2014/3/31

腓骨下端部骨折  

腓骨下端部骨折です。

患者は8歳、男、サッカーで負傷。

練習中に捻転し負傷しました。


この患者さんは過去にも同じ部位を捻挫しており子供の痛がり方が軽く
「念のために診てほしい」
と言って来院されました。
子供は歩けるから大丈夫と言いながらも跛歩を呈しており患者さん側の大丈夫の声に
騙されそうになりました・・・’(笑)

腓骨の下端部と言う事とATFLの腫脹著明であった為、骨折を診逃す可能性がある症例でした。
エコー&レントゲン共に骨折線を確認しギプス固定いたしました。

春になってきて本当に外傷が増えています。
準備運動などしっかり行って下さい。

院長 日沖貴宣

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ