2014/2/26

肩峰下滑液胞炎  

スポーツ:サーフィン

仕事:機械の搬入

肩関節の痛みを訴え来院されました。

Drop arm sign(-),painful arc sign130°,棘上筋部の圧痛(++)にて
さっそくエコーにて観察したところ棘上筋上縁部に沿って低エコーが描出されました。
健側と比較すると明らかですが肩峰下の水腫と思われます。

エコーによる棘上筋の描出は肢位や角度が大事である。また健側との比較、徒手検査が更なる確定診断へと導いてくれます。

健側

クリックすると元のサイズで表示します

患側

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ