2014/11/13

カスタムインソール  

年末に導入が決定しているカスタムバランスにつて紹介させていただきます。

このインソールは個人の足の状態を特殊な機械で測定し作成します。

院長を含め当院のすべての柔道整復師が作成いたしました。

実際にランニングをし普段履き用のシューズで生活をしてみました。


感想
足底に靴が吸着してくるような感じが得られます。また足底を地面についた時に靴と足がずれる感覚がありません。
動きに対してダイレクトに靴が答えてくれるような感覚が得られます。
また自分の左右差が整うと自然と姿勢も良くなりフワフワした感覚がなく気持ちよい感じがと靴と足が一体になった事を実感しました。

導入するにもコスト面で悩みましたが1人でも多くの患者さまが楽になるのであればと導入を決意いたしました。



クリックすると元のサイズで表示します
この写真はハイアーチといって土踏まずがしっかりキープされている人のものです。



クリックすると元のサイズで表示します
この写真は偏平足といって土踏まずが全然ないタイプの人です。



クリックすると元のサイズで表示します
この写真のように足部、下腿のアライメントを確認しその選手にとって最善なインソールを提案いたします。



クリックすると元のサイズで表示します



検査結果はデータとしてメールで送る事もできますしプリントアウトして渡す事もできます。
このように自分の足の状態を把握し身体の管理をする事で得られるものが沢山あります。
下記をクリックしてください。
frsanalysis.pdf


年末より導入いたします。

なぜすぐに導入しないの?
という質問をされましたのでお答えいたします。

こういう機械はどんどん開発され進化していきます。より最新のマシンを使用し関わる患者様に最先端のものを提供したいからです。

ps:
作成したがすぐに壊れた!作成したが気に入らない!このような場合は返品対応もいたします。作り直す事もできます。
自信をもってお勧めします。
予約も受け付けております。


お問い合わせは
ひおき接骨院
三重県四日市市芝田2−3−1
059-350-5000
メール info@hioki-web.com

あくら接骨院
三重県四日市市西伊倉町7-15
059-350-0007

までお問い合わせください!
0

2014/10/8

体幹トレーニング  

今日は先日の勉強会の様子を書きたいと思います。

最近では多くのスポーツ選手が体幹トレーニングにより肉体改造に成功したり重要性について本を書いたり多くの文献があり体幹が重要な事は理解している方も多いと思います。

今回、ひおき接骨院ではあくら接骨院と共同で体幹トレーニングの重要性について改めて勉強し独自の体幹トレーニング方法を考案いたしました。

↓の写真はその時の模様です。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

この写真は柔道整復師の先生達の専門スポーツ(選手としてプレーしていた)の基本動作から必要な筋肉を割出しているところです(^^)
すごい間抜けな感じで笑いが止まりませんでした!
遊びも入れながら和やかな勉強会から生まれるアイデアは最高ですね!

あれやこれやと面白い意見が沢山でて最高のメニューが完成いたしました。


基本から応用、ひおき接骨院・あくら接骨院の考案した方法など満載です!

内容は現在、高校サッカー部のトレーナーを3校みさせていただいておりますので選手たちに実際に行ってもらいより良い方法を煮詰めていきますのでご期待ください。

内容はトレーナー現場などでご指導させていただきます。


ひおき接骨院ではスポーツ外傷や交通事故(むち打ち)、寝違い、ぎっくり腰などの痛みに力を入れております。

また交通事故、無料相談も受け付けております。

ひおき接骨院ではトレーナー要請いただければ出来る限りのサポートをさせていただいております。
チーム関係者様、ご気楽にお問合せください。

ひおき接骨院のホームページ
http://hioki-web.com/ 検索:ひおき接骨院

ひおき接骨院のブログ
http://sun.ap.teacup.com/hioki0907/

ひおき接骨院のfacebook
https://www.facebook.com/pages/ひおき接骨院/
0

2014/10/8

募集  

当院では現在、診療補助と受付スタッフを募集いたしております。ご興味のある方はひおき接骨院までお問合せください。
また、新卒の柔道整復師も募集いたしております。柔道整復師の学生で見学と施設説明を希望される方もひおき接骨院までお問合せください。
当院は平成18年に開設し1日150人ほどの患者様が来院されます。医接連携により外傷患者様が多数来院され骨折・脱臼の整復からギプス固定、レントゲンやMRIの読影、トレーナー技術(テーピング・マッサージ・体幹トレーニング・ストレッチ)、エコーによる病巣の描出方法、研究発表、交通事故対応まですべて学べます。
医科信頼のもと施術させていただいておりますので医学的根拠に基づいた信憑性のある治療をモットーに運営いたしております。。
またドクターとの密接な関係から手術に立会い手術現場での臨床学習にも参加する事が出来ます。
複雑外傷から軽傷のすべてが学べる施設です。
デイサービスを隣接しておりますので介護の勉強もすることができます。
ひおき接骨院では施設環境を向上する為、1週間に1〜2回は柔道整復師が休み時間に集まり勉強会をいたしております。日々の向上を目指しておりますので非常に前向きな環境です。
是非、当院での臨床研修に挑戦してみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひおき接骨院ではスポーツ外傷や交通事故(むち打ち)、寝違い、ぎっくり腰などの痛みに力を入れております。
また交通事故、無料相談も受け付けております。
ひおき接骨院ではトレーナー要請いただければ出来る限りのサポートをさせていただいております。
チーム関係者様、ご気楽にお問合せください。
ひおき接骨院のホームページ
http://hioki-web.com/ 検索:ひおき接骨院
ひおき接骨院のブログ
http://sun.ap.teacup.com/hioki0907/
ひおき接骨院のfacebook
https://www.facebook.com/pages/ひおき接骨院/
0

2014/10/1

外傷  

こんにちは!四日市のひおき接骨院です。

当院では外傷をメインに診療いたしておりますが先月も骨折患者だけでも20名は来院されております。
今回は橈骨遠位端部の若木骨折について書きたいと思います。

橈骨とは↓この絵でいうと向かって左側の太い方の骨で遠位端部というのは手に近い方の所を指します。
転倒した際に地面に強く手をついた際に負傷する事がほとんどです。
その際の手の付き方で骨折の仕方が変わります。

クリックすると元のサイズで表示します


8月9月の2か月間でこの部位の骨折で当院を訪れた患者さんは6人です。

その6人の内、4人が若木骨折でした。
この4人は2種類のパターンに分かれています。

パターン1

この骨折は背側に折れ曲がっています。
コーレス骨折と言われている骨折の仕方です。
クリックすると元のサイズで表示します

エコー画像(左 健側、右 患側)
クリックすると元のサイズで表示します

パターン2

この骨折は掌側に折れ曲がっています。
スミス骨折といわれる骨折の仕方です。
@
クリックすると元のサイズで表示します

A
クリックすると元のサイズで表示します

いずれも当院にてギプス固定を行い3週間でギプス除去いたしました。

若木骨折は空き缶がつぶれるような感じで骨が曲がってしまう骨折の事をいいます。


比較的、腫脹なども軽度なことがあり見落としやすいので注意が必要です。

特にパターン2の@に関しては一度、レントゲンをとって異常なしといわれた症例です。
エコーにて仮骨出現を確認してから再度レントゲン検査を依頼し骨折を認めていただきました。このように軽度の変形の場合、非常に判断が難しい場合があります。
エコーでは容易に健側と患側を比較できるので安心です。

これが仮骨出現後のレントゲンです。この写真では分かりずらいですが・・・(−−;)

クリックすると元のサイズで表示します

手首の捻挫だろうと軽視せず医療機関へ行かれる事をお勧めいたします。
子供の場合、この骨折部の近くに成長線(骨端線)がありこの部位を損傷すると成長障害になる事もあります。
腫脹も軽度というだけで軽視し見落とさないようお気を付け下さいね!
0

2014/9/30

三角筋部痛  

三角筋部痛について書きたいと思います。

三角筋とはいわゆる肩の一番膨留した部位で鎖骨部、肩峰部、肩甲棘部の3つの部位に分けられる。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずここ6か月間でひおき接骨院に三角筋部の痛みで来院された数は15人です。

そして男女比は男性14人、女性1人です。

年齢は17歳が1人、30歳代が2人、40歳〜70歳が12人でした。

明らかな負傷原因のある方が3人で内17歳1人と女性1人が該当され、もう一人は50歳代1人でした。

残りの12人は40歳〜70歳の男性で明らかな外傷がなく三角筋部に痛みを訴えて来院されました。

この12人の内、9人が同時に頚部痛と僧帽筋部と肩甲骨内側部の筋の張りを訴えておりました。

当院ではこの12人に対して頚部から肩甲骨周囲の筋肉を徹底的に緩和させ経過をみましたが5人の患者は三角筋部の痛みは改善されませんでした。


改善されなかった患者に対し三角筋の筋緊張に対し当院独自のアプローチ方法で施術したところ5人中4人の症状が改善されました。

頚部から肩甲骨周囲の筋緊張を緩和し症状が改善された患者の治療期間は通院回数2回〜6回でした。
また三角筋部の筋緊張に対してアプローチした患者で症状が軽快した患者の通院回数は4回〜6回でした。
症状が残存してしまい治癒に導けなかった患者さんはMRI検査などの結果頸椎に骨棘が形成されその骨棘により神経を圧迫していた事が判明した。
しかし痺れと放散痛は残存するものの手術にまでは至らず継続施療にて経過観察する事になった。この方は施術後は症状が緩和するが数時間〜数日で症状が再発し試行錯誤中である。

この結果から三角筋部の痛みで明らかな外傷原因がない場合、頚部から肩甲骨周囲の筋緊張を緩和する事で何かしらの結果を生む事ができ、またその症状から原因を究明していく手がかりに成り得ると考える。

頸椎椎間板ヘルニアなど明らかな病変があったとしても手術以外の選択肢として上肢におこる放散痛などの緩和を行う事で症状は軽快できると考えます。
手術などの選択は症状にもよりますがそれからでも遅くないと思います。

※当院では医科連携の基、安易な診断はせずより確定診断に近づける努力をいたします。また、今回の結果はあくまでも15人と少人数での結果に過ぎません。人の数だけ症状はあると思っています。必ずしもこの中に当てはまるとは限りませんが診させていただければ何かしらの結果が得られると思います。
多くの患者さんから様々な質問を毎日うけますが痺れについてや放散痛・倦怠感などで悩まれる患者さんの説明にこの投稿が少しでも役立てば幸いです。

はじめて来院してくださる患者さんへ
当院では初診時に問診票を書いていただきます。その際には出来るだけ詳しく症状について書いていただきますようご協力をお願い致します。
患者さんの症状に対し1日でも早く治癒に導くためには痛くなった経緯をより詳しく知る事が重要です。
当院では確定診断に近ずくため当院の紹介によりレントゲンやMRI検査など受けていただく場合がございます。

三角筋部挫傷
胸郭出口症候群
頸椎椎間板ヘルニア
腋下神経損傷
腱板損傷
肩関節唇損傷
デッド・アーム症候群
肩関節周囲炎
その他

など局所の損傷から頸椎部から起こる神経損傷など疑って施療いたしました結果です。


現在は腱板損傷、野球肘、肉離れの損傷度位による治療方法の選択、膝関節障害の固定の必要性について、足関節捻挫後の痛みを残存させない為に必要な初期治療法などについて研究中です。
すべての症状に対して根拠ある治療を今後も継続していきたいと思います。


この写真は腕神経叢といって頸椎から出ている神経の枝です。この神経の束が前斜角筋と中斜角筋の間を通って鎖骨の下を通って上肢(上腕〜前腕)の方に走行し脳からの指令を各筋肉や組織に伝え感覚や運動に携わっています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓そしてこの絵はデルマトームといって神経の支配分布図です。
身体の痺れている部位から逆算して損傷部位を見極める為の図です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これは頚部の筋肉解剖図です。
首が痛いと言ってもこれだけの細かい筋肉が協力し合いながら色々な動きをしますのでどのような動きをすれば痛みがあるか、どのように痛めたか、普段の姿勢はどうかなど患者さんからの症状から逆算し診断に結びつく事がたくさんあります。
また、これら筋肉はレントゲンでは描出できません。損傷を見極める手がかりとして最も重要なのは痛みの種類など患者さんが訴える症状そのものです。
補助診断として当院ではエコーを用いて筋肉や靭帯の状態などを確認する事は出来ますが明らかな損傷がなく症状がある場合はエコーでも描出する事は難しいのです。

クリックすると元のサイズで表示します


長々と最後まで読んでいただき有難うございます。
このような内容では思う事が沢山ありまだまだ書き足らないですが今後も研究に研究を重ね、より良い医療を柔道整復師の一人として患者様に提供していければ幸いです。
少しづつではありますがご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに(^^)

参考書籍(写真引用)
プロメテウス解剖学アトラス

文章
ひおき接骨院 院長 日沖貴宣
0

2014/9/1

サッカー三重県代表  

サッカー三重県代表 (40歳以上)がいよいよ11月1、2,3日に向けて始動いたしております。ひおき接骨院も毎年、トレーナーとしてサポートさせていただいておりますが今年も全力で日本一に貢献できるように頑張りたいと思います。

大阪の堺市で大会予定ですので皆さん、応援宜しくお願い致します。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ひおき接骨院ではスポーツ外傷や交通事故(むち打ち)、寝違い、ぎっくり腰などの痛みに力を入れております。

また交通事故、無料相談も受け付けております。

ひおき接骨院ではトレーナー要請いただければ出来る限りのサポートをさせていただいております。
チーム関係者様、ご気楽にお問合せください。

ひおき接骨院のホームページ
http://hioki-web.com/ 検索:ひおき接骨院

ひおき接骨院のブログ
http://sun.ap.teacup.com/hioki0907/

ひおき接骨院のfacebook
https://www.facebook.com/pages/ひおき接骨院/
0

2014/8/13

お盆休み  

お盆休みのお知らせ

8月14日(木)15日(金)16日(土)17日(日)です。

本日8月13日は平常診療いたしております。

午前  9:00〜12:00

午後  16:00〜20:00
0

2014/8/9

野球肩、野球肘  

おはようございます。四日市のひおき接骨院です。

野球選手必見!
野球肘、野球肩に対する最新ストレッチング法、トレーニング法のプリントを無料配布しております。
野球以外にもバレーボールやテニス・バドミントン・ハンドボールなどによる肩痛・ひじ痛にも効果的です。
ひおき接骨院のスタッフもしくは院長までお声をかけていただければお渡ししますのでお尋ねください。

ひおき接骨院ではスポーツ外傷や交通事故(むち打ち)、寝違い、ぎっくり腰などの痛みに力を入れております。

また交通事故、無料相談も受け付けております。

ひおき接骨院ではトレーナー要請いただければ出来る限りのサポートをさせていただいております。
チーム関係者様、ご気楽にお問合せください。

ひおき接骨院のホームページ
http://hioki-web.com/ 検索:ひおき接骨院

ひおき接骨院のブログ
http://sun.ap.teacup.com/hioki0907/

ひおき接骨院のfacebook
https://www.facebook.com/pages/ひおき接骨院/
0

2014/8/4

お疲れ様  

クリックすると元のサイズで表示します

少し、時間が経ってしまいましたがご報告です。

6年間、ひおき接骨院に勤めてくれた旧;松永 現;屋良 美咲さんが退職いたしました。

彼女は沖縄で結婚生活を送るため止む無く退職にいたりました。
長らくひおき接骨院を支えていただき有難うございました。新天地でもその笑顔を武器に頑張って下さい!
ひおき接骨院一同、応援しています!
0

2014/7/11

KINESYS入荷  

新商品「KINESYS]の取り扱いを始めました。
7月14日に入荷いたします。

ひおき接骨院の窓口でご購入いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

〜スポーツシーンに合わせて粘着力強化
従来販売されていたTWキネシオロジーテープに比べ、粘着力をアップさせました。
動きの激しいスポーツやコンタクトプレーにも対応できます。
粘着剤はトワテック独自の配合で、はがす時は肌を傷めにくくなっています。
また、粘着剤ウェーブ加工により従来のTWキネシオロジーテープのスポーツタイプに比べ、通気性がアップしています。



光沢感のある化学繊維を採用
生地には光沢感に優れたレーヨン地を採用。シルクのような艶感は選手の注目を一挙に集めます。
また、レーヨン地は吸湿性、放湿性にも優れているので、選手のハードワークにも耐えうる剥がれにくく蒸れにくい仕様となっています。

全12色
0

2014/6/5

骨折整復術  

第1趾基節骨骨折です。

1枚目のエコー画像は健側と患側の画像です。
左が健側で右が患側です。明らかな背側に屈曲変形がみられる。

クリックすると元のサイズで表示します

2枚目のエコー画像です。
整復後のエコー画像です。ほぼ完璧に整復されております。

クリックすると元のサイズで表示します

整形外科にてレントゲンを撮り完璧な整復と絶賛していただきました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

整復し1日経過後、再転位がない事を確認し固定いたしました。整復が完璧にいくとホントに最高な気分です。
患者さんも痛いながら喜んで帰っていただきました!
再転位しないようにしっかり管理し治癒に導きたいと思います。
0

2014/5/26

第4回スポーツ外傷講習会  

5月25日は第4回スポーツ外傷講習会でした。

私は講師として参加させていただき約5時間、肩関節について話させていただきました!

今回は静岡から学生時代からの友人でもある藤島先生にも1時間ほどMRIの基本について講義していただきました。

いつもながら参加していただきました先生方、熱心に講義に参加していただき有難うございました(^^)お疲れ様でした。

少人数制でやっている勉強会でおおやけに参加者の募集はしておりませんが口コミで参加していただいた先生方の熱心さにいつも刺激をいただきます。
次回も日程は決まっていませんが興味のある先生おりましたら一度、FBメッセージからか直接にメールもしくは電話でも結構ですのでご連絡ください。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/5/19

シニア サッカー三重選抜  

クリックすると元のサイズで表示します

5/18、ひおき接骨院が毎年トレーナーとしてサポートさせていただくサッカー三重県代表(シニア)が決勝で静岡県代表に1-0で勝ち優勝いたしました。6月28日に東海地区代表として北海道の帯広で行われる全国大会へ出場を決めました。応援してくださった皆さん、スタッフのみなさん、選手のみなさんご苦労様でした。全国大会に向けてきっちり調整して行きましょう!

尚、ひおき接骨院ではトレーナー要請いただければ出来る限りのサポートをさせていただいております。
チーム関係者様、ご気楽にお問合せください。

ひおき接骨院
059-350-5000
ホームページ:http://hioki-web.com/
0

2014/5/19

サッカーO-35三重選抜  

クリックすると元のサイズで表示します

ひおき接骨院がトレーナーとしてサポートさせていただいているサッカー三重選抜(O-35)が4月26,27日に行われたO‐35マスターズ東海地域予選、去年は全国大会に出場し準優勝を果たしましたが今年は愛知県選抜と対戦し、0-2で敗戦。残念ながら全国大会へのキップを逃してしまいました。
来年に向けて切り替えて頑張っていきましょう!
応援してくださった皆様、関係者の皆様、選手の皆様、お疲れ様でした。

尚、ひおき接骨院ではトレーナー要請いただければ出来る限りのサポートをさせていただいております。
チーム関係者様、ご気楽にお問合せください。

ひおき接骨院
059-350-5000
ホームページ:http://hioki-web.com/
0

2014/4/1

上腕骨近位端部骨折  

上腕骨近位端部骨折です。

歩行中に足がもつれて転倒した際に右肩を地面に強打し負傷しました。

この骨折の固定法はすごいいい方法があるのですがこの場では非公開にいたします。

今度の5月25日の講習会は「肩関節の診断」と題して開催予定ですのでこの機会に参加の方にはしっかり教えさせていただきます。


クリックすると元のサイズで表示します

参加希望の方は下記までご連絡いただければ詳細送らさせていただきます。

info@hioki-web.com

FBメッセージでも可

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ