英国の理解、イートン校(英国の有名校らしい)の進化、野外広告、チャーチルとアングロアメリカの関係。英作は「世界の未開地域はもっと保護されるべきか」。リスニングはいつも通り。先程解答速報で合わしたら、英作省いて7割弱、例のごとくやや微妙に足りなさげで英作と合格ライン次第。CELはハウツー的に、プラスにはなったけれど、当然ながら結局自分次第。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/19

CEL講習  勉強

昨日行けず今日の午前に振り替え、今回模試長文は、インドのコールセンター、動物と人間の笑い、赤色の効用、英作は「住む場所を決める際考慮する事」。3番内容選択が2題ある回で、やはり最後にした2番は時間切れ。リスニングはやや集中切れ。インドの文の解説で、最近台頭している国々として「BRICs」(ブリックス=ブラジル、ロシア、インド、中国)という総称、というのは初耳。国土の広さ、人工の多さが共通で勢いが、と。

ややなし崩し的にあと1週間、先日受験票が来て、今回受験場所は文化女子付属中・高。ここも初めてで、阿佐ヶ谷駅から徒歩7分位。出来るだけ模試の復習を、とは。今日はセンター試験でもあり、今回唯一の一般受験生、これも蕁麻疹の持病やら何やら問題あって、今までになくなし崩しに本番になり、まあ今回は、2月の試験ラッシュの模試、位に思って、と。今日はユーミン誕生日でもあった。昨夜少し関連の歌番組を見たけれど、一昨日阪神・淡路大震災の日だった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/12

CEL講習  勉強

昨日久方の講習、長文は、北京オリンピックでの選手村の宗教施設の問題、白トリュフ、のトピック。英作は「民主主義は輸出される(伝えられる)べきか」で、最初しばらく問題の意図が判らず書き出せなかったけれど、選択ポイントの言葉から、他の国がある国の形態に干渉するべきではない、という筋でとりあえず書き、まあ内容はそんな感じで良かったよう。リスニングは1,3番が全部合って、2,4番全滅。休み中余り復習は進まなかったけれど、試験は2週間後。ラジオ講座は戻り損ねているけれど、当面今までの模試の復習。

今日の朝日新聞の土曜に付いている別紙「be on Saturday」の中の、映画の中のフレーズ紹介欄「be english 映画で学ぼう」では、明日公開らしい「レンブラントの夜警」からwarm to〜(〜に興味をもつようになる)等。レンブラントの作品「夜警」をめぐるドラマのようで、絵画自体題材というのは近年見たのでは「真珠の耳飾り」が。「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」は折あらば、とは思っていたけど、先月半ばまでで行きそびれた。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/23

CEL講習  勉強

昨日の模試は、やはり1番の後、英作、3番、2番と戻ってやったけれど、6回目の偶数回で3番の内容把握が2題あり、2番の空所選択は時間切れ。リスニングの正解率は結果それなりだけど、手応え今一つ。今回は長文は、高等教育、旅行計画のコツ、肥満手術のトピック、英作は「国際人道支援の改善方法」。

旅行計画の文の解説の時に、映画好きの講師さんが、「大災難P.T.A」というスティーブ・マーティン、ジョン・キャンディが出ている、帰省中起こる出来事を描いた作品がある、と言っていた。未見だけれど、ちょっと面白そうかも。また、1番の語句の所でstand in for〜(〜の代役をする)というフレーズが「ラブ・アクチュアリー」に出てきて、クリスマスの時期の一番好きな作品で、19人のうち、11才の少年サムがお好き、とか。「ラブ・・」は見たけれど、私は余り好みじゃなかった。先週もbarren(不毛な)という語が「嵐が丘」にあった、とか映画のインプット語句が。講習は来月11日まで休み、この間に、忙しないけれど、今までの溜まった分の復習を。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/15

CEL講習  勉強

昨日の講習は先週のフルサイズ模試の解説のみ、環境問題トピックが長文でも英作でもあったし、担当講師が昨日までだったバリ環境会議の事を話していたけれど、今日の新聞に記事は見当たらず。進化論と神の長文の時、来年米大統領選に出馬の共和党のハッカビーが牧師でもあるので、宗教はホットなトピック、とも。「神」の表現は色々あるけれど最近「Intelligent Design」という呼び方も、とは初耳だった。インターネットで受験申し込み。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/12/9

CEL講習  勉強

一昨日は本番同様のフルサイズの模試。筆記は1番の語いの後、英作から3番、2番とさかのぼる順でやってみて、5分前に一通り終わり、たまたまかも知れないけれど、そういう余裕があったのは久方、当面このパターンがいいかも知れない。リスニングは、1番から長い問題が多く続いて流しただけ。3番は集中しようとはした。

今回長文は気候の変動、国家ファンド、言葉や画像への反応による性格テスト、アラスカの村の過疎、進化論と神の共存等のトピック。最後のは、科学はHow(どのように)には答えるけれど、Why(なぜ)に答えるのは宗教、の内容とかちょっと興味そそられじっくり読んでおきたい気も。英作は「私達は環境保護のため十分な事をしているか」。ラジオ講座復帰は今週に。教室に申し込み用紙もあったけれど、もう次回の受付が始まっているのだった。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ