2014/3/29

スミス骨折  

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

スミス若木骨折です。
コーレス骨折に比べて稀な骨折の一つで、コーレス骨折に慣れ過ぎていると診逃してしまう外傷のひとつといえます。

バスケットボールの試合中に相手選手ともつれ合い転倒した際に負傷。

橈骨遠位端部の限局性圧痛があり患者さんはどのようにして手を衝いたか分からないとの事でした。
やはりエコーにて描出する際には必ず長軸・短軸・背側・掌側・橈側とみのがしがないよう尺骨茎状突起・舟状骨・月状骨などまで細かく診なければいけません。

今回の症例も背側のみの描出なら若木骨折という事もありみのがしていた可能性もありましたが幸い全方向から確認していたことが良かったと思います。

院長 日沖貴宣
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ