2005/12/27  19:43

ベリ・カード その3  BCL

私がBCLを始めたきっかけ、1972年10月北京放送のベリ・カードです。当時11歳。家に(店に)修理に来たSONYの初めて見る短波ラジオ(たぶんTFM-2000F)で聞こえてきまして、その頃読んでいたラジオの製作のBCL特集を読んで受信報告書を送りました。

当時の北京放送もかなりサービスが良かったと思います。数年間大きな月めくり出来るカレンダーや番組表を送ってくれました。(^.^)

下の番組表、おもては?ベリ・カードのような墨絵が描かれております。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/12/26  19:36

ラジオ・カタログ  BCL

上は77年のSONY下は76年のNationalのラジオ・カタログです。BCLラジオとしてはICF-5800,5900,5950,CRF-330K,320,200,5090等が載ってます。右端にはCB機が。(^.^) ナショナルはクーガ2200,7,112,101,113,115,118そして高級ポータブルとしてRF-5000,8000が載っております。RF-8000にいたっては定価60万円もいたします。(^.^; 個人じゃとても買えないですよねぇ。

某国の将軍様でもお使いだったんでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/12/25  14:11

ベリ・カード その2  BCL

左がバチカン放送、右がRAIローマ放送?下がRAEアルゼンチン放送のいずれも1974年当時のベリカードです。

バチカン放送、RAIどちらもイタリアの放送局です。(バチカンは独立国ですが)まさか新婚旅行で訪れるとは夢にも思いませんでした。(^.^) RAIは夏休みのラジオ体操の始まる前、短波を聞いていて偶然聞いた英語放送でした。小学生の私には英語が解るはずも無く前に紹介しましたインターバルシグナルのレコードを聞いて覚えていて解った次第です。(^.^) RAIからはついこの間まで年に数回プログラムなどを20数年間送って来ていただきました。とてもサービスの良かった放送局です。英語も解らなかった少年のたった一度の受信報告書にそんなお金使わせて申し訳ない気分です。(^.^;

アルゼンチン放送は当時幻の日本語放送局と呼ばれておりました。ナショナルのワールドボーイGXOでほんと偶然が重なり聞こえた放送です。カセットテープにも録音していたのですが、どこにいったのやら。(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/12/21  15:19

ユニカの受信機  BCL

確かラジオのカタログがあったはずとゴソゴソ机の中をかき回したらステレオのカタログにまぎれて出てまいりました。その中に懐かしいものを発見!!

ユニカの受信機の物です。今から30数年前、お年玉を貯めて父に秋葉原に連れて行ってもらい買ったのが左上のUR-1A II型です。

右側の最高級機?UR-2A型を酷評しているサイトを良く拝見しますが、そのエコノミー型のUR-1Aもご多分に漏れずハイバンドは驚くほど静かでした。(^.^; それでもクリスタルで聞けるよう改造して(憧れの待ち受け受信出来るのです)(当時水晶製造会社も忙しかったのでは?)FEBCなんか聞いておりました。7MHzのハムSSBも聞いてましたね。でも一年も使わず友人に売り払ったと思います。

なかなか純粋な?青少年の夢を砕いてくれたメーカーでした。もっとお金を貯めてUR-2A型買ったらもっと感度良く沢山の局が聞こえるのかなぁ?と思ってましたが、買わずに正解でした。(^.^)ICF-5800の方がまだマシのようです。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
3

2005/12/19  20:32

ベリ・カード  BCL

今日、30年近く前に集めたベリカードのアルバムを見てみました。

結構、色々な資料もありました。暇を見て順次紹介していきたいと思います。

ピンボケ画像ですみません。左が日本短波放送の'73年のベリカード。右がBCLブームで始まった新番組「ハロー!ジーガム」のお知らせ兼年賀状。'74年1月1日、月から土18:15から18:30、パーソナリティ:肝付兼太、放送内容:海外放送の楽しい聞き方、BCL/SWL入門、美しいQSLカードのもらい方など非常に面白い番組です。とあります。下は番組「ハロー!ジーガム」のカード?


クリックすると元のサイズで表示します

そう言えばこの番組で葉書を読まれた事があります。記念に?各放送局のインターバル・シグナル入ったシングル・レコードもらいました。今でも持ってます。(^.^) これです!

クリックすると元のサイズで表示します
1

2005/12/18  9:04

ICF-5800 その2  BCL

前期、後期?の違いをまた発見!?

クリックすると元のサイズで表示します

上が前期下が後期です。基板左右の配線の色が違います。前期の方が良い?線使ってますね。後期は、かなり売れて生産間に合わず在り物で間に合わせた?そんな感じもあります。私は家電商品の製造ラインに居た事もあり流れ作業の現場も見て来ました。後期のは丁寧な部品挿入になってません。たまたま不器用な人が担当だったのか? (^.^;

クリックすると元のサイズで表示します

バンド切替えスイッチ(たぶんFM用?)も前期は表面にバネが見えます。後期はバネ内臓されております。で下のシールドされた部品、最初はコイルかと思いましたがTRでしょうか?これにアースされております。上面から見る限り前期のはアース無しです。
0

2005/12/17  19:07

ICF-5800 その1  BCL

ICF-5800の前期、後期型?なのか二台を見ているうちに違いが見えてきました。

最初に気が付いたのはタイマーのツマミでした。後期型?には丸い彫りがあります。


クリックすると元のサイズで表示します

左が前期、右が後期のタイマーのツマミです。

さて、次はラジケーターの違いです。前期は指針全て緑色を塗られておりますが、後期は真中が銀色です。それとも単なる塗装が剥がれたのか?同じ指針見かけた方はご一報ください。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します

分解した基板裏には製作ロッド?ナンバーがあります。前期には
1-591-014-11
[1-502-107-11]
CMK-11

後期には
1-591-014-12
[1-562-197-12]
CMK-11E

とありました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ