2007/3/30  18:55

真空管の箱  アマチュア無線

数少ない手持ちの真空管を保存すべく、真空管の箱を作ってみました。材料は缶ビールの箱です。これから二箱分切り出せます。ゴミも減らせるし一石二鳥です。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します

こーんな感じになります。(^.^) 蓋を開けば黒ラベル....

クリックすると元のサイズで表示します

作る時間の無い方や面倒な方はラジオ少年さんで白箱が購入出来ます。
0

2007/3/23  7:53


ラジオ少年のキット組み立てた真空管ラジオ0-V-2です。コイルを交換して短波放送を聞いております。真空管構成は6BA6,6AV6,6AK6の三本です。前二本は互換管が結構あり、手持ちの物も数本ありました。が、6AK6は互換管が調べても載っておらず予備としてラジオ少年より購入しました。

先日真空管試験器で手持ちの真空管選別したらボケた球が結構ありました。試しに6CB6を6AK6の代りに突っ込んでみました。音量も変らず使えております。ピン配列も用途も違うのに使えちゃうのは真空管の面白いところでしょうか。ボケた球もしばらく役に立ってもらいましょう。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/15  12:14

KTWRから  BCL

今日KTWRより二通郵便が届いておりました。22日カムカムココナッツ23日ちぬとまでメールが紹介されるようです。

ちぬとまのプレゼント、フィギュアが当たったそうです。ラッキー!V(^.^)V
3/26からはPBAのサイトでちぬとまが楽しめるそうです。リスナーとのつながりが保てるようで嬉しいです。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/15  8:32

デジタル容量計キット その2  アマチュア無線

タッパーに移植しました。(^.^) 近所のスーパーで100均より安い92円のものを購入してきました。

測定端子のケーブルを長くしてみました。ストレ(浮遊)容量は35pFくらいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/7  16:02

デジタル容量計キット  アマチュア無線

秋月電子通商で購入した「デジタル容量計キット」を組み立てました。

購入して五年間放置していて昨日、基板を見たら酸化して黒ずんで半田が全然乗りませんでした。(^.^; フラックスを塗り錆びを落としブレーキクリーナーで洗浄しました。なんとか完成させました。

ところが三端子レギュレータに電圧がかかりません???と思って導通を確認したらパターンが切れているようです。目視では全然解りません。別のパターンの穴を利用してやっと電圧がかかりました。(洗浄してパターンが薄くなったのかも?)テスターで一応電圧かかる個所を確認しいよいよICをソケットに挿入。電源ONしかしLEDが点灯しません。???基板を裏返して確認中LEDが点灯しました。再度基板を確認したらパターン切れ個所を発見。手直しして無事完成。

画像は校正用コンデンサで調整している状態です。CDケースをケースに利用しましたが、厚みが足りないようなのでまた別のケースを探します。

これでコンデンサの容量を読むことが出来ます。銀の仏壇ことNRD-1ELの修理も進むでしょうか。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/5  11:22

磁界ループアンテナ  BCL

昨日、ここのサイトを参考に長波用磁界ループアンテナを作ってみました。

材料は
1.同軸ケーブル5C2V 8m(二重にして使用)
2.F型接線が付いているシールドケース(壊れたTVから取りました)
3.コンデンサ9000PF

これで大体100KHz〜900KHzに共振しました。いつも使っていたバーチカルアンテナや逆Lアンテナで全く受信出来ない時間帯例えば日中でもこの磁界ループアンテナを室内で使うだけで189や279KHzのR.Rossiiが聞こえます。中波放送も900KHzまでの放送だと他のアンテナで聞こえない局が聞こえてます。これは感動しました。(^.^) 近々屋外に設置したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/2  11:22

銀の仏壇レストア その3  BCL

さて不具合の主ダイヤルの指針が零調整すると左側にずれておりましたが、VFOの周波数調整をマニュアル通りヘクスレンチでやったところほぼ真中で零調整がとれるようになりました。(^.^)V

クリックすると元のサイズで表示します

残るAGCが効かない状況は一向に改善しません。真空管でもありませんでした。(^.^; SSGで信号を入力させるとAGC スイッチを切ってもSメーターが振れます。試しに真空管を一本づつ抜いて状態を見てみたところV206,207,210の三本は抜いてもSが振れたままの状態でした。ここが怪しいのでその部分の拡大プリントしてみました。右下は全体図、視力も大分おちてきたのか(老眼?)これくらいに拡大されると楽です。(^.^;
回路図はここにあります。

部品はほぼ交換、確認済みなので、誤配線があるかもしれません。地道に不良個所を洗い出したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ