2005/8/26  12:37

変形ジャケット その1  プログレッシブ・ロック

所有しているレコードで変わったジャケットの物を紹介して行きたいと思います。あまりありませんが....

最初は日本のグループで後に映画「人間の証明」主題歌を歌ったジョー山中がボーカルでした。内田裕也もかかわってますが、このバンドには似つかわしくありません。(^.^; フラワー・トラベリン・バンド(以下FTB)の「Anywhere」「SATORI」に次ぐ3rd「Made in Japan」です。ダンボール・ボックスです。本当かどうかわかりませんが日本で海外進出した最初のロック・バンドと言われているみたいです?

1stのAnywhereは持ってませんが、海外のバンドのカバーしている様です。(ブラック・サバス、アニマルズ、K.クリムゾン等)2ndのSATORIは一度聞いたら頭から離れないギター・フレーズで悩殺されました。(^.^)これは十分にオリジナリティー感じさせる日本のプログレッシブ・ロックです。

新宿界隈の中古レコード店を徘徊していた時は一度も目にしたことがありませんでしたが、職場が池袋になり、池袋の店でFTBの中古LPと出会いました。1st以外割と短期間で揃いました。もう20数年前の出来事です。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ