2012/11/7

腰椎椎間板ヘルニアA  

腰椎椎間板ヘルニアの分類

椎間板ヘルニアとは椎間板(椎体と椎体の間の組織)の中の髄核が外へ突出あるいは脱出し神経を圧迫し腰・下肢痛を引き起こす疾患の事をいいます。

椎間板は線維輪と髄核で構成されといます。

この髄核の出かたによって病態は分類されます。

@髄核膨隆
A髄核突出
B髄核脱出
C髄核分離

さらにB髄核脱出は
T:Subligamentous extrution(後縦靭帯を穿破していない)
U:Transligamentous extrution(後縦靭帯を穿破している)

などに大きく分類されております。

クリックすると元のサイズで表示します

また若年期(発育期)と青壮年期、高齢期など年齢などにもよって分類されます。

正確な診断と症状にあった治療の選択が腰椎椎間板ヘルニアの治療において最も重要なポイントになります。
当院では医設連携のもと正しい正確な診断をし、患者さんに適した治療を提供しております。気楽にご相談、して下さい。

ひおき接骨院ホームページ
http://hioki-web.com


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ